2012/6/30  22:31

バーデン・バーデン  昭和史
06月25日の月曜日、所属短歌会の先生方、五人が湘南・平塚へ来訪。市郊外の「花菜ガーデン」へご案内、百合とヘメロカリスが真っ盛りだった。帰路は拙宅でひとときを過ごした。筆者が相変わらず戦争と昭和史」を引きずっていることを大方は理解!?してくれた。1歳年長で短歌歴50年の先輩が昨日、新聞の切り抜きを送ってきてくれた。内容は06月28日の「産経新聞」朝刊一面の「風の間に間に」、『出湯の町からの昭和史』という記事だった。先輩は、こんなことは貴君に関係有るか無きか、といった按配。結論は大正10年の出来事だが、戦争の昭和史の基礎の基礎で、これを知らない者は、太平洋・大東亜戦争のことなど語る資格はない?ほどの重要事項。日本の近代史に名を残すいわゆる「バーデン・バーデンの密約」である。この密約こそが、戦後には軍閥の出発点だったと批判されるが、後世では何とでも言える。

大正10(1921)年10月27日、スイス駐在武官の永田鉄山(ながたてつざん)他三人の陸軍少佐がこの地で議論を交わした。詳細は省くが、第一次大戦の後の世界情勢に大日本帝国の軍部は、危機感を抱いていたからである。陸軍も海軍も長州・薩摩閥だったからである。明治維新以降、日本陸軍創設以来の逸材、日本陸軍が生んだ最高のエリートと云われた永田鉄山は、昭和10年08月、相沢三郎中佐に斬殺された。その派閥争いから翌11年に“二二六事件”が起きた。永田を失ったことで梅津美治郎・東條英機など下っ端の軍人が出てくる。戦後政治でよく「総理大臣は軽くてパアがいい」と云うのは、昭和16年の東條英機内閣から始まったのではないか。

永田鉄山といっても昭和史に興味が無ければ殆ど未知のそれも軍人である。二・二六事件の後、永田が筆頭であった陸軍「統制派」は東條英機が継承して行くことになる。日米開戦当時の企画院総裁だった鈴木貞一は、戦後「永田鉄山ありせば太平洋戦争は起きなかった」「永田が生きていれば東條が出てくることもなかっただろう」と言った。当時「高度国防国家」という観点から軍部を改革しようとした永田は、誰もが納得する軍務官僚の本流だったらしい。古今東西の歴史・軍事・条約などに精通していて「永田の前に永田なく、永田の後に永田なし」とも言われた。給料の殆どは「丸善」での書物購入に充てられていたと云う。(『昭和の名将と愚将』半藤一利・保阪正康 文春新書)

派閥争いのつまらぬ面子・感情論が、テロ・暗殺を助長し、日本陸軍の誤ったアクセルになったことは論を待たない。「バーデン・バーデンの密約」は後日、もう少し丁寧に記述したい。バーデン・バーデンとはドイツ南西部の山間の温泉地である。将来を嘱望されたエリート軍人はほとんどがドイツに学んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/6/27  21:07

ギックリ腰  身辺些事
このブログは、ここのところ身辺些事で、めまい・ふらつき・耳鳴りなど不定愁訴の報告で申し訳ない気がする。この不定愁訴が原因で視神経に影響を与えたのか、農道で対向車に遠慮、車のタイヤ前輪左側を脱輪、JAFを呼んだが自分で持ち上げようとして腰が音をたてて、へなへなとなった。ギックリ腰である。またもや腰部だが、MRIが待っている。全身鈍痛だらけでおそまつ極まりない。だが外傷ならいずれ治るが自律神経や血流は簡単には治らない。

21〜24日からの歌誌の文字入力、23日の地元自治会の組長会議も無事終了。ホームセンターで購入した手すり二本は、自分で取り付けられるかどうか。月曜日の25日は、所属短歌会の選者(指導者)の先生方、4人が平塚に来訪。カーナビの通りに走行すれば、比較的楽なようでもある。拙宅訪問の前に「花菜ガーデン」へご案内。百合とヘメロカリスが盛り、春のバラも全部は散っていない。帰路には拙宅で生る小梅・蕗の茎の幾らかをお持ちいただいた。

本日連絡があり、ご婦人二人と待ち合わせした。自分でHPを起ち上げたころインターネットで知り合った町田市の方を「花菜ガーデン」へご案内した。町田市の方はメル友と二人で、バスで来園。むろん自分のHP・ブログをお持ちである。カメラは交換レンズを持参の一眼レフ、本格派である。

メディアが批判をしないからいつの間にか、消費税増税法案は可決されてしまった。反対して筋を通した小沢一郎氏の好き嫌いはともかく、多分庶民の多くはあとで後悔するだろう。個人が野田佳彦総理や小沢一郎元代表を良い・悪いというのは自由である。だがメディアは客観的に報道しなければ、昔の大本営発表と同じになってしまう。筆者の購入する産経新聞は、好みがはげしい。大国中国の横暴を報道するのはいい。だが小沢一郎氏を強引に強制起訴に追い込んだ、いわゆる虚偽捜査報告書については、意図的に記事にしない。やったことは捏造調書で「村木厚子事件」の前田恒彦検事と同様である。田代政弘検事は立件を免れ、軽い減給処分で直ちに今日、辞任した。あとは華麗な弁護士生活が待っている。もう十分小沢一郎氏は悪者になったので早く幕引きといった按配である。

小沢氏の半分にも満たない政治経歴の野田佳彦氏がなぜこうも増税を声高に叫び、突っ走るのか、霞ヶ関官僚支配の諾否が基本なのは判り切ったこと。

添付はヘメロカリス。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/6/23  22:35

不定愁訴02  身辺些事
先日、めまい・ふらつき・耳鳴りがひどいので、緊急に心電図やMRIなどで検査をした。結果は、特に異常は無く心筋梗塞・脳梗塞は、当面大丈夫らしいが安心はできない。

特に夜になると前述の症状が顕著なので素人考えでは、不眠症・睡眠不足が一番の原因であろうと思う。なぜなら朝、目覚めたときは、頭スッキリ、耳鳴りは減少、ふらつきもない。

こんな体調不良でもスケジュールは待ってはくれない。22日からは、所属短歌会、歌誌の文字入力の仕事。今日は地元自治会の組長会議だった。できるできないは別にしてホームセンターで二階への手すり二本を買ってきた。明日はインターネットで知り合った町田市の方を「花菜ガーデン」へご案内。さらに25日は、所属短歌会の先生方、4人をこれまた「花菜ガーデン」へご案内。今が百合とヘメロカリスが盛りと思うからである。

ブログの文章も一所懸命考えていれば認知症もまだ先のことと考える。筆者が関心がある政界は風雲急である。仕事が終わり次第書き込みをしたい。小沢一郎の好き嫌いはともかくとして霞が関官僚の言いなり内閣はつぶれたほうがいい。まもなく定年を迎える財務省事務次官の退職金は7000万円の由。国が借金だらけでも彼らに遠慮の文字は無い。

添付は百合、ソレミオ。ソレミロではない。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2012/6/20  19:55

困ったこと20 不定愁訴  身辺些事
先週からめまい・ふらつき・耳鳴りが顕著で、脳梗塞など発症して、半身不随では困るので、緊急に調べてもらった。先週出された血糖値を下げるクスリの副作用ではないかとも思ったからでもある。

昨日検査してもらった心電図・MRIでは特に異常はないとの由。ただし脳の内部で少し血管が細くなっている部分があるとも言われた。

だが不定愁訴は、筆者の場合3年に一度の割合でやってくる。今は、我慢我慢である。

平成16年 耳鳴り
平成17年 熱中症・ホットフラッシュ(大量発汗)
平成19年 半年間の下痢
平成21年 頸椎鈍痛、胸のざわざわ感


そして本年6月、めまい・ふらつき・眼精疲労である。体調はすぐれない。経験上2〜3か月は続くのか。今までに共通するのは、耳鳴り・不眠症・倦怠感・脱力感である。

ブログは頑張って週に二度を続けたいですが、月末の仕事も到着、やや不定期になるかも知れません。画像は百合・アカプルコ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/6/16  21:18

暇人旅行記ブログ  パソコン
筆者のブログは3つと欲張っているが「暇人旅行記ブログ」は、何と1年半、更新していなかった。その「seesaaブログ」は慣れないと、かなりテクニックを要する。つい面倒で、ほったらかし状態だった。だが「一年半待て」などという松本清張の短編小説もあった気がするが、ずいぶんと作り易くなっていた。

一枚の画像を100KBとすると、一ページ20枚なら2MBになる。筆者の場合、電話接続コミでODNは、50MBで3,500円。これ以上増やしたくないので、当初考えたように、旅のページは、まめに「暇人旅行記ブログ」へ移行するのが、やはり賢明。

今回は4年前の平成20年04月の「天草・雲仙・長崎」のパック旅。昨年までの旅行をどんどん!?移し換えたい。

蛇足ながら長崎県平戸がロケ地となったのが昭和52年「男はつらいよ20・寅次郎頑張れ」、マドンナは藤村志保、当時、筆者は32歳だった。中村雅俊、大竹しのぶが共演。当時は平戸へは橋はなく連絡船が必要だった。船長役で名喜劇役者・石井均が記憶に残っている。土産物店「おたち」はモデルとなった店。

添付は長崎県平戸市の「ザビエル記念聖堂」。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/6/14  22:37

困ったこと19 中国人スパイ  政治
筆者がこの欄でたびたび記述するのが自分で勝手に名づけた日本人の性向、MSK症候群
M=見て見ぬふり
S=触らぬ神に祟りなし
K=臭いものにフタ

野田佳彦改造内閣の農林水産大臣交代がこの典型。鹿野道彦衆議院議員は当選11回。総理大臣が当選5回だから議員としては大先輩である。平成元年、海部内閣でも農林水産大臣を経験している。これほどのキャリアがありながらコロッとスパイに騙されるとは、内閣と霞ヶ関官庁の諜報感覚はかなりお目出度いことになる。

中国大使館の李春光・一等書記官(45)は、日本語・日本文化に精通し、鹿野大臣も筒井信隆副大臣もものの見事に騙されて、あまつさえ農林水産省の機密文書も渡してしまったらしい。警視庁公安部はこの書記官の動向を長年追い続けてきたらしい。直接には李書記官の外国人登録法違反事件の書類送検容疑。書記官が接触していた相手は、筒井信隆・農水副大臣を始めとして農水省関係者から、防衛関連企業の社員など幅広いもので、その根は深い。

この書記官が関与した事業は、日本の農業団体や食品会社が、北京の施設で農水産物を展示・販売する計画で、筒井信隆副大臣が主導してきたという。なぜかこの副大臣の言い訳が聞こえて来ない。やはり臭いものにフタの大臣・副大臣の更迭だったと言える。この筒井副大臣が主導する農産物の対中輸出促進事業に関連して、福島第一原発事故後のコメ価格の見通しなど同省の内部調査の結果などが記載されていた機密文書もいとも簡単に渡してしまったらしい。警視庁公安部は、李書記官もその内容を把握していた疑いをも掴んでいるという。事業の運営主体「農林水産物等中国輸出促進協議会」の代表は、衆議院議員の元公設秘書、田中公彦なる人物。一時期、同省顧問にも就いていた。

これ以上の経緯は省くが、参議院予算委員会で、自民党参議院議員・西田昌司氏の舌鋒鋭い質疑がユーチューブで見られる。インターネット時代の反映だが、これを見るのは暇な人間の趣味でもある。野田佳彦内閣の「年金と税の一体改革」法案採決など消費税増税一直線で明らかな財務省主導である。消費税増税が税収の増加とならないのは素人でも判る。野田総理が民主党よりは自民党にすり寄っているのも本末転倒である。

今日の朝刊では、中国は北朝鮮へミサイル製造物資や発射台など広く軍事取引があったとの報道。国連の五大国にありながら“国連制裁決議”などは骨抜きである。この国の覇権国家丸出しの状況は常軌を逸している。石原知事の「尖閣諸島購入計画」に11億円もの寄付が集まり、内閣より霞ヶ関官僚よりマシな考えの日本人が少なからず居るのはうれしい。本来は国家が為すべきことだと思う。

消費税増税路線の内閣がごたごたする間に尖閣諸島が乗っ取られないように願うばかりだ。

添付は農林水産省。フリー素材集より拝借。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/6/8  22:09

更新108  パソコン
05月26日訪問、撮影の「春のバラ」をページにした。

06月02日・03日の京都・奈良の旅は、前期高齢者の三人旅。とくに目的はなく、まだ行っていない寺社の国宝級の文化財を、この目に焼き付けようというのが意義。

京都は、西本願寺・無鄰菴・三十三間堂・東寺。
奈良は、東大寺ミュージアム・依水園・興福寺・元興寺・唐招提寺・薬師寺。

それらは、今月中旬ページにします。
気に入った薔薇、ジャックリーヌ・デュ・プレ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/6/5  21:32

京都・奈良02  旅行
06月02日・03日、京都・奈良を2年ぶりに訪れた。

京都は、西本願寺・無鄰菴・三十三間堂・東寺
奈良は、東大寺ミュージアム・依水園・興福寺・元興寺・唐招提寺・薬師寺
今月中旬ページにします。その前に「春のバラ」をページにします。

02日、近鉄地下街で食事中、滅多に使わない携帯電話が鳴った。母の実妹、叔母よりの連絡があり亭主が亡くなったとの知らせ。80歳を超え、最近は寝たきりだった。明日06日通夜、07日は葬儀、二日間受付の仕事。母は8人の兄弟姉妹、一番下の叔母だけが健在。

HP・ブログ08日以降、更新します。

添付は薬師寺金堂、薬師如来は外からのズームではピントが合わなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/6/1  21:18

京都・奈良  旅行
明日・明後日、2年ぶりに「京都・奈良」へ行ってきます。
体力は加齢により衰えています。ブログは火曜日以降書き込みます。

添付は歌友より教えられたデルフィニウム。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ