2008/12/12

金星と木星  夜景

2008年11月から12月にかけての夕方、西の空に一際輝くふたつの星が見えた。宵の明星こと金星と木星である。12月1日の夕方には、これに加えて三日月が寄り添うように見えたようだが、社会人の宿命故、撮り損ねてしまった…。
クリックすると元のサイズで表示します▲絶好のシャッターチャンスから遅れること一週間後の12月8日、西の空に瞬く金星と木星と団地を絡めてバルブ撮影。当然の事ながら、明るい(大きい)方が金星で有ります。ノイズでは有りませんぞ。 17〜35mm
クリックすると元のサイズで表示します▲そして、9年前の1999年2月25日に撮影した金星と木星のバルブ写真。この時は、2日前の2月23日に両星がほとんど重なるほど接近したのだが、この時も撮るタイミングを逸してしまった…。 24mm
0
タグ: 団地 高島平 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ