2012/12/30  20:24

なかにし礼  身辺世相
やはり年齢を重ねると昭和の時代から親しんだ映画俳優や文化人の死去のニュースに目が行く。淡島千景、山田五十鈴、地井武男、中村勘三郎、小沢昭一などの死は悲しい。ことに中村勘三郎はまだ57歳だった。各家庭にようやくテレビが行き渡ったのは、筆者には昭和50年頃だったと記憶する。中村勘三郎は昭和30年生まれだから個人的に白黒テレビの時代から、子供のころから馴染んでいたことになり、一回り下の世代だから余計に唯々勿体ないことである。癌は人間には避けられないが神様はよく人を選んで?戴きたい。

“食道がん”を病んで、先進医療の陽子線治療で生還したのが作詞家の「なかにし礼」。産経新聞11月に3回にわたって詳細が知らされた。略歴を記事から引用させて頂く。昭和13年、中国黒竜江省牡丹江市生、74歳。立教大在学中から訳詞を始め、約4千曲を作詞。作家転身後の平成12年に「長崎ぶらぶら節」で直木賞。舞台の脚本や演出でも活躍。主な小説に「兄弟」「赤い月」。

筆者には『昭和が面白い』半藤一利編(文春文庫)でその出自は知っていた。すなわち「中国満州からの引揚者」であったことによる。内容は詳説しないが、ただ茫然とその内容に驚くばかりである。その書は作家・半藤一利氏を中心に鼎談なのだが、もう一人は数学者の藤原正彦の母親で作家・新田次郎の妻であった藤原てい。読み返してみたが、藤原家も中西家も紙一重の差で生還できた。なかにし礼の父親は、満州で財を成したが帰国直前亡くなった。両親は、元は北海道小樽市に在住していた。「兄弟」で赤裸々に描かれた兄、代表曲「石狩挽歌」はこの小樽が背景になっている。

テレビ朝日系列の昼番組「ワイドスクランブル」のコメンテーターだったが、本年03月05日の放送で「食道がん」を報告、治療のため休業。10月01日より復帰。やはり元気なころより精彩がないのは仕方がないのか。ウィキペディアの検索では、石原裕次郎との邂逅があったらしい。
≪シャンソンの訳詞を手がけていた頃、最初の夫人との新婚旅行中に静岡県下田市のホテルのバーで「太平洋ひとりぼっち」を撮影中の石原裕次郎と偶然出会い知遇を得る。石原に「シャンソンの訳なんてやっていないで、日本語の歌詞を書きなさいよ」と勧められ、約1年後に作詞作曲した作品「涙と雨にぬれて」の原曲を石原プロに持ち込んだ。数ヶ月後、石原プロがプロデュースした「涙と雨にぬれて」がヒットする。≫意外に知られてないが、この曲は自ら作曲もしたデビュー曲で、その後を約束するデュエット曲の名曲でもある。競作でフランク・永井・松尾和子の当時の黄金コンビの歌もある。

以下筆者が好きな代表曲。

◇知りすぎたのね ロス・インディオス 1968年 作曲・なかにし礼
◇君は心の妻だから 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 1969年 作曲・鶴岡雅義
◇今日でお別れ 菅原洋一 1969年 作曲・宇井あきら
◇恋の奴隷 奥村チヨ 1969年 作曲・浜圭介
石狩挽歌 北原ミレイ 1975年 作曲・浜圭介
◇時には娼婦のように 黒沢年男 1978年 作曲・なかにし礼
◇ホテル 島津ゆたか 1985年 作曲・浜圭介

クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/12/28  19:24

高倉健・映画  映画TV
20代からの付合いの友人は数人居る。その一人から小生が「高倉健」のファンだとは思わなかった、と電話があった。その友人は最近になってパソコンを始めたばかり。2歳年長である。40年来ひとことも高倉健に言及しなくても、小生のブログをきちんと読めば納得して貰えると思うが、誰でもそうだと云われればそうだが、この友人もせっかちで、小生の説明などあまり耳を貸さない。

≪筆者の10代は、昭和30年代と重なる。中学入学時に上京した折、まだテレビは一般家庭に普及しておらず高値の花。中学生の娯楽はむろん映画だった。封切館から三番館まで映画館は多く“55円三本立て”が貧乏な!筆者にはいちばん相応しかった。安価で時間が過ごせるからである。≫

再三このブログで叙述しているから繰り返さないが、中学生時代、物理的には“映画”しか時間をつぶす手段が無かったことになる。云わば高倉健はファンなどと改めて云うものではなく、特別な存在となのでもなく、吉永小百合と共に当たり前の存在だっただけのこと。だからサラリーマン生活を終え、年金生活になってから「高倉健」の映画を鑑賞し直しているのは、人生を振り返ることと同義語でもある。早死にした「古今亭志ん朝」のDVD鑑賞も同様である。

アマゾンで購入した高倉健のDVDは、5枚組セット+2枚、3本追加して10枚になった。
◇『駅 STATION』昭和56年◇『海峡』昭和57年◇『居酒屋兆治』昭和57年
◇『夜叉』昭和60年◇『あ・うん』平成元年
◇『ホタル』平成13年◇『冬の華』昭和53年

◇『四十七人の刺客』平成06年・1994 監督・市川崑
 中井貴一・宮沢りえ・石坂浩二・小林稔侍・森繁久彌
◇『君よ憤怒の河を渉れ』昭和51年・1976 監督・脚本 佐藤純彌
 原田芳雄・池部良・中野良子・大滝秀治・倍賞美津子
◇NHK90分ドラマ『刑事』平成07年・1995年 早坂暁脚本
 田中好子・寺田農・谷啓・鈴木京香・石原良純

高倉健が初めてNHKの密着取材を容認、この夏75分・50分のドキュメンタリー番組があった。このドキュメントは都合10回以上は見ている。この内容も見れば解るが75分の「仕事の流儀」が大晦日のBSで再放送される。続けて大晦日の深夜に計6本の映画が続けて放送される。このうち深夜の3本は見て居ないので楽しみである。昭和30年代の「東映映画55円三本立て」は、“押上シネマ”の記憶と共にまた記述したい。

◇『幸福の黄色いハンカチ』昭和52年・1977 監督・山田洋次
 倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、渥美清
◇『駅 STATION』昭和56年・1981 監督・降旗康男
◇『居酒屋兆治』昭和58年・1983 監督・降旗康男
◇『野性の証明』 昭和53年・1978 監督・佐藤純彌
 薬師丸ひろ子、中野良子、三國連太郎、夏八木勲
◇『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』昭和41年・1966 監督・佐伯清
 池部良、三田佳子、菅原謙二、津川雅彦
◇『遙かなる山の呼び声』昭和55年・1980 監督脚本・山田洋次
 倍賞千恵子、吉岡秀隆、ハナ肇、渥美清、武田鉄矢

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/12/14  23:30

期日前投票  政治
今日12月14日は「赤穂浪士討ち入りの日」、江戸時代も政権が安定してきた頃の話。この日本史的事件はどの部分が事実で、どこまでがフィクションか解らないので、小説でもノンフィクションでも、ことに映画・TVドラマでは作品が多い。制作費用は掛かるとしても、それだけ作り手の意欲をそそるのだろうし、大河ドラマになりうる。大石内蔵助も吉良上野介も大物俳優でなければならない。今日はBSで市川昆監督・高倉健主演の『四十七人の刺客』として放送された。だが筆者は、今年夏の封切だった『あなたへ』を観て以来、最近の高倉健の作品は見ていなかったので前記の映画と共に10本を購入している。『夜叉』『駅』『あうん』などは文句なくいい。閑話休題。

12月16日は、総選挙。「期日前投票」を済ませた。筆者が投票権を得たころから16回目の衆議院議員選挙である。最初の選挙は、昭和42年「黒い霧解散」と云われた。中選挙区で当時は墨田区業平在住、東京6区、定数4議席である。共産党と公明党が1・2位の指定席で、残り2議席を三人の自民党議員が争うと云うパターン。よく判らず2度は自民党に投票。三回目の昭和47年は「田中角栄内閣」、日本共産党が37人も当選したことを覚えている。筆者は
47年・51年と民社党に投票して落選した。54・55年は「新自由クラブ」だった。

今回の46回総選挙はひどい。神奈川15区の立候補者は、自民党・日本共産党の二人。西から二宮町・大磯町・平塚市・茅ヶ崎市・寒川町と範囲は広い。もう投票する前から、小学生でも当選者は解る。昭和30年代の河野一郎から、二世は河野洋平、その子は「河野太郎」、政治家も三世になれば(鳩山由紀夫は四世だが)才能がある以前に、地盤も看板も“カバン”もあって、まるで努力しない歌舞伎役者のようなもの。河野一族の寡占状態だ。むろん筆者がこういう人に投票するわけはない。湘南には気骨ある政治家は育たない。

◇沖縄普天間基地問題、◇「オスプレイ」沖縄配置、◇尖閣諸島問題

の三つの問題は精査して、それぞれにタテマエ的評論は止めて、ホンネで有無を言わせぬ?論考の披瀝と思っていたが、タイミングは遅くなった。6月末に腰椎を痛めて、半年間を経過しても一向によくならない。夫々はある程度の客観的な考察と現実認識論が必要である。それには時間という物理的、“やる気”という精神力も必要。いま筆者には、そのどちらもない。

中国や北朝鮮がやっていることは、「確信犯」なら、日本も手を拱いている必要ない。「憲法9条」で交戦権が否定されているからと云って黙って領土を取られていいのか。ここのところの中国の「尖閣諸島」への明らかな乗っ取りを前提とした挑発行為、「北朝鮮のミサイル発射」と、報道だけで判断すれば、日本の政治体制変革のタイミングに合わせたかのようである。だが日本は今、領土など騒いでおられない経済状態である。中国とて北朝鮮とて国内の政治・経済は日本より悲惨な状態なのだが、全体主義の国柄なら隠すのは得意だ。

社民党や共産党のように「憲法09条」を断固守って、「外交力で解決を」が、殆ど空しく聞こえる昨今だ。まるで日本の保守勢力・自民党に「勝って下さい」と云わんばかりである。中国と北朝鮮のおかげで自民党は確実に議席が増えそうである。だが自民党の「日本を取り戻す」なる安倍晋三総裁のCMは文字通り舌足らずである。筆者は耳が悪いのか、耳鳴りのせいか「とりもろす」と聞こえる。小さな列島国家から領土が漏れないように願いたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/12/9  20:08

ブログ中断  身辺世相
総理大臣の“ヤケクソ解散”で、そろそろ民主党政権も終了であろう。
筆者の隠棲する神奈川県平塚市など、民主党は敵前逃亡で、自民党、河野太郎と日本共産党の女性候補のたった二人。選挙当日の午後8時、投票終了と同時に当確が出そうである。筆者の20歳からの16回目の衆議院議員選挙でもっともつまらない選挙になった。

目下、体調不良でブログ記事が滞っている。10月に投稿予定を出して記述したのは、
◇悪役俳優・遠藤太津朗「京都殺人案内」
◇経験的「福耳」の二つのみ。
以下は評論家なみのお題目だが、実は客観的にはたいへん難解。いくつかは年内の投稿予定なのだが…。

◇沖縄普天間基地問題
◇「オスプレイ」は危険なのか
◇尖閣諸島問題
◇ベクレルとシーベルト
◇セシウムと放射能汚染
◇福島原発国会事故調査委員会その後
◇東京電力・霞ヶ関経産省
◇小泉政権と竹中平蔵
◇大阪都と道州制
◇首都圏直下地震と自衛隊
◇両論並立と玉虫色
◇昭和16年「日米開戦」の真犯人

添付は自宅車庫の満天星(ドウダン)。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ