2021/10/30  23:30

49回総選挙  身辺世相
筆者の私は、誰も証明はしてくれないが選挙という選挙は皆勤。最近は期日前の投票。今週日曜日の24日、拙宅に近い公民館へ行ってきた。今回は第49回目、昭和42年の22歳の時から選挙という選挙に棄権したことはない。事実上平均3年を経て解散選挙がある。憲法でも優先権が規定されている衆議院議員選挙、前回でも記述したように小生は、第31回(昭和42年)から数えて今回は19回目、棄権したことは無い

重複するが、平成06年から7年間たった二人で労働組合を結成していたことがあるが、大いに期待したのだが、民主党政権は、内部の権力争いに終始した。国民を裏切ったのは間違い無い。平成24年末の選挙では民主党は240議席から80議席へと惨敗した。

期日前投票で気付いたことは、略称で立憲民主党も国民民主党も「民主党」だった。これは紛らわしい。立憲の心算も国民の心算もどのように配分されるのか。その地区の投票率で“割り振り”されるらしい。3・11の時の民主党政権の右往左往は今の「コロナ騒ぎ」よりも対応は酷かった。立憲民主党に投票するわけはない。平成・令和で初めて河野太郎に投票した。自民党支持者ではない。比例区は国民民主党。市議会選挙は日本共産党にしている。

添付は百日草。

クリックすると元のサイズで表示します
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ