2010/2/27  21:37

哀悼・藤田まこと  映画TV
俳優・藤田まことが2月17日に亡くなった。76歳では少し早すぎる。テレビ草創期の「てなもんや三度笠」から始まって、晩年は時代劇俳優としていい味を出していた。「必殺仕掛人」「はぐれ刑事」など多くの番組で知られるが、筆者はフジテレビの「剣客商売」の秋山小兵衛役が好きだった。

昭和50年代から一年に一度くらいのペースで「京都殺人案内」という刑事ドラマがテレビ朝日系列で放送された。現実に京都で、そんなに殺人事件などあるはずもないが、内容は京都の風景と地方の風景を組み合わせた旅行番組のようだった。

原作は当初は和久俊三だったが、最近はオリジナル脚本だったようだ。刑事とて定年があるから最近作はだいぶ老けた刑事だった。何よりも流れる曲が、神戸在住で日本に帰化したクロード・チアリのギター曲がいい。今日も最後の作品32本目が追悼・放送されている。

藤田まことは、知る人ぞ知る歌の名手でもあった。食えないころ「藤山一郎」「東海林太郎」の物まねもレパートリーだったらしい。NHKの「フランク永井」を偲ぶ追悼番組が良かった。死因とされる「大動脈破裂」は怖い。つい先日亡くなった62歳の立松和平、平成07年に亡くなった国民的作家・司馬遼太郎も「大動脈破裂」だった。共通することはヘビースモーカー、喫煙である。明日は我が身である。

「剣客商売・道場やぶり」「京都殺人案内32」「フランク永井追悼・藤田まこと」はしっかり録画した。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ