2013/1/15  9:33

ヨイトマケの唄  昭和史
筆者の掲示板には、撮りたての画像を記事と共に投稿していただける方がある。有り難いことである。Tomikokoさんはその一人。関西在住で今上天皇と同世代。つい先日は「NHK紅白歌合戦・ヨイトマケの唄」の感想だった。≪77歳の美輪さんの「ヨイトマケの唄」は、戦前、戦中、戦後の激動の時代を、貧しく苦しくとも互いにかばい合い、生き抜いた親子の絆を描いた歌ですね。SMAPの木村拓哉さんが「親が子を思い、子が親を思う、無償の愛の歌をお届けします」と紹介したが、私たちの昭和の歴史ですね。暗転したステージに「父ちゃんのためならエンヤーコーラー」と、振り絞るような声が響く。民族音楽を思わせる太鼓が続く。60年ほど前のニッポンの原風景を綺麗に歌いました。私は一番感動しました≫

筆者の返信は以下の通り。≪「こんにちは。今日は外は冷たい雨で、こちら方面の風物詩「どんど焼き」は中止です。明日に延期でも雨に打たれたものが、明日は燃えるかどうかです。小生は最近「紅白歌合戦」は見ていません。島倉千代子・都はるみ・八代亜紀の演歌御三家が出ないのはどうか、と思います。美輪明宏は残念ながら見ませんでした。ですがこの人の「ヨイトマケの唄」は評価しています。昭和41年の発表です。ビートルズが来日、公演しました。当時小生は20歳代前半。レコードも購入、所持保存しています。≫(以下、三輪の経歴・昭和41年はウィキペディア参照・引用)

当時の丸山明宏は31歳。後、三島由紀夫の戯曲『黒蜥蜴』で、その地位を不動のものとする。「シスターボーイ」と称され、“その道”の先駆者だった。 三輪明宏は長崎原爆の被災者でもある。昭和26年・1951年の春に国立音楽大学付属高校進学の為、15歳で上京。家業の倒産をきっかけに中退、翌1952年、当時17歳の美輪は、銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』の美少年募集の張り紙をきっかけに、銀巴里との専属契約を交わし、歌手デビュー。その後の活躍と華麗な交遊は本人の才能と努力のたまもの。三島由紀夫、吉行淳之介、野坂昭如、寺山修司、なかにし礼等、文化人の支持を得る。

昭和41年頃、筆者は、まだ住み込みの活版印刷の植字工だった。レコードを鳴らすステレオ装置は所持していなかったのに何故購入したのかは記憶にない。ビートルズ公演のときの武道館周辺のものものしい警備が記憶に焼き付いている。4畳半のアパートを借りたのは翌年、昭和42年のこと。「ヨイトマケ」の意味は、筆者の世代なら解るし、その情景も見ているに違いない。便利な時代で隔世の感がある。美輪明宏の絶唱はユーチューブですぐに見ることができる。蛇足ながら昭和41年・1966年は、飛行機墜落が多かったのは何故なのか。今のロシアの事故は飛行機そのものがが古いこと。ベテランの操縦者が少ないからだとの指摘がある。

 住込みの北向きの部屋に寝ねをれば南京虫は夜な夜な現はる
 売り出されし即席ラーメンを煮込みたる彼の朝食は喉を通らず
 荷を載せて靖国通り上り来てビートルズ公演の騒ぎに遭ひき

02月04日 全日空機が東京湾に墜落。(全日空羽田沖墜落事故)
03月04日 カナダ太平洋航空402便着陸失敗事故。
03月05日 英国海外航空機空中分解事故、乗員乗客124名全員が犠牲。
11月13日 全日空機が松山沖に墜落。

04月01日 メートル法完全施行。尺貫法、ヤード・ポンド法使用禁止。
04月29日 東京都中央区銀座にソニービルがオープン。
05月15日 日本テレビ系の演芸番組『笑点』放送開始。
06月29日 ビートルズ来日。日本武道館公演。06月30日、07月01・02日。
09月07日 明星食品が「チャルメラ」を発売。
12月27日 第54国会召集、衆議院解散(黒い霧解散)

◇ヒット歌謡曲
君といつまでも(加山雄三)、悲しい酒(美空ひばり)、
柳ヶ瀬ブルース(美川憲一)、恍惚のブルース(青江三奈)、
夢は夜ひらく(園まり) 星影のワルツ(千昌夫)、
唐獅子牡丹(高倉健)、星のフラメンコ(西郷輝彦)

◇直木賞
第55回(1966年上半期)立原正秋『白い罌粟』
第56回(1966年下半期)五木寛之『蒼ざめた馬を見よ』

◇テレビドラマ
大河ドラマ「源義経」(出演:尾上菊之助・4代目、緒形拳)
朝の連続テレビ小説「おはなはん」

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ