2010/1/30  23:49

国策捜査  政治
筆者は、生来の天の邪鬼だが、政治評論家ではないので詳しいことは解らないが、最近の「小沢一郎政治資金虚偽記載問題」はどうも理解できない。今まで多くの自民党議員の虚偽記載も修正申告で済んでいたのに、政権交代直前に、公設第一秘書が逮捕され、今国会開会直前には、元秘書の衆議院議員逮捕である。東京地検特捜部はよほど民主党幹事長・小沢一郎が嫌いらしい。

日本列島くまなく正邪を見分ける監視カメラが存在するわけではないから、検察庁は不正をキャッチしたら、そこから証拠を精査して立件することになる。鳩山総理、小沢幹事長の政治資金問題はどこからのいわゆる「タレこみ」で捜査が始まったのだろう。筆者の天の邪鬼のツノがぴくぴく動くのは、そのパフォーマンスである。マスコミに事前に知らせなくてもそっと強制捜査をすればいい。西松事件のときは寒くもないのに第一線の検事はカーキ色の目立つコートに皮の手袋で颯爽とTVに映っていた。

細かい叙述は省くが、これは明らかに「国策捜査」だと思う。理由は3つ。いずれも政権交代のマニフェスト及びそれに準ずることである。以下を法務局は阻止しようとしていると思われても仕方が無い。

@公務員制度改革
A警察庁・検察庁の取り調べ可視化
B検事総長就任の内閣・国会の同意

三権の長、総理大臣は国民の代表・衆議院議員の多数決、衆議院議長も同じ、最高裁判所長官は内閣の同意と天皇の承認が必要。ところが政治家もゼネコンも震えあがるという東京地検特捜部の長、「検事総長」は学歴と試験と閨閥と主流派という秩序がものを云う。いわゆる法務省・法務局(赤レンガで出来ている)の「赤レンガ組」である。彼らは第一線の取り調べは行わない。正義感溢れる検事は地方大学の出身である。

国策捜査を暴露したのは「鈴木宗男事件」に連座した外務省の佐藤優氏。一年間も刑務所暮らしだったので、読書三昧だったのか、元々素質があったのか、今では「大宅壮一ノンフィクション賞」受賞するほどの本読みの達人である。外交官はきれいごとでは職務を全うできない。日本の外務省は今も戦前も情報・諜報に疎い。役立たずの省庁の一つと言って間違いはないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ