2009/9/29  19:45

右へ習へ  身辺些事
筆者は生まれつきの天の邪鬼なので世間のワンパターンの風景を見るとかなりの「うんざり感」「抵抗感」でむずむずし、TVのニュースならスイッチを切る。私の友人にはTVを見ない、私以上の変わり者もいる。
右へ習へのワンパターンが三つある。

@企業が失敗・隠し事・事故を起こすと当事者が五人くらいが揃って「どうも済みませんでした」と一斉に頭を下げ、取材のカメラがバシャバシャと鳴るというパターン。どうせ私が悪いのよ、と傲然と胸を張る人はいないのか。

A何かの裁判の判決があると被告の関係者がマスコミの待機するところへ走って来てやおら「完全無罪」「不当判決」などの垂れ幕を出す。口先で無罪・不当だと叫べば済むのではないか。垂れ幕だって無料ではない筈。

B道路開通・記念館開場・催事開催などのテープカットの奇妙な風景がある。一本のテープは工事関係者とか「雅」の方が一人ですればいいこと。10人が並んでテープをブツブツ切るのは見ていて汚らしい。

戦前は教育機関・軍部・メディア・隣組の強制で戦争に反対することはできなかった。挙国一致・神州不滅・鬼畜米英・忠君愛国・滅私奉公だった。

今は思想信条・表現・信仰は自由である。ワンパターンは、もう少し工夫しパターンを増やしたいもの。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/9/27  20:05

地上デジタル  映画TV
あと2年くらいするとTV放送はすべてデジタル放送になって今までのアナログ放送は見られなくなる。デジタルとアナログの違いはひとまずおいてデジタルは高精細なので地上波でも衛星放送でも画像はきれいである。

先日、露天風呂でブヨに刺されて全身がカイカイになってしまった友人は、先ごろ地方公務員を退職されたばかりでお金はたっぷり、預金もたっぷりらしいがいまだにアナログの重くて映りの悪いTVを見ているらしい。

「チャングムの??」なる韓流ドラマがパソコンで見られないと嘆いている。デジタル番組はパソコンで見るには「著作権」が絡み面倒な設定をして「著作権協会」にお伺いを立てないと見られない。見られても愛猫より安いパソコンでは、チャングムもペ・ヨンジュンもため息をつくに違いない。ドラマをパソコンで見ようという考え方がそもそも間違っていてセコイ。

今では液晶ハイビジョンは、筆者が5年前購入したときの半値以下である。なおかつその機器に「ブルーレイディスク」の録画・再生機能もついているのである。一刻も早くハイビジョンとDVD併用の機器の購入をお勧めする。しかもそれは「ダビング10」で10回はダビングができる。筆者のは古いので1回のみでHDDの元画像が消える。

こういう人が多いので日本は内需がままならず景気が回復しないのは間違いがない。その友人は埼玉のマリア様?といわれるくらい優しい女性である。多分DVDデッキは別にもう一台購入して筆者の教授用に送ってくるに相違ない?。持つべきは友人である。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/9/21  21:12

黄金週間・秋  身辺些事
秋の黄金週間だそうで高速道路は大混雑らしい。年金生活者は、こういうときは仕事休みで大喜びの方々の邪魔をしてはならない。てなことを言って高速料金が安くなるETC装置を装填していないだけの話。

筆者は「自律神経失調症」の病を抱えているので四週間に一度、診察・投薬を受ける。それが何時からか月曜日、近所のクリニックに行くスタイルだった。年金生活者の悲しさか、そろそろ呆けがきたのか。今日21日が祝日であるのを全く忘れていた。何と明日も明後日も休みで、更に言えば毎週木曜日は休診日ときた。数種類の薬は今日、月曜日でおしまい。金曜日まで三日間服薬はなし。三日間ではどうこう無いとは思うが、自分のアホさ加減に呆れている。ただし睡眠誘導罪剤がないと寝つきは甚だ悪い。

短歌会の女性の友人が露天風呂でブヨに刺されて全身、カイカイになってしまったのを思わず笑ってしまった報いであろう。

彼岸花が田の畔に咲くころとなると稲田への水路の水も止められる。稲穂が垂れる季節になって筆者も頭を垂れなければなるまい。明日は墓参。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2009/9/19  20:54

アイマスク  身辺些事
短歌会の友人に「本の虫」が居る。東京都の外れに住んでいてなんぞが啼いていて環境は抜群らしい。とか言って筆者は2度訪れた。市営住宅で家賃は安いらしい。4階建ての最上階でむろんエレベーターのない団地。筆者のように右ひざを骨折したことのある人間には居住は無理だ。

2DKの居住空間は書架で満たされている。出かけないときは朝から本を読んでいるらしい。斎藤茂吉から万葉集、岩波古典全集、藤沢周平・司馬遼太郎まで、前総理大臣の好きなマンガ以外はくまなくそろっている。一日中読書で疲れると下記画像の「アイマスク」をして、多分ベランダのチェアでお休みになるらしい。

よいことは何でも試してみるのが筆者。なるほど袋から出してアイマスクをするとじんわり暖かさが両眼に伝わって疲れがとれる。5枚入りで500円未満。

筆者の場合、HPのページ制作、ブログ書き込み、文字入力で疲れた場合使用する。しょぼしょぼとなった眼になるほど良い。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/9/17  21:59

『戦争回避の英知』  昭和史
またまた太平洋戦争の話で申し訳ないが、少々お付き合いのほどを。

今では、戦前は軍国主義一色で「暗黒の世界」であったかのように、その時代を考えるだけで恐ろしいかのような雰囲気だが、それは嘘である。本当にひどいのは、日本全土が焼き尽くされた昭和20年の前半だけである。大日本帝国陸海軍軍人は、なべて罪悪人のように思ったら間違いで「日米開戦不可」「戦争早期終結」を模索した理性的軍人も少なからず居た。だがそれは、メディアと「鬼畜米英」の世論にかき消された。

理性的軍人の一人がスウェーデン駐在武官の「小野寺信(おのでらまこと)陸軍少将」だった。ヤルタ協定の密約を察知、ドイツ降伏後3か月でソ連が攻撃してくるから早く終戦の決意をと、何十本もの電報を打電しても一部軍人に握りつぶされた。実際、その通りになった。拙論「私の戦争論」でもNHKの番組をベースにページにした。ご一読を。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/mumyouan/mumyouanS04.html

その小野寺少将の娘さん(といっても筆者より一回り上の世代)が著したのが下記の本。著者は「日本チェコ友好協会会長」の大鷹節子氏。義姉が「李香蘭」こと山口淑子。詳細は省くが良書である。日本とチェコを比較しつつ平和とは何かを語っている。筆者は半日で一気に読んだ。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2009/9/15  20:59

『隅田川の向う側』  読書
7月31日の書き込みで「文藝春秋くりま・半藤一利の見た昭和」を紹介した。

半藤氏は昭和05年生まれで終戦時は15歳の少年だった。「東京大空襲」で九死に一生を得たことが昭和史の専門家になることに運命づけられた。しかしこの文藝春秋編集長出身の作家は「歴史探偵」を自認するだけではなく昭和だけではない。今「幕末史」が売れているし、三国志や万葉集にも精通している。

前述の「くりま」(今も書店にあると思う!)の書の広告に出ていたのが下記の本。くりまはA4判と大きいがこの書はB6判と小ぶり。だがその分、中身は350頁と分厚い。向こう側とは浅草方面から見た向島を言うらしい。「川向う」は何でも今では差別用語だそうな。その実感はない。

内容は、墨田区向島とその周辺に関連する、隅田川七福神・百花園・永井荷風・亀戸天神・浅草等々。イラスト・絵・木版画も作者自身の手になる。筆者の所属する短歌会には向島に居住する人が少なからずある。こんな本がある、と宣伝してきた。むろん文春・創元社から宣伝費は出ない。

自分が、自分で作る『私の昭和史』は、この本を知る前のことで念の為。びっくりしたが、よく考えれば本の名前にしては、副題の感じを免れない。昭和史の専門家を真似すれば自分の住む土地の歴史を考えることになる。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/13  22:31

「きちんと・きちっと・きっちりと」  政治
また昔の話で恐縮だが、15年以上も前、まだ筆者の母親が生きているころのこと。TVのCMに「キチントさん、キチントさん、キチント・キチント・キチントさん♪」という少女の歌うものがあった。愛くるしい声のCMでいいオジサンの筆者が聴き惚れた。

インターネットの検索は何より有難い。今調べたら「呉羽化学」の今は「クレハ」という化学メーカーの台所用品だった。食物を包むラップ製品らしい。検索すると何と今のCMもメロディごと聴くことができる。やはり少女の声で「クルクルクルクル、クレラップ♪」というもの。年を重ねると民放のCMは煩わしくなるので気がつかなかったのか。

この「きちんと」というフレーズが多いな、と思うのは政治家の発言。漸く政権交代が為って官僚天国が打破されるスタートラインである。308議席の民主党はいいが、参議院を考慮して7議席の社民党、3議席の国民新党と連立を組むらしい。社民党の「福島みずほ」は思ってもみなかった大臣に就任するらしい。経済を判っているのか「雇用、雇用」とのたまわって居られる。雇用の「こ」にアクセントがあるので「御用、御用」と聞こえてならない。

この弁護士出身の党首は頭はいいのだろうが、語彙が貧しく不勉強。演説やら連立発言でもやたら「きちんと・きちっと・きっちりと」が多い。党も自身も「きちんと」していないから、この言葉が出ると言ったら言い過ぎか。必ずこの言葉が出てくるから笑ってしまう。

この厚化粧の党首と大阪弁の「辻元清美」はあまり見たくないし聴きたくない! 今回の選挙の自民党の象徴のような、政党を渡り歩いた「小池百合子」に昔の面影はない。やはり百合は小百合に限る!

添付は散歩道。ハナノトラノオ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/9/11  22:23

「私の昭和史」  昭和史
自分でパソコンソフトの作業でページを作り、近い将来『私の昭和史』(仮題)なる本を作るつもりでいる。文章は「てにをは」を間違えないようにする程度のレベルだし、内容もつまらないが着々と進行している。ちっとも上達しない短歌は載せないので、これは心配ない。パソコンソフトもかなり難解だが、自分の本を作るだけだから何とかなるだろう。いまのところ必ず読んでくれるという人は自分以外に3人居るのが何より心強い!

ところがページの中に昭和史に関係する政治家・軍人・芸能人など画像を取り入れるとなると著作権・肖像権などが問題になってくる。商業ベースにのらないものなら問題はないだろうが、なるべく摩擦は避けたい。そこで人物はイラスト・鉛筆画などにすることにした。「やさしい人物画の描き方」なる本を買ってきたが、これが少しもやさしくない。名のある政治家のイラストを描いて、その辺のオッサン程度にしか見えないなら失礼になるというもの。

小中高大と卒業証書以外に一度賞状を授与したことがある。中学校2年生のとき、写生大会で「ぺんてる株式会社」より優秀賞の賞状を貰った。今の墨田区錦糸町駅の北側に錦糸公園がある。ここで課外授業だったのか? したがって自分には少しは才能があると思わないといけない。

蛇足の話だが、よく週刊誌・雑誌で「あなたの原稿を本にします」「校正を覚えて副収入を」などの広告は、先ず眉に唾して考えた方がいい。元印刷会社勤務の筆者が言うのだから間違いない。多分ぼられるだけである!?

クリックすると元のサイズで表示します
4

2009/9/3  21:49

昭和20年9月2日  昭和史
相変わらず昔の話だが御容赦願いたい。昭和20年03月10日の「東京大空襲」は75歳くらい以上で東京に在住していた人なら知悉されているに違いない。昭和05年生まれで80歳に近い作家・半藤一利氏は赤裸々に語っている。07月31日のブログで「文春増刊くりま」を紹介した。いわゆる「九死に一生」得たとはこのこと。その内容は阿鼻叫喚という形容が相応しい。「川に飛び込めず、子供を抱えた女性が黒煙と猛火に包まれ燃えていくのを傍観するしかなかった」は、この作家の原点であろう。

かようにA4版の詳しい「昭和史」の本などで太平洋・大東亜戦争の実態を知ることができる。この無差別爆撃で84,000人が犠牲となった。だが内地で死んだのならまだいいと思う者があっても仕方がないだろう。日本人だけで310万人の戦死者である。本国以外での犠牲者の方がはるかに多いのだ。いずれにせよ原爆投下など物理的・科学的結果を知ることにより漸く眼が覚めた。因みに日本の「敗戦記念日」は東京湾ミズーリ号甲板で調印した64年前の昨日、昭和20年9月2日が正しい。

当時の犠牲者が思いもしないであろう、それもアメリカとの属国的協調で日本は富める国になった。西暦で言えば21世紀に至って、何とプロの作家でなくてもプロの印刷業でなくても「パソコン」で物理的に書物が作れる時代になった。元印刷業の筆者でも想像だにしなかったことである。

筆者も「著述」「イラスト」「製版」を同時進行で勉強している。遺族がその「死にざま」を記録しようとするだけのこと。内容は実に他愛ない。軍人でもない一市民が二等兵に徴用されて、万歳三唱で中国大陸に送られて、戦病死して上等兵になった。二階級特進はお笑い草。戦死したので軍人恩給はなし。母親が生活のため再婚すれば遺族年金はなし。弔慰金など知る由もなかった。

 軍人恩給   総務省
 遺族年金   厚生労働省
 特別弔慰金 地方公共団体

今年は平成21年、昭和だと84年である。戦争はまだまだ終わっていない。
下記画像は筆者が御厄介になっている車屋さんのカレンダー。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/9/1  21:15

厚生労働省問題  政治
筆者は、特殊法人でなく「小企業」を渡り歩いた所為で退職金などほとんどなく、自分が悪いのだが経済的には、はなはだ貧乏である。その分、政治に眼が向くのか、成人してからの衆議院議員選挙から市会議員の選挙まで過去一度も棄権したことはない。とくに衆議院議員選挙は昭和42年の「黒い霧解散選挙」以来15度の選挙の選挙年、何党の誰に投票したか諳んじている。

生半可な知識かも知れないが、官公庁で最も問題があるのは「厚生労働省」だろう。某週刊誌の記事に拠れば厚労省が最も大臣になってほしくないのが民主党・年金問題のエース・長妻昭氏だと言う。ということは厚労省の恥部を知悉しているからである。

筆者が総理大臣に指名されれば、この人を厚労省大臣に指名する。薬害肝炎問題、サラリーマンの厚生年金を食い荒らしたグリーンピア問題、消えた年金問題などなど徹底的に膿を出してもらいたいものだ。以下はインターネットで検索した厚労省の特殊法人である。よく解らないがほとんど要らないのではないか。筆者にどこか勤務させてくれるならこの限りではないが…。

独立行政法人 医薬基盤研究所
独立行政法人 国立健康・栄養研究所
独立行政法人 水資源機構
独立行政法人 国立病院機構
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
独立行政法人 労働者健康福祉機構
独立行政法人 勤労者退職金共済機構
独立行政法人 高齢・障害者雇用支援機構
独立行政法人 雇用・能力開発機構
独立行政法人 福祉医療機構
独立行政法人 国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
独立行政法人 年金積立金管理運用独立行政法人
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
独立行政法人 年金・健康保険福祉施設整理機構 

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ