2009/8/30  21:57

竹下派七奉行  政治
衆議院議員選挙の投票締切、開票が始まった途端20時05分に「当選確実」第一号が東京第07選挙区の民主党の「長妻昭」だった。御存じ年金問題のエースだ。

今回の選挙はこの当選確実第一号がすべてを物語っている。民主党政権の課題は山積している。「こども手当」「介護現場」に先ずとりかかるべきだ。高速道路無料化などはもっと先の話である。今回の民主党勝利は、小泉改革の失敗が主因であり、怒れる庶民の投票率向上だろう。自民党を壊すと言った人が本当に壊してしまったことになる。

平成05年、宮澤喜一内閣で「内閣不信任決議」に同調して党を割って出たのが当時の経世会・竹下派七奉行の4人である。残った3人は、この時から16年経って既に死去している。橋本龍太郎・小渕恵三・梶山静六。二人は総理になり、梶山は幹事長だった。

自民党を出た4人は細川内閣のあと2カ月の短期間、総理になったのが羽田孜。東北弁のおじさんで実力者の渡部恒三、道半ばで死去した石川が地盤の奥田敬和、そして小沢一郎である。

筆者の家の門前から北側へ歩いて3分が公民館。真ん中の車の左側が公民館。そこが選挙の投票所で画像は夕刻。かすかに見える山は阿夫利(あふり)神社のある大山(おおやま)。手前に小田急線と東名高速がある。この道路などは筆者の子供時代は両側が田圃だった。

クリックすると元のサイズで表示します
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ