2009/12/31

今年一年…  夕景

クリックすると元のサイズで表示します
冬至を過ぎ、再び太陽の沈む位置が北へ移動しつつ有ります。
今日は午後から北風が強くなり、気温がぐんぐんと低下。
団地の向こう側、北から押し寄せる雪雲の姿がはっきりわかるかと思います。
予報通り、今夜から明日にかけて荒れ模様の天気になりそうな気配ですね。。。
今宵の日本初!元旦の部分月食(食の最大AM4:22)は見られるのでしょうか?


今年一年「高島平日記」をご覧いただきましてありがとうございました。
新年もまたネタを探して日記を書き続けて行きたいと思います。

どうぞ、皆様よいお年をお迎えくださいませ。

                高島平日記 管理人
2009.12.31 Nikon D80
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
0
タグ: 高島平 団地 大晦日

2009/12/29

三田線の車両  交通

高島平住民の足となっている都営三田線の現在の主力は6300形電車である。
その第1編成が投入されたのは実に16年前の1993年5月の事で、試運転を経て翌6月22日から営業運転に就いた。
クリックすると元のサイズで表示します
▲兵庫県のメーカーで落成した試作編成がJR貨物によって、東海道本線を上って来た。
画像は1993年5月11日、静岡県の沼津駅に停車中の6300形。
クリックすると元のサイズで表示します
▲その後も増備が続けられ、6314編成増備の際は、武蔵野線の荒川橋梁を越えて越谷まで運ばれ、そこからトレーラー輸送された。(1999.4.25)
クリックすると元のサイズで表示します
▲新座貨物ターミナルから川越街道〜笹目通り〜高島通りと陸送されて来た6332編成。(1999.11.26)
クリックすると元のサイズで表示します
▲午前3時、高島平駅前の信号で停車中の6335編成。(2000.2.2)

この新型電車の投入により、三田線開業時から走っていた6000形が、車両の老朽化と、三田線の駅へホームドアを設置する関係で淘汰される事となった。6000形の最終営業運転日は1999年11月28日で、この日を以て本線上から姿を消した。今からちょうど10年前の事である。
クリックすると元のサイズで表示します
▲ホームドアが設置される前の高島平駅を発車する6141編成。最後まで冷房化されなかった車両だ。(1998.12.27)
クリックすると元のサイズで表示します
▲引退を一週間後に控えた6171編成がさようならマークを付けて高島平へ向かう。(1999.11.21)

その後、6000形の多くは解体される事無くインドネシアの鉄道会社へ譲渡された。また一部の車両は秩父や熊本の鉄道会社へ譲渡されて、2009年現在も活躍中である。
クリックすると元のサイズで表示します
▲インドネシア国鉄へ譲渡すべく、高島通り〜中山道〜環七を経て川崎の港へ運ばれる6271編成。志村坂下付近にて。(2000.5.19)
クリックすると元のサイズで表示します
▲川崎港で船積みを待つ。72両もの車両がインドネシアへと旅立った。(2000.1.15)
クリックすると元のサイズで表示します
▲秩父鉄道へは3両化して、12両が譲渡された。(2006.11.25 秩父鉄道 樋口〜波久礼にて)
クリックすると元のサイズで表示します
▲熊本電鉄では2両化された5編成が活躍中。編成番号は三田線当時のままのものが使用されている。(2000.2.27 熊本電鉄 北熊本駅にて)
クリックすると元のサイズで表示します
▲マンモス団地や大手町のサラリーマンらを運んだ電車は、一線を退き、長閑な熊本の地で余生を送っている。(2000.2.26 熊本電鉄 新須屋〜堀川)
2

2009/12/26

ヒコーキ雲  気象

クリックすると元のサイズで表示します
羽田空港を飛び立った航空機が、遥か高島平上空を通過する。

ちょうど、航路になっているのだろう。
あの方角なら北陸かな?新潟かな?…などと行き先を想像しながら空を眺める。

空気が澄む冬の時期は、飛行機雲が出来やすい。
飛行機が通過する度に、白い筋が1本、また1本と描かれるのだ。


ファインダーを覗いていたら、ちょうど飛行機が!

何枚か撮影するうちに、飛行機は団地に隠れてしまった。

そしてその数十秒後、「ごぉ〜〜っっ」と、姿なき飛行機のエンジン音だけが高島平団地内に響いたのである。

2009.12.24 Nikon D80
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
0

2009/12/24

メリクリ  夜景

クリックすると元のサイズで表示します
2009.12.23
Canon EOS40D


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
0

2009/12/22

冬至  四季

クリックすると元のサイズで表示します
午前6時47分、日の出。
やや裾野に霞がかかる赤富士を遠方に望む。

今日は1年で一番日が短い「冬至」か。

クリックすると元のサイズで表示します
午後4時31分、日の入り。
太陽が沈み、富士のシルエットが濃くなって来たその時、突然、団地の陰から音も無く飛行船が現れた。運良く手元にD80が有ったので慌てて撮影。

ダイヤモンド富士を見るツアーかなんかの帰りだろうか?


ゆず湯に入ろうと思ったが肝心のゆずが無い。
買いに行こうと思ったが寒いので外に出たくない。
出た結論は、「いいや、普通の風呂で…」であった。

2009.12.22
Canon EOS40D & Nikon D80

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村
0
タグ: 高島平 団地 富士山

2009/12/19

月と水星  夜景

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
17:30ごろ、西の空には沈んだ太陽を追うように、か細い月が浮かんでいた。

そのすぐ左側に光る星。おお、水星だ!

この10数分後、雲に覆われた富士の裾に消えて行った。

富士山と言えば、この日、片山右京氏らが登山中に遭難するという報道が有り、

2名の尊い命が失われた。この日、高島平から見た富士山にかかる雲の流れからも、

悪天候ぶりが想像出来た。想像を絶する強風が吹き荒れていたに違いない。

亡くなられた方へのご冥福をお祈りする。


2009.12.18撮影
Nikon D80 & Canon EOS40D
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
0
タグ: 高島平 団地 

2009/12/15

高島平クリスマスイルミネーション  夜景

クリックすると元のサイズで表示します
早いもので今年も残りわずか…。

クリスマスイルミネーションが夜の街を演出し、年の瀬を盛り上げる。

高島平は……

これだけの世帯数を誇る団地なのに、上を見上げてもキラキラ輝くあのイルミネーションは見当たらず、夜の団地には寂しい街灯が灯るだけ。。。

う〜ん、これは寂しいぞ。

という事で、我が高島平日記の自治会が重い腰を上げて2-30-1号棟に約3万個のイルミネーションを取り付け、廊下の蛍光灯を調整してツリーのシルエットを浮かび上がらせました。(注:言うまでも有りませんがCGです。ただのシャレですので念のため…)

実際にこんなのが出来たら綺麗だろうなあ〜。


2009.12.15撮影
Nikon D80+Adobe Photoshop

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

0

2009/12/8

夕日と富士  夕景

クリックすると元のサイズで表示します
ダイヤモンド富士から数日経過。

陽の沈む位置は徐々に左(南寄り)に移動。

今日の太陽は16:17、富士山左側の稜線に没した。

今後はもう少し南に日没位置がずれて行き、再び西寄りに戻ってくる。

そして再びダイヤモンドが見られるのは正月の7〜9日あたりだ。

もっとも、晴れて雲が無ければの話だが…

2009.12.8 Canon40D
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
0
タグ: 高島平 団地 富士山

2009/12/6

晴れときどきキリ  気象

富士山を遠くに望む快晴の青空は、午前8時前に突然急変した。

俄にわき出した霧が、あっという間に高島平の団地群を包む。

ここは釧路か、摩周湖か。将又、高原の森の中にいる様だ。

普段は直視出来ない上空の太陽が、霧のフィルター効果で、くっきりとその姿を確認出来る。

幻想的な霧の朝は、1時間ほどで再び現実の世界に戻った。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2009.12.5 Nikon D80/PENTAX optio W80
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
0
タグ: 高島平 団地 

2009/12/4

ダイヤモンド富士  夕景

クリックすると元のサイズで表示します
16時前、目映い西陽が団地を照らしつける…

昨日の雨とは打って変わり、今朝は富士山が綺麗に望めた。

日中、雲に覆われて諦めかけたが、夕方になり再びその秀麗なシルエットを現した。

望遠をつけたカメラを持って、急いでアングルに移動する。

日の出も早いが、日没もまた早い。ファインダー越しにみるみる陽が落ちて行く。
地球が動いている証拠だ。

そして16時16分、燃え尽きる線香花火のように、団地の隙間から見える富士の頂に太陽は沈んだ。

一瞬の閃光を放って。

2009.12.4 
Canon EOS40D EF70-200mmF2.8L USM


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ