2009/8/29

自殺の名所  スナップ

高島平団地の入居が開始されたのは昭和47年(1972年)1月のことだ。今から37年前のことである。
竣工当時、高島平団地は日本一、東洋一とも言われる規模で、「高島平」という地名はマンモス団地効果で一躍有名になった。

しかし、もう一つ高島平と言う名を有名にしたのが「飛び降り自殺」である。入居開始の昭和47年を皮切りに毎年、飛び降り自殺が発生した。昭和52年から自殺者が急増し、昭和55年には27人もの人が自ら命を絶っている。昭和61年には、日本一路線価が高いことで知られる銀座・鳩居堂の社長が飛び降り自殺し、各メディアで大きく取り上げられた。私も当時、その事がワイドショーで大きく取り上げられていたことを記憶している。

そんな事が長い間続き、いつしか高島平団地は「自殺の名所」のレッテルを貼られることとなった。
いまだに旅先でどこから来たのか訪ねられた時に、「高島平」と告げると、「ああ、あの自殺の…」と言われてしまう。

今から28年前の昭和56年9月、一部の棟を除いて高島平団地に自殺防止用のフェンスが張り巡らされた。それまで自由に行くことが出来た屋上への階段は閉鎖され、エレベーターの屋上ボタンも押せなくなってしまった。
自殺防止のためにはやむを得ないことではあるが、美観を大きく損ねてしまう事となったのも事実であり、これではまるで住民はカゴの鳥である。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲ちなみに廊下のフェンスのデザインには2種類ある事にお気づきであろうか?チューリップとひまわりである。ヒマワリ型の中央部は幅が広くなっており、確か非常時のために取り外しが出来たと記憶している。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲非常階段部には六角形の格子が取り付けられた。正に監獄のようである。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲最近は老朽化が進み、補強工事や改修工事などが各所で行われている。共用廊下は、先の自殺防止フェンスに加え、手すりやパイプ類、水はけマットなどが増設され、昼間でも薄暗い雰囲気を漂わせる。目に見える部分でも、もう少しイメージアップを図れないものだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
6

2009/8/28

いたばし花火大会  夜景

第51回いたばし花火大会より。

毎年8月に開催される花火大会。同時期に行われる隅田川や江戸川の花火大会に比べると何故か影の薄い大会なのだが、どっこい開催日の会場周辺道路は見物客で大変混雑する。荒川河川敷に向かう道路の一部には交通規制が敷かれて歩行者用道路となり、原宿・竹下通りを彷彿とさせる賑わいを見せる。高島平団地から荒川河川敷までは徒歩でおよそ30分。自転車でササッと行きたいところだが、そんな道路事情を推察して徒歩で会場河川敷へ向かう。カメラ機材一式を肩にくい込ませて、打ち上げ開始前に余裕を持って現地到着。歩行者の通行の邪魔にならぬよう配慮して三脚を立て、レンズを上空に向ける。

そして19時過ぎ、轟音と共にまだ薄明かりの残る荒川の上空に、大輪の花が咲いた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

河川敷際で暫く撮影した後、場所を変えて戸田橋へ。この日は下流方向から風が吹いていたので戸田橋から見ると、煙は笹目橋方向へ流れていき、花火が見やすい。橋上には想像していたよりもギャラリーが少なく、直ぐに三脚を据えることが出来た。車道の方は、見物渋滞が起きていて、それを排除する警察車両がひっきりなしに往来していた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
途中で拾った団扇を扇ぎながら撮影に没頭する事90分。ラストのナイアガラと大スターマインを以て、恙無く終了した。終了と同時に、戸田橋の袂にあるパチンコ店のネオンが一気に点灯した。終わってから気付いたのだが、花火大会に配慮してネオン類を消灯していたようだ。
粋なことをしてくれるではないか。
3
タグ: 花火 高島平 板橋

2009/8/22

ツクツクボウシ  いきもの

お盆を過ぎると、高島平団地にも秋の気配が訪れる。
蝉時雨は夏のアブラゼミからミンミンゼミ、そしてツクツクボウシへと変わる。

先週まではアブラゼミやミンミンゼミの羽化がちらほら見られたが、今週末にいつもの場所に行ってみると、ツクツクボウシがちょうど羽化を終えて、枝先でジッとしているところであった。
クリックすると元のサイズで表示します
アシスタントに照明をあてさせ、バックを先週撮影した時よりも絞り込み、団地の雰囲気を出してみた。
光のあて方が悪く、何度もチャレンジして得た満足の1枚である。

他に良い羽化ポイントは無いかと団地内を歩いてみたが、この日はここでしか見つけられなかった。
歩いていて気付いたのは、高島平駅前の緑地帯には幾つかベンチが備えられていることはご存知であろうと思うが、夜になると、どこからともなくホームレス(らしき人)が現れて、それらのベンチに腰を掛けている。
蒸し暑い夜、蚊も多いことだろう。
一体、いつから高島平はこんなになってしまったのだろう。もちろん、この街だけの問題ではないことだろうが…。

今月末に控えている衆院選。選挙となると、大概、高島平の団地内やら駅前には候補者が演説に訪れる。
その演説を高島平のホームレス達は、どんな思いで聞いているのだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
6

2009/8/16

セミの羽化  いきもの

高島平駅前の緑地帯にて、昼間の内にセミの抜け殻を見つけておき、おおよその羽化ポイントを推測しておいた。
高島平の団地とセミの羽化がうまく絡められるアングルはないか?穴から出て来た幼虫は希望通りのポイントで羽化してくれるであろうか?こればかりは、その時になってみないとわからない。

取り敢えず、2-32-1号棟前に場所を絞る。その他、緑地帯以外の団地内の植え込みなどは、数年前に行われた駐車場増設工事時にほじくり返され、当時、埋まっていたであろう幼虫はほぼ全滅したと思われる。
実際、団地内を探してみたが、抜け殻すら見つけられなかった。よって、あと数年は駅前の緑地帯が高島平2丁目唯一の羽化観測ポイントとなろう。

午後8時過ぎ、目星を付けていた場所に行ってみると、ぶら下がっていました。しかもなかなかイイ場所にである。と言っても、かなり低い位置なので、カメラの固定に難儀する。
クリックすると元のサイズで表示します▲どうにか試行錯誤の末、固定して撮影。補助光として自転車用のライトをあてた。

歩いて他の場所を探すと、いたいた!さっきよりも高い位置で羽化中だ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲殻を突き破り、逆さに宙ぶらりんの状態。
クリックすると元のサイズで表示します
▲一旦、腹筋運動のように起きあがり…
クリックすると元のサイズで表示します
▲完全に殻から抜け出た。
クリックすると元のサイズで表示します
▲暫し、風に揺られながら羽根を伸ばす。美しい。
クリックすると元のサイズで表示します
▲上の写真を撮影後、アクシデントが…。ドコが違うかわかるかな?

…実は、風にあおられて殻ごと落下してしまった。幼虫はすかさず木によじ登ろうとしたが、羽化仕立てで力が入らないのか、なかなか登ることが出来ず、直ぐにコロンと裏返ってしまう。手を出してはいけないと思いつつも、近くの小枝を差し伸べて、元の枝に掴ませてやった。
その後も微風は吹き続けた。バルブ撮影泣かせの風である。僅かに凪いだ瞬間、とにかくシャッターを切りまくった。

2
タグ: 高島平 団地 セミ

2009/8/15

高島平団地とセミ  いきもの

高島平もこのところずっとすっきりしない天気が続いていたが、お盆の頃には久しぶりに夏らしい青空を見ることが出来た。
土曜日の朝、カメラを持って高島平駅前の緑道に足を運ぶと、幾つかのセミの抜け殻を見つけた。
しかし、昨年と比べると、些か少ないように感じるのは気のせいだろうか?
クリックすると元のサイズで表示します
▲緑道の杭に見つけた抜け殻。
クリックすると元のサイズで表示します
▲んで、こちらは柵のロープにぶら下がる抜け殻。
クリックすると元のサイズで表示します
▲これは折れた桜の小枝に付いた抜け殻。
クリックすると元のサイズで表示します
▲杭の高さはせいぜい50cmほどしかない。そこについた抜け殻を撮影するために、這いつくばってシャッターを切った。お盆休みなど関係ない通勤の方が何人か通りかかったが、朝から腹ばいで撮影する人間を見て、さぞ異様な光景と思われたことだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
▲こちらは2-32-1号棟前のツツジの葉っぱに下がる抜け殻。これを撮るためにクモの巣まみれ&ヒトスジシマカにあちこち喰われ…。
クリックすると元のサイズで表示します
▲近づいても全然逃げないミンミンゼミを発見。近くに抜け殻が有ったが、昨夜羽化したてか?
クリックすると元のサイズで表示します
▲壁に何度もぶつかったのだろうか?羽根がボロボロになったアブラゼミが幹にしがみつき、残り少ない命を振り絞って鳴き叫ぶ。
クリックすると元のサイズで表示します
▲(おまけ)松坂屋前の道路に舞っていたアオスジアゲハ。
1
タグ: 高島平 セミ 抜け殻

2009/8/5

虹〜2009.7.27〜  気象

2009年7月27日は日中から雨が降ったり止んだりのはっきりしない天候だった。しかし、夕方になり、西の空から太陽の光が射し込む。

高島平の町は相変わらず小雨が降ったり止んだり…
西の空は雲が晴れて明るい…

これは虹が出る条件が整っているではないか。すかさずカメラを準備する。
西の空、雲が切れた間から目映い夕陽が高島平の町を照らしつけ、幻想的な光景を作り上げた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
そして東の空を見てみると、案の定、大きな大きな虹が団地を包み込んでおりました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回の虹は10分ちょいで薄れてしまいました。これからの季節、ゲリラ豪雨の後など、また虹の出る機会があるだろう。
0
タグ: 高島平  団地



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ