2012/4/4  21:06

更新106  パソコン
翌日、暴風雨になるとの天気予報で04月02日、またまた「花菜ガーデン」へ行って来た。よほど暇と思われているらしいが、文字通り暇人で且つ容易に花画像が得られるからである。2年間強で38回目となった。

桜の開花はまだで、「ハナモモ」「土佐水木」「木蓮」が見事だった。近日中にページアップするが、木蓮は、紫木蓮(シモクレン)が本家で、白木蓮は異種らしい。木蓮は中国原産、コブシは日本原産との由。ページ更新は数え始めてから08年間で106回目。

筆者の「困った」シリーズは一部には不評らしいが、何せ前期高齢者で安い年金、経済に縁がない分、政治・世相に眼が行く。Yue Tubeなどでは国会の参議院予算委員会などアップされていて筆者には面白い。民主党でも自民党でも同じだろうが、国政を牛耳っているのは、筆者が常々云う通り、霞が関官庁である。意図的に見逃していたとしか思われないが、「AIJ投資顧問」など大損害を出していて代表者は平気な顔をしていて、なおここでも高級官僚の天下り先だったというから怒り心頭に発する、である。シロアリ退治する、と言っていた人が、そのシロアリに食いつかれて、顔がイボイボになってしまったらしい。小企業のサラリマーンの厚生年金などは、もう10年先は危険水域らしい。

「日米開戦への道」が05回で止まっているし、「困った問題」は、東京電力、福島原発、年金問題、消費税増税、尖閣諸島、北朝鮮ミサイルなどまだまだ終わるわけにはいかない。閑話休題。

「湘南の暇人」のホームページを雑誌に紹介・掲載したいとのメールでの申し出があった。短歌・俳句・書などの「産経新聞一面掲載」を誘惑する「広報堂」なる会社がある。歌友は多かれ少なかれ電話攻勢にあっている。著作料を貰えるのでなく多額な掲載料を支払う仕組みで呆れてしまう。メールの連絡は、そこかと一瞬びっくり身構えたが紹介なので有料ではないらしい。雑誌は1万部発行の『百歳万歳』。五月号に紹介記事が載るらしい。筆者はとても100歳までは生きないが、高齢者に有益ならば、結構なこと。この雑誌は65歳以上が対象者らしく筆者などまだまだ洟垂れ小僧である。

画像は白木蓮。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ