2009/8/6  21:57

古関裕而  昭和史
1909年・明治42年08月11日に生まれたのが作曲家・古関裕而である。あと5日で生誕100年である。古関裕而は平成元年80歳で死去している。死去したとき政府から「国民栄誉賞」の内示があったが遺族は拒否したらしい。筆者の勝手な解釈だが多くの軍歌があったからかもしれない。しかし一作曲家に戦争責任などある筈も無い。国民栄誉賞を受賞した古賀政男の歌にしても服部良一の「青い山脈」にしても回顧的な歌番組でしか聴かない。

ところが古関裕而の名曲「六甲おろし」は阪神タイガースが試合に勝てば球場全体で合唱される。筆者は歌謡曲の世界では古賀政男に匹敵する大作曲家だと思っている。福島市名誉市民の第一号で「古関裕而記念館」があり、ホームページでも案内されている。生誕100年を記念してJR福島駅前にピアノを弾く古関裕而の記念碑がもうすぐ完成するらしい。

 所属したコロムビアファミリークラブから発売されたCD全集を購入して今日届いた。多くの曲は戦前・戦後の名曲だがモノラル録音であるのが惜しい。誰もが古関裕而の名曲中の名曲と認めるのが『長崎の鐘』である。被爆した医師・永井隆の随筆をもとにして作られた歌。長崎原爆被爆者・多くの戦没者への意味もあって大ヒットした。

筆者の好きな古関裕而作品ベスト10.
1936・昭和11年「大阪タイガースの歌・六甲颪」作詞・佐藤惣之助 中野忠晴
1940・昭和15年「暁に祈る」作詞・野村俊夫 伊藤久男
1943・昭和18年「若鷲の歌・予科練の歌」作詞・西條八十 霧島昇
1947・昭和22年「夢淡き東京」作詞・サトーハチロー 藤山一郎
1947・昭和22年「とんがり帽子・鐘の鳴る丘」作詞・菊田一夫 川田正子
1948・昭和23年「フランチェスカの鐘」作詞・菊田一夫 双葉あき子
1949・昭和24年「長崎の鐘」作詞・サトーハチロー 藤山一郎
1952・昭和27年「黒百合の歌」作詞・菊田一夫 織井茂子
1953・昭和28年「君の名は」作詞・菊田一夫 織井茂子
1964・昭和39年「オリンピック・マーチ」演奏・陸上自衛隊中央音楽隊

添付はカタログ

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ