2009/8/4  21:57

刺客・くノ一  政治
庶民の厚生年金・国民年金の運用失敗で大損をしたニュースが今、ヤフーに出ていたが確認しようとしたら記事が消えていた。100兆円を超える原資なので少しぐらいは損をしても、つまみ食いをしても…が厚労省のお役人の発想だろう。

それにしては自分たちの公務員の「共済年金」はどうしてつまみ食いをしないのか、共済年金をちょっと調べたら「委託運用」とあった。委託運用とはどうも株式など、安定性のないものには手をださず、ひたすら国内の債券に投資しているらしい。銀行・生保・国債などであるのか。この辺は勉強不足だが儲からなくても損はしないようにしているらしい。

今日は特殊法人について書こうと思ったがイマイチ資料不足だ。行政改革をして特殊法人などへ国庫の金が流れる事態を真摯に追求しようとした自民党の代議士がいる。行政改革大臣だった渡辺喜美は「霞が関」の逆鱗に触れたのか、自民党離党を余儀なくされた。今は無所属である。民主党が政権についたらこの人をまた行革大臣に据えたらいい。官僚出身ではない党人派の若者!だからである。

郵政選挙の大勝を夢見ているのか、渡辺喜美への自民党からの刺客は何と元法務大臣だった森山真弓だ。80歳を超えた「くノ一」刺客に渡辺喜美は痛くもかゆくもないだろう。森山さんには悪いが真夏の選挙運動だけでもうヘロヘロだろう。

くノ一”は「女」の字を三つに分けたもの。女忍者のこと。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ