2012/4/28  21:30

組長会議  身辺些事
今日、午後07時半より“組長会議”があった。しかし組長と云っても危ない世界の話ではない。日本全国どこにでもあろうと推察されるが、住んでいるところの自治会組織のことである。

拙宅のある平塚市北部は、50年くらいの昔は戦後で完全な農村だった。だが小田急線「大根(おおね)」駅に隣接するように昭和40年頃「東海大学」が出現してから俄かにこの平塚市郊外はベッドタウン化してきた。小田急沿線はその昔、あずき色の2両編成の電車が走るローカル線だった。今、通勤電車は10両編成で大変な混みようである。つまり海沿いのJR東海道線を凌駕する沿線の発展で人口は、大阪府を抜き東京都に継ぐ過密な自治体になった。

拙宅から近い坂東札所07番・金目観音は古く由緒がある。この金目地区も行政単位ではシンプルな名前だが、昔からの自治会は昔の名前が存在する。平均10〜15軒くらいで、筆者の住む地区は36組あり、上部の金目地区は15地区の自治会となる。こういう組織は、冠婚葬祭、防災、とくにゴミ出しなどがきわめて重要なルールに縛られるが、それは市民の義務でもある。

筆者の組は15軒だったが昨年3軒が転居、本年1軒増えた。組長はつまり13軒なら13年に一度、回覧板のセット、赤い羽根募金などの集金がある。筆者は、平成12年に経験しているが、本年04月から3回目の組長の順番が回ってきた。その途端に2軒南側の元自動車整備工場の社長の死を知らされた。社長は、ここのところ自宅居間で寝たり起きたりだったが、それほど悪いとは思わなかった。昭和08年生まれで78歳。組長としては、通夜・葬儀の受付などの役目が待っている。友引の関係か30日通夜・01日が葬儀である。

個人的には「文字入力」の初校直しがあり、今日は、所属短歌会月刊誌の表紙絵を描く画家集団の展示会に「有楽町」まで出かけた。上野の国立博物館の「ボストン美術館所蔵品展」は、今日は断念した。

いいこともある。帰り際、新橋まで歩いて久しぶりに中央競馬の「ダービートライアル」レースを購入。4830円×10倍で03万円の収入。歌友の女性は預金通帳が満杯だろうから奢れとは云わない筈。

添付は所属短歌会の画伯の出品。『夕日の蔵』。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ