2012/11/20  15:09

理解不能01  身辺世相
筆者は、学歴が無い、学力が弱い、能力が低いのか時々理解不能に陥るときがある。天邪鬼なのだから世論の「反対」をそれらしく論理を捏ね回せばいいのだが、それでも理解不可能になることがある。それが次の項目で、何れも個人個人が好き勝手な感想と対応があるので何とでも云える。

◇NHK・森本健成キャスターの痴漢
◇逗子ストーカー殺人の神奈川県警の対応
◇衆議院議員定数問題
◇沖縄普天間基地問題
◇小沢一郎強制起訴問題
◇福島原発国会事故調査委員会その後、などである。

森本健成キャスターの痴漢行為は、捜査がどうなっているのか判らないが、自宅とは逆の方向の通勤電車内で、酒酔いもヘベレケではないとのことで、謂わば捕まるのが判っている犯行で確信犯である。だが痴漢行為が10分間となのは、する方もされる方も時間が長く何だか理解しがたい。さらに筆者が不思議に思うのは、将来NHKの幹部のキャスターの犯行で、その地位を棒に振ったことである。NHK職員は平均1000万円の収入なのだから、このキャスターはその倍の収入だろう。NHKでは初めての気象予報士の資格を取得したとの頭脳だし、何かわざとその地位を自分で抹消したように感じられる。徳川家康の末裔で酔ってタクシーの運転手を殴った松平定知(昭和19年生)も復活したし、筆者には天気予報の裏方でまだ使えると思うが甘いか…。早稲田大学教授だった植草某氏のように再度犯行に及べば、それはもう犯罪である。ともあれ自分の能力と地位を葬り去る犯行は何か裏があるように思う。ネットで見られるように仕掛けられた謀略という説は信じがたい。だが痴漢行為が軽い、とは暴論でもある。本人が単なるストレス発散だったと主張するなら罪は重い。筆者など少ない年金生活と腰椎骨折で「毎日がストレス状態」である。

逗子のストーカー殺人は、これは警察の明らかに粗雑な対応と怠慢で、個人では防ぎきれないのだから警察の責任は重い。被害者の女性はSOSを発信していたし、その狂気の加害者の心理を見抜けず被害者の住居と名前を暗示した対応は、これこそ犯罪に加担したと云われても仕方ない。世間には、警察もメディアも「臭いものにはフタ」の按配に見えるのはいかがなものか。死んだ女性は生き返らない。ことに神奈川県警は、過去にいろいろ問題を起こしている部署である。1989年、坂本堤弁護士一家殺害事件では、坂本弁護士が共産党支持者だったので対応が遅れたらしい。今年も大和署巡査部長が女子高生の下半身を撮影して同僚に逮捕されている。予算のネコババが多いのもこの警察。神奈川県警不祥事で検索すると問題がアメ・アラレ…。

野田佳彦総理大臣の乾坤一擲の「衆議院解散」が党首会談で発せられて、メディアは、そのことばかりで賑やかだが肝腎のことを忘れている。衆議院議員の定数削減問題である。国会議員は衆院・参院でも選挙で落ちれば“ただの人”である。だから国家の重大事でも、そのエネルギーの大半は選挙に忙殺される。解散されて民主党議員が泥船から這い出すように脱党したところでメディアが面白おかしく報道するのも酷である。ほぼ永久的に安泰だった「自民党政権」ですら三年前には瓦解したのを我々は見ている。衆議院議員480を430にして喜ぶのは、選挙の洗礼を受けない「霞ヶ関官庁」と尖閣諸島を乗っ取るつもりの中国である。「一極集中の霞ヶ関」の解体と「一党独裁の中国」が瓦解するのを願うばかりである。法律を知悉し裁量権を握る高級官僚には定数是正は痛くも痒くも無い。中国はチベットや内モンゴルを不法に占拠していて弾圧さえしている。日本の政治的ゴタゴタは大歓迎である。

画像は、このブログの記事とは無関係。つまらない年末の世相に一服の清涼剤!かもしれない。NHK・田中淳子キャスター。ヤフー画像より無断拝借で許されたい。田中淳子記者は、あの名優・田中邦衛の長女である。48歳。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ