2010/8/10  22:48

原爆忌02  昭和史
広島も長崎も原爆忌のセレモニーに、今年は広島に米国大使、双方に英仏の大使が出席した。65年目にしてやっと、というのが現地の感想だろう。昨年のプラハでの米国オバマ大統領が核削減を言いだしたからであろう。ただ言っただけで「ノーベル平和賞」なのだから筆者にはほとんど形容しがたいと云うのがホンネ。

現在、広島・長崎の原爆の何百倍もの性能の核兵器を米国・ロシアの2国で世界の90パーセントを保有しているという。天の邪鬼の筆者には人類のためにならないから、ではなく核兵器を製造・保有・管理に厖大な費用・予算が掛かるので削減を言いだしたのではないかと思う。ハイテクの向上で核兵器は低コストで開発可能となれば、北朝鮮やイランが開発をやめることはないだろう。悪いことに今度は何だかミャンマーの軍事政権も感心を示しているやに思う。

吉永小百合は筆者と同時期の昭和20年生まれ、今年まさに65歳である。この人気ナンバーワンの女優が20年間、原爆詩の朗読を続けていると言う。その趣旨にいささかもケチをつける気はないが、何だか日本人の情感に訴えているだけのようにも天の邪鬼には思えてならない。

筆者が訴えたいのは「戦争」とは運命や情緒や感情ではないと言いたい。戦争は科学・物理・数字の世界である。終戦だけに限定すれば、ポツダム宣言は1945年07月26日に出されたが、原爆投下の大統領命令は07月23日に出ているのである。06月22日は沖縄が玉砕、05月22日は空襲で宮城にも飛び火、05月06日はドイツが無条件降伏している。敗戦を受け入れるチャンスはいくらでもあったはず。最後まで「鬼畜米英」の感情論が支配したのだろう。

「聖戦完遂」「一億玉砕」を声高に叫んだのは、陸軍中枢将校と朝日・毎日新聞のメディアである。このことは間違いがない。復刻版に残っている。

夏に相応しいヘメロカリス。夕日の輝き。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ