2010/9/9  22:16

「インパール作戦」とは 07  昭和史
「インパール作戦」の最大の眼目、「why=なぜ」を、知る限りにおいて読解する。現場の指揮官誰もが反対を唱え、軍事作戦として無謀で「勝ち目」は無いと進言したにも関わらず、なぜ決行された。そしてかくも無残な結果に終わり、作戦立案者で司令官の牟田口廉也陸軍中将は生き残ったのか…。

ビルマ方面軍下の一司令官がどんなことを考えようと上官の許可がなければ、作戦は決行されない。誰かが止めれば、牟田口も不名誉にならず、3師団7万人の91%の6万人の死者は出なかった筈である。ここでは牟田口の陸軍の地位と履歴を知らなければ、「なぜ」の説明がつかない。

先に日本軍は内閣と大本営、陸軍と海軍の対立があって統一された戦争をしておらず、自分のセクトのことだけ考えていたと述べたが、さらに陸軍・海軍ではそれぞれ二つの派閥に分かれており、敵は英米でなく、先ずは各々の派閥の争いが第一だった。陸軍は「皇道派」「統制派」に割れ、英米・中国より憎む相手だった。大日本帝国陸軍・海軍は、相手国より内側の戦いに重点が置かれていた。これでは全く戦争にはならない。詳細は避けるが昭和11年、二・二六事件を起こしたのは「皇道派」で昭和天皇の逆鱗に触れた。

牟田口はなぜか「皇道派」と目され、以後戦争最前線に追いやられ、中央の陸軍省や参謀本部に迎えられることは無かった。「俺より能力の無いやつが中央にいる」が牟田口の怨念になったらしい。エリート軍人がエリート街道を外れると、そこから這い上がるのには、軍人には武功しかない。

牟田口には、武功を持って中央に錦を飾るのが、常に頭にあったと言っていい。昭和19年01月、作戦はなぜか了承された。03月に作戦は開始されたが、このとき参謀本部総長も東條英機になっていた。総理大臣・陸軍大臣・参謀本部総長を兼ねる異例の事態だった。統治権も統帥権も主権は昭和天皇だが、政治は輔弼、統帥は輔翼といって信任された存在で、むろん信任者にすべての責任がある。「インパール作戦」の決行は、やはり許可した統帥部(戦争作戦)に最大の責任がある。

次回も「なぜ」の続編を記述して終わりとしたい。

左下が河辺正三(まさかず)陸軍中将、馬上が牟田口廉也

クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/9/7  21:16

「インパール作戦」とは 06  昭和史
「軍国主義日本」に少しでも救いがあるとすれば、明治以降、欧米の植民地で無かったのは、アジアではタイと日本だけである。つまり西欧列国の植民地になるか、帝国主義をとることでしかなかったのが現実で選択肢は狭まれていた。日清・日露戦争で勝利したことが、日本を尊大な国にしてしまった。当時のビルマもインドもイギリスの植民地であったことにある。

太平洋戦争の初戦、昭和17年、日本軍は奇襲してマレーシア・ビルマから統治国イギリスを追い出した。これはあくまで準備の整わなかっただけのこと。

今回は「when=いつ、where=どこで」が問題になる。インパール作戦が、無謀な作戦であると確実視されているのに敢行されたのが昭和19年03月、撤退が07月である。次回「Why」で述べることになるが、19年01月には作戦は了承されていたらしい。

インド東部のインパール、英軍駐屯のコヒマと、ビルマ中心部では100キロほど離れていた。東京─岐阜の距離らしい。今なら首都高速と中央高速で素人でも一日で到着が可能だろう。しかし当時ビルマ─インパール間は、川幅600メートル、水深3メートルのチンドウィン河という大河を越えなくてはならず、しかも両岸は切り立った断崖。そこを超えてもアラカン山脈は2000〜3000メートル級の山々。湿地・沼地も多く兵士そのものも、補給部隊も難儀を極めた。日本の兵士は米を食わないと力が出ないと、どこの戦線でも米俵が付き物だった。作戦はもとより装備そのものが日露戦争から脱していなかった。

牟田口廉也が自画自賛した「ジンギスカン作戦」の牛・馬は大河に流され、兵士も多くが流された。牛馬が2000メートルの山を超えられる筈もない。トラックが走る道さえなく、トラックを分解して兵士が部品を担いで山を越えた。因みに日本軍兵士で車の免許を持っているのは、このころ20人に1人だった。イギリス軍は、暗号解読で日本軍の行軍を十分に察知していた。この日本の貧弱な装備の兵士の凄いところは、それでもコヒマに到着して戦闘を交えた。だが作戦はここまでだった。イギリス軍は、日本軍を十分に引きつけて近代兵器と戦闘機で簡単に駆逐した。

コヒマは地図上部左、インパールは地図中ほど左側である。地図最下部の距離指針が30キロである。到着しただけでもう戦力とはなっていなかったのが実情である。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/9/4  22:59

「インパール作戦」とは 05  昭和史
今日は5W1Hの「what=何を」、つまり「インパール作戦」そのものを取り上げてみたい。ビルマ方面軍・第15軍司令官、牟田口廉也中将は、インド東部にあるインパールのイギリス軍基地を攻撃する計画を立てた援蒋ルート(蒋介石軍を援助)を断ちきるためである。援蒋ルートとは、大陸中国の国民党軍あるいは重慶軍を率いる「蒋介石」軍に連合国が食糧・薬品・武器などを援助していた道路そのもの、あるいはその行為そのものを指す。

これを断ち切って日本に勝利をもたらせば、戦局を好転させるかも知れないと考えた。不幸なことに15軍下にある、

 第十五師団(祭)師団長 山内 正文少将(陸軍士官学校25期)
 第三一師団(烈)師団長 佐藤 幸徳少将(陸軍士官学校25期)
 第三三師団(弓)師団長 柳田 元三少将(陸軍士官学校26期)

は、みな反対だった。その作戦を3週間で片づけると言いきっていたからである。日本軍の不幸を象徴しているのが、この3人の師団長ほど英米をよく知り、補給も武器・弾薬もお粗末の今の(昭和19年01月)状況からして、勝ち目はないと猛反対をしたことにある。また当時補給部隊は輜重(しちょう)部隊と言って、戦闘には加わらない一般の兵士より格下げで見られていた。輜重部隊が何を言うか、と相手にもされなかった。(「太平洋戦争 日本の敗因04 責任なき戦場インパール」P79)

3週間分の糧秣(兵士・馬などの食糧)を用意し、兵器・他の物資も貧弱で帰還の分は考えてもいない。つまり勝つことを前提にしているから戦利品で間に合うと言う意味か。牛・羊を現地調達して運搬に使用した。牛・羊が動けなくなれば、それを屠殺して食糧にすればいいと牟田口は>「ジンギスカン作戦」といって喜んだらしい。「どこで」の項目で記すが牛・羊はほとんどチドウィン川という大河で流されて仕舞った。こんな作戦を押し付けられた戦場第一線の兵士はたまらない。それでも軍隊は逆らえないのである。

理性的軍人の師団長は、山本五十六元帥が戦死したあとの敗色濃い、18年秋の「学徒出陣」である。無駄な作戦と十分自覚していたに違いない。ところが命令系統が3年違うだけで上官の命令には一切抗えない仕組みになっていたのが日本の軍隊。「なぜ」の項目で詳述したいが、この作戦には、英国の植民地インドの独立義勇軍のチャンドラ・ボースの熱心な期待?もあったらしい。そこに総理大臣の東條英機が淡い期待を抱いたのである。

クリックすると元のサイズで表示します
6

2010/9/3  20:13

「インパール作戦」とは 04  昭和史
英国在住のマクドナルド・昭子さんからメールを頂いた。父親が88歳で健在。インパール作戦に従軍したが、運よく生還できて思い入れがあるらしい。つまり父親が戦死なら本人すら存在しない。昭子氏は来年還暦である。父親は、上官の命令に反抗、撤退を決断した佐藤幸徳少将(当時)の第31師団に所属した。

今回は帝国陸軍のヒエラルキー(ピラミッド型の命令系統)を記述する。これが解らないと名将であれ愚将であれ、戦争の作戦立案が説明できない。このブログを読んでくれるなりひら氏に投稿した軍部の実態である。

一口に「軍国主義」と言うが軍部とは「統治権」としての行政は、陸軍省・海軍省。一方こちらが問題だが「統帥(とうすい)権」はいわゆる大本営で、参謀本部(陸軍)・軍令部(海軍)に分かれていた。つまり司馬遼太郎が、終生追及したように統帥権は大元帥として昭和天皇に直結していたので、行政は一切口出しを出来なかった。「省」は編成・人事・調達、「部」は戦術・作戦専門で共に陸軍大学、海軍大学を出た超エリートによって占められた。つまり大東亜戦争の権化のように言われる東條英機さえ統帥と海軍には何も言えなかったのが、現状。更に言えば、陸軍と海軍は毎年予算の取り合いで別の戦争をしていた。戦後の極東国際軍事裁判ではGHQは最後まで統治権と統帥権がよく理解できなかった。

当時少なからず理性的・知性的軍人は英米と戦争して勝てるわけがないと主張していた。そういう本音を言う軍人・政治家ほどテロ・暗殺の対象だった。

帝国陸海軍の開戦時の人事。

◇参謀本部(大本営陸軍)参謀本部総長 杉山  元(陸軍士官学校12期)
◇軍令部(大本営海軍)軍令部総長 永野 修身(海軍兵学校 28期)
◇東條英機内閣陸軍省 陸軍大臣 東條 英機(陸軍士官学校17期・首相)
◇東條英機内閣海軍省 海軍大臣 嶋田繁太郎(海軍兵学校 32期)

昭和19年初頭の人事。

◇大本営参謀本部 参謀本部総長 杉山  元元帥(陸軍士官学校12期)
◇南方軍総司令官 寺内 寿一元帥(陸軍士官学校11期)
◇ビルマ方面軍司令官 河辺 正三中将(陸軍士官学校19期)
◇第十五軍司令官 牟田口廉也中将(陸軍士官学校22期)
 第十五師団(祭)師団長 山内 正文少将(陸軍士官学校25期)
 第三一師団(烈)師団長 佐藤 幸徳少将(陸軍士官学校25期)
 第三三師団(弓)師団長 柳田 元三少将(陸軍士官学校26期)

因みに陸士12期は明治12年生まれで、これは偶然。
添付は、前列中央が牟田口廉也。右縁が31師団長・佐藤幸徳。

次回は「what=何を」。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2010/9/1  18:45

「インパール作戦」とは 03  昭和史
ブログに戦争のことなど相応しくは無いと思うが、意外に読んでくれる方も居られるようなので、もう少し続けたい。もはや過去の太平洋戦争など歴史の分野に入るらしく、若い人は教科書で学ぶ程度でしか、事実を知らない。しかし現在もなお85歳以上の男性なら戦場経験すら体験している。本当の戦争を体験した人は多くを語らない。

だが戦争指導をした人は殆んど鬼籍に入っている。死者に鞭打つのは良しとしない国民性だが、事実は事実である。まして拙劣な軍事作戦で戦争最前線で本当の戦闘などせずに餓死・病死を余儀なくされた末端の兵士は、それは無残だ、かわいそうだだけでは、死んでも死にきれない。夏になれば、毎年、広島・長崎の原爆、東京大空襲など目立つ歴史の事実は報道される。だがしかし250万人の軍人・軍属の死は、その多くは個々に顧みられることはない。

ノモンハン事件・ミッドウェイ海戦・ガダルカナル戦・レイテ海戦・インパール作戦・沖縄戦などエリート軍人と言われる高級軍人が小学生でも判るような必敗の作戦指導をしたのである。筆者は戦争は残酷だから悲惨だから無残だからという理由だけで、戦争を否定するなら、何も過去の戦争を反省していることにはならないと思う。

筆者は近代史の太平洋戦争の事実でも感情的に切って捨てるのは、ただそれだけのことだと思う。昭和史でも太平洋戦争でも歴史を検証するとき、先ず「5W1H」を考える。すなわちwho=誰が、what=何を、when=いつ、where=どこで、why=なぜ、how=いかに、となる。

次回は牟田口廉也という愚将を生み出した、戦前の軍部を記したい。戦前は軍国主義一辺倒で暗黒の世界だったという言い方は、日本という国に対して甚だ失礼だと思う。もし自分がその時代に生きていたらという視点を持たなければ何とでも言える。

クリックすると元のサイズで表示します
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ