2016/8/30  23:05

読書人生  読書
二ヶ月前に注文した本棚がやっときた。本棚・送料・組立・消費税込みで2万円×3。二階洋間は物置同然だったが、よく言ってやっと書斎らしくなった。まだまだ収納し切れていないが、やや満足といったところ。

文庫・新書・雑誌が多くてハードカバー・ソフトカバーは少ない。学者ではないのでこれは仕方ない。本棚の前に設えた、身を横たえるカーペット+毛布+タオルケットの上から手を伸ばせばとれる位置に、昭和史関連、太平洋戦争、松本清張などミステリーの文庫本がある。

これまでの身の丈ほどある、前後に分かれた可動式の本棚は、その昔、2基で15万円もした。見栄えはいいが見事なまでの失敗だった。中板が変形し、本の重さで可動が困難になるとは思わなかった。本棚さえ失敗の人生だ。万葉集などの揃えただけの「新潮古典集成」、何度も読んだ池波正太郎、藤沢周平、司馬遼太郎の文庫本は天井付近に移動する。

240pの天井部分は固定してある。だから本棚は多分転倒しない。だが東西に揺れる地震は大丈夫だが、南北に揺れる大地震では、本は、多分身を横たえる筆者の身体に降り注ぐ。

最近NHKで死に方と墓地の放送が多い。病死、事故死、野垂れ死に、腹上死なんてのもある。湘南方面で本に埋もれて「圧死」なら多分小生だ。楽しきかなや、読書人生!?

クリックすると元のサイズで表示します
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ