2010/3/13  22:24

茨城空港  身辺世相
03月10日、65年前「東京大空襲」があった日、NHKの首都圏ニュースを見ていたら、見覚えのある御婦人がインタビューに答えていた。明日(11日)茨城空港が開港されるので見学に来たという。筆者は空港が、茨城のどこに出来るのかも知らないが、わざわざ土浦から来たと言う。

若いころはさぞや美人でモテモテだと思うその御婦人は、筆者が所属する短歌会の「ひたちなか支部」の○○智恵子さんだった。智恵子さんは、大会でお目にかかったとき、老人ホームに居ると言っていた。「ホームの入所料も高いのよ」と言っておられた。おそらくホームの職員か息子さんかに運転させて見学に来たのだろう。これだけの好奇心と探求心があれば多分ボケない。5月号か6月号に空港の歌が投稿されるだろう。

ところで天の邪鬼の筆者はまたもやここで一言言わざるを得ない。こんな狭い日本に98カ所目の空港だという。黒字になることは無く永遠に国が、その借金を払うことになるのだろう。四国への3本の橋、アクアライン、新幹線、高速道路と建造費はみな借金で今後へのツケである。旧国鉄の借金もまだ多分払っているのだろう。

官僚の出す数字は、常に希望に満ち満ちたもので戦前の軍人官僚と同じである。英米と戦って勝てるわけもないのに、勝てそうな数字を羅列したのが陸軍省・海軍省だった。このDNAは今も続いている。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ