2009/8/16

セミの羽化  いきもの

高島平駅前の緑地帯にて、昼間の内にセミの抜け殻を見つけておき、おおよその羽化ポイントを推測しておいた。
高島平の団地とセミの羽化がうまく絡められるアングルはないか?穴から出て来た幼虫は希望通りのポイントで羽化してくれるであろうか?こればかりは、その時になってみないとわからない。

取り敢えず、2-32-1号棟前に場所を絞る。その他、緑地帯以外の団地内の植え込みなどは、数年前に行われた駐車場増設工事時にほじくり返され、当時、埋まっていたであろう幼虫はほぼ全滅したと思われる。
実際、団地内を探してみたが、抜け殻すら見つけられなかった。よって、あと数年は駅前の緑地帯が高島平2丁目唯一の羽化観測ポイントとなろう。

午後8時過ぎ、目星を付けていた場所に行ってみると、ぶら下がっていました。しかもなかなかイイ場所にである。と言っても、かなり低い位置なので、カメラの固定に難儀する。
クリックすると元のサイズで表示します▲どうにか試行錯誤の末、固定して撮影。補助光として自転車用のライトをあてた。

歩いて他の場所を探すと、いたいた!さっきよりも高い位置で羽化中だ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲殻を突き破り、逆さに宙ぶらりんの状態。
クリックすると元のサイズで表示します
▲一旦、腹筋運動のように起きあがり…
クリックすると元のサイズで表示します
▲完全に殻から抜け出た。
クリックすると元のサイズで表示します
▲暫し、風に揺られながら羽根を伸ばす。美しい。
クリックすると元のサイズで表示します
▲上の写真を撮影後、アクシデントが…。ドコが違うかわかるかな?

…実は、風にあおられて殻ごと落下してしまった。幼虫はすかさず木によじ登ろうとしたが、羽化仕立てで力が入らないのか、なかなか登ることが出来ず、直ぐにコロンと裏返ってしまう。手を出してはいけないと思いつつも、近くの小枝を差し伸べて、元の枝に掴ませてやった。
その後も微風は吹き続けた。バルブ撮影泣かせの風である。僅かに凪いだ瞬間、とにかくシャッターを切りまくった。

2
タグ: 高島平 団地 セミ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ