2013/5/29  9:01

大阪の恥  政治
大阪市長の「橋下徹」は窮地に立たされた。筆者はとくにこの人物のファンでも同調者でもないが、何だかメディアの“狙い撃ち”のように思えて仕方がない。殊に「朝日新聞」はどうも性質(タチ)がよくない。「慰安婦問題」がどうして橋下市長の口から出たのか判らないが、上手く乗せられたように思う。いつだったか「週刊朝日」に橋下の父親を誹謗中傷する(ノンフィクション作家の文)の記事が出る前に問題視された。父親がいわゆる“部落問題”の地域に住んでいたとか、暴力団団員だったとかは、どう考えても橋下の政治活動には関係が無い。こうした記事を一旦は掲載しようとしたことが既に意図的である。このメディアが謝罪して終了したが、何か“意趣返し”のおもむきである。この新聞はとにかく「慰安婦問題」は、徹底して戦前の軍部を否定する謂わば“道具”のようでもある。常に反体制を気取る新聞だが、どうも根本的部分の位置では、日本を“支配する基本層”の意識があるように思う。

筆者が、橋下を支持するのは実に単純。母子家庭で苦労して司法試験に合格。弁護士活動からTV番組に出演。そこからのいわば“出世”である。大手メディアは、田中角栄首相同様に、こうした成り上がりの政治家を嫌う傾向にある。産経新聞が、何が何でも「小沢一郎」を嫌うように…。この新聞も徹底している。刑事事件でも強制起訴でも無罪だったのに、ともかく徹底してこき下ろした。小沢一郎は、今や見る影もない。橋下も同じで“有力メディア”に狙われたなら、あとは急降下だけである。関西人のホンネの支持を恃むしか方法はない。「慰安婦問題」の橋下発言は根本的部分では間違ってはいない。とにかくこの問題が「女性の人権問題」に矮小化されると、もうこの“全体の空気”は消す術はない。

止せばいいのに超党派の女性の議員が記者会見を、それも二度して同じことを言っている。問題の本質を精査しないで「慰安婦」“容認”の空気が醸成されたなら、これはいくら弁明しても多分ダメだろう。彼女らは“問答無用”である。多分太平洋戦争の実態など「高校の教科書」風にしか知らないと思われる。慰安婦は、昔の軍部の強制連行が組織的には無かった(100%では無いが)ことが最近の近代史では主流である。橋下は、辻元清美衆議院議員に「あんたは大阪の恥だ!」と罵られた。自分はどうなのか、秘書の給与をネコババして警察に逮捕されたのを、もう忘れているらしい。自分のほうがよっぽど「大阪の恥」なのではないか。“舌禍”と“ネコババ”ではどちらが悪いか。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2013/5/28  9:05

東京優駿  身辺世相
一昨日、中央競馬のダービー(東京優駿)があって武豊(たけ ゆたか)騎乗の「キズナ」が勝った。武は馬に恵まれている。これでダービーは5勝目。惜しくも2着は「福永祐一」騎乗の「エピファネイア」。一旦は先頭に立ったのにいささか残念だった。

筆者は、昨年4月末「青葉賞」で儲けさせて貰った「フェノーメノ」をダービーでも再度購入、これも運がいいのか三万円ほど儲かった。今年もと思ったが、昨年同様、蛯名正義騎乗でやはり青葉賞を勝っていた「ヒラボクディープ」は、ねらい目だが、どうも名前が言いにくい。足腰の筋肉も衰えていて「横浜場外馬券」売場まで行けなかった。出かけていたらむろん大損だった。

歴代のG1クラシック競争の履歴を見ると、実況中継のアナウンサーが言いやすいサラブレッドがおおむね勝っている。これは偶然かも知れないが、命名は馬主次第だが、昨年までのダービーだけを抽出しても言いやすい。2012ディープブリランテ、2011オルフェーヴル、2010エイシンフラッシュ、2009ロジユニヴァース、2008ディープスカイ、2007ウオッカ、2006メイショウサムソン、2005ディープインパクト、2004キングカメハメハ、2003ネオユニヴァース。

「キングカメハメハ」だけは言いにくいが、実況中継のアナウンサーは、騎手の勝負服(馬主特有のデザイン)、ヘルメットの色(1枠が白〜8枠はピンク)をスタート前に覚え込む。関西テレビの杉本清は名調子だった。福永祐一はゴールが10b手前なら勝っていた。この騎手は牝馬には恵まれてG1を4勝している。競馬も「運・不運」でまさにギャンブル。騎乗技術だけでは済まない。

筆者の記憶にあるのは、父親の「福永洋一」が昭和54年03月騎乗した牝馬「マリージョーイ」が落馬、自分は舌を噛み切り、脳に致命的な重傷を負った。他の騎手なら死んでいた筈。それだけ運動神経に恵まれていた。先を行く馬の落馬に反応、外側に避けたのが仇、反応が鈍く、そのまま直進していたら助かっていた。幸運の女神は居なかったことになる。福永洋一は団塊世代生、今は幼児の頭脳になり車椅子生活である。祐一の02歳の時だった。それまで昭和45年から9年間も最多勝騎手で“天才騎手”と称されたがダービーに縁がなかった。福永祐一に勝たせたいものだ。

昭和52年04月「皐月賞」、福永洋一騎乗「ハードバージ」が勝った。これは“天才的騎乗”と今でも語り継がれる。枠番「2─2」で7210円、6万円も儲けさせて頂いた。福永親子への思い入れが多である。

画像は福永親子。ヤフー画像より拝借。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/27  10:42

道祖神のある町  身辺些事
今年になって滞っている拙稿『戦争の昭和史』を推敲・訂正してきた。長文の“作文”は殆ど読まれないが、中には奇特な人が居て、きちんと読んでいるらしい。以下2点は今年春、3番目は今月05月完成・改訂。

「私解 戦争の昭和史5 日米開戦前『母べえ』の時代」
「私解 戦争の昭和史7 敗戦の決断はなぜ遅れたのか」
『私解 戦争の昭和史6 帝国陸海軍は何をしたのか─「インパール作戦」の一考察』
http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/mumyouan/mumyouS06a1.html

いずれも筆者は、戦争最中に生まれたので肝腎なことは体験していない。いきおい文庫・新書などからの引用文が多い。だが専門家の著書の主張を、さも自分の考えのように指摘しても、それはただの読書感想文の域を出ない。引用はきちんと明記してあとは自分の主張には工夫を凝らしたつもり。

世情は“橋下徹”発言で「慰安婦問題」などが騒がれているが、これは殆ど橋下の発言が正しい。慰安婦などと言おうものなら忽ち女性の尊厳の問題にすり替えられてしまう。「全体の空気」はげに恐ろしい。小学校の英語教育がより踏み込んで義務化されるらしい。『国家の品格』が言うように先ずは、「国語」と「日本史」に多くの時間を割くべきと思うのが筆者の主張。

準備中は、次の通り。
「私解 戦争の昭和史6−3 軍部は何故支持されたのか」
「私解 戦争の昭和史8 昭和天皇論」
「私解 戦争の昭和史9 あとがき」

「私の好きな歌人 斎藤茂吉」
「私の好きな歌人 若山牧水」
「私の好きな歌人 北原白秋」

◇中央配置への推敲中ページ
「私解 戦争の昭和史3−2 日米対立」
「私解 戦争の昭和史3−2 日米交渉」

「日米対立」は安倍晋三首相の大伯父“松岡洋右”「日米交渉」は、“近衛文麿”に焦点を当てる。以上8点、『日日耗日』記事30点、『短歌文庫』上梓が今年の目標。

“道祖神のある町”の風景。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/25  9:10

椿三十郎  映画TV
メールが、必ず日に一度は来るが、何も買い物はしないのが「セブンネット」「らすた」「楽天」。この三社は2度の“配信停止”でようやくメールが来なくなった。最早老人世代は、食料品・日用品・書籍以外は購入するものがない。「アマゾン」だけは、よくDVD・書籍を注文するから配信停止はしなかった。アマゾンは「代引き」でない場合でも、コンビニで支払うともう次の日には配達される。量が多いと宅配便、DVD一枚なら日本郵便。

デジタル時代なので8ミリテープ、デッキはとうに消えたが、もうVHSテープも販売されていない。近くの「伊勢原書店」では併設の「貸ビデオ」コーナーも姿を消した。「TSUTAYA」は、どうなっているのか、秦野市は不採算店舗なのか、アダルトショップになってしまった。

8ミリ・VHSテープはいまや“燃えるゴミ”に出す。もう25回×20本を処分した。黒澤明監督の映画も数本を残してメイキングなど大半を処分した。ところが何度も見た記憶のある「椿三十郎」も処分したらしい。「用心棒」「七人の侍」「天国と地獄」は保存してある。そこでやむなく「椿三十郎」のブルーレイを注文した。名作「生きる」などはNHKBSで録画してある。

近頃BSで平成19年に封切になった“リメイク版”の「椿三十郎」を見た。監督は先頃亡くなった、森田芳光、主演が織田裕二・豊川悦史、むろんカラー作品だから椿の白・赤が鮮やかで美しい。昭和36年の黒澤監督の場合、モノクロである。主演は三船敏郎・仲代達矢、その迫力たるやリメイク版が叶うわけがない。脇役の若侍とて田中邦衛・加山雄三・平田昭彦である。申し訳ないが同じ脚本でも叶うわけがない。

ひとつ上回ったのは音楽。黒澤作品常連の「佐藤勝」が音楽。映画作品の作曲家だが「若者たち」の歌謡曲もある。後で調べるが音楽担当の大島ミチルの音楽は良かった。むろんレコードにしろ映画にしろ“ステレオ”になったのは、昭和38年以後。黒澤作品とリメイク版が違うのは、三船・仲代の最後の決闘シーン。森田作品は殺陣に工夫を凝らしていた。間抜けな“ツラ”の上代家老の伊藤雄之助・藤田まことでは、藤田はあまりに丹精で前者の演技力に遠く及ばない。

8ミリVTRテープで残っているのはHDDに移行させようと思うが、その時間がない。BSで放送を待つに限る。上記の二つの作品を二つのデッキで同時に再生、見比べるのも面白いが、これは来週の話。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/19  20:44

橋下徹発言  身辺世相
橋下徹発言が物議をかもしている。
橋下大阪市長の“ぶら下り”取材のサービスがよく、却って逆の意味になってしまったように思う。「慰安婦は必要」「慰安婦を利用」のワンフレーズ+ワンフレーズが、どうも一人歩きしているように思うのは筆者だけか。メディアも面白可笑しく、橋下発言を精査しようとしない。橋下は慰安婦を肯定していないし、過去の事実を言っているに過ぎない。まるで日本のマスコミが韓国や中国政府の“出先機関”になったおもむきだ。天邪鬼の筆者は、どうもこの辺がよく判らない。

福島瑞穂」など超党派の女性の国会議員が数人、記者会見をして“橋下発言”を糾弾したのには、思わず笑ってしまった。この人達は国の税金から多額の報酬がある。“アベノミクス”がいいのか、TPPは大丈夫か。フクシマ原発がどうなるのか、真剣に考えてもらいたいものだ。そんな記者会見をしているヒマがあるなら、東北廻りでもして震災後の復興に寄与したらどうなのか。

橋下発言は“ホンネ”と“タテマエ”が交錯している。「従軍慰安婦」などは、戦後、日本人の学者が作った言葉である。従軍記者・医師・看護婦は居た。慰安婦・酌婦・芸者など“春”を売る女性も居た。現在の価値観でこれを非難するのは容易い。従軍・慰安婦などと国が関与したと無邪気に信じるのは、戦争を知らないことと同義語である。戦争最前線の兵士の「性処理」がタブーなのは古今東西変わらない。

橋下発言で間違っている確実なことがある。戦争を知らない世代は、新聞記者も同じ。日本の軍部が関与して慰安婦制度を作ったなどとは、一面的な見方である。真の意味は、“使い捨て”の日本の最前線の兵士が「花柳病(かりゅうびょう・性病)・梅毒」で使えなくなることで、これを検査することが最大の理由。使い捨ての兵士が使えなくなることを最も恐れたのは「大日本帝国陸軍」上層部。虫けらのように死んでいった家族を持たないとここは到底理解ができない。従軍医師の最大の役目がここにあった。

記者諸君は、太平洋・大東亜戦争を最大限煽ったのが自分たち大手メディアの先輩であることを肝に銘じるべきだ。

添付は散歩道。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/5/13  15:08

平成25年・神田祭  身辺些事
昔、ビデオカメラに凝っていたころ隔年ごとだが「神田祭」を撮影した。勤務先が神田明神下にあり、氏子だったからでもある。むろん昔はアナログテープの時代。デジカメが発達してきたころからは、またカメラ撮影に切り替えた。とにかく記憶にあるのは、平成08・11・15・17・19・21年。19・21年はホームページに記載した。今でも21年度は、まだ削除していない。13年は折悪しく?所属短歌会の“山形吟行会”だった。23年度は東北の大震災で中止になっていた。

毎月第二日曜は、江東区豊洲で月例の歌会だが、昨年からの腰痛と体調不良で“上京”すら困難になっている。今までは神田祭には必ず、車で出かけ、神田・ニコライ堂近くで車を留めていた。日曜日には、道路沿いの駐車場の料金収納が“解除”になっていたからである。祭には三段ほどだが、脚立がないと神輿も“麗しき”女性の担ぎ手も撮影できない。ところがいつも車を留めていた「ホテル聚楽」近辺の小公園は、高層マンションになってしまった。むろん車を留める場所とて思いつかない。有料駐車場はかなり高額である。

神田祭も歌会も行けないが、神田祭だけは生中継の「公式ライブ」が朝、8時半から12時間続いた。神田神社(神田明神)境内の“神輿宮入”が映された。しかしパソコンのフルモード画面にすると画像が粗く臨場感はあるものの人物までは判然としなかった。これは止むを得ない。いつものことながら勤務先の昔の町名を冠せた「神田金澤町」神輿は、神田神社のすぐ近辺なので09時ころ、今年はパソコン画面で拝見した次第。

手古舞”(てこまい)(てんてこまいの語源)は、神輿の先導役。江戸時代は、山車を守る「鳶」の役目だった。二年後には見学に行けるかどうかは判らない。“オジサン”としてはもう一度、華やかな「手古舞」を撮影したいものだ。

画像は「神田明神・ライブログ」を借用。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/9  16:54

配信停止  パソコン
何年か前に、野菜があっと言う間に様々に切ることができる“あっとスライス”を購入した。以来これを販売していた「らすた」なる会社から一日おきくらいメールのお知らせが来る。同様に書籍でも購入しようと「セブンネットショッピング」に申し込んだ。どこからどう知ったのか「楽天」なるネット販売の会社も同様。他にもよく書籍とDVDを購入する「アマゾン」、一度“紅葉の旅・湖東三山”を申し込んだ「クラブツーリズム」、パソコンの「ソニー」「NEC」「GMO」「アドビ」と盛りだくさん。一日に10件は溜まる。

もはや年金生活で、製品購入には限度がある。更に“体調不良”につき、それらは、DVD販売のアマゾンくらいしか使わない。そこでせっかく“お知らせ”頂いても無用なので“配信停止”をお願いした。らすた・楽天・セブンネットショッピングの3件。停止をお願いすることは、メールアドレスを知らせることになる。これは止むを得ない。確かに3件のネット販売のお知らせは無くなってはいないが、少なくなった。購入する原資が無いので仕方のない事である。蛇足になるが「楽天」は社内の言葉が“日本語禁止”ですべて英語を使うのが規則になったと報道で知った。母国語・日本語を喋ってはいけない会社など、筆者には真面目なつもりでどこか“狂っている?”としか思えない。最近では、喫煙者も採用しない会社があるらしい。

どこでどう検索したのか「○○ワーカー」なる会社、「無修正DVD」も、雨・アラレである。前者は自宅でパソコンの打込みで「月18万円の収入」、後者は、若い女性のSEXシーンの“ボカシ”のないDVDであろう。パソコンワークなど、筆者が想像するに、会員になるだけで高額な会員料金を請求されるのがオチ。DVDに至っては、青少年ではあるまいし、老人には需要がない。なかには“岸恵子”のようにお盛んな老人も居るだろう。こうしたネットの“配信停止”をクリックすることは、筆者のメールアドレスが存在することを知らせるだけである。

今日、街中に出て少ない髪の毛を刈った。同時に「春のジャンボクジ」を交換した。当選金を確認していなかったが、20枚で3000円が一枚当たっていた。配当金は3600円。何故か、高額馬券をゲットできるネットの「ギャンブル予想」会社もある。そんなに当たるなら人に教えないで自分で買えばいい。

一昨日写した富士山。風が強ければ“世界文化遺産”は丸見えである。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/5/4  18:21

世界遺産登録  身辺世相
05月01日のトップニュースには、ユネスコの諮問機関が≪富士山の“登録がふさわしい”との勧告≫だった。01日は、例年メーデーだったが、これはどうしたことか。マスコミもあまり取り上げない。富士山登録で、NHKでは、富士吉田市の“市長”が奇妙な声をあげて喜ぶシーンが放送された。天邪鬼の筆者としては、そんな女学生のような“はしゃいだ声”をあげることでもなかろう、と思うばかりだ。富士山は遠くから見れば美しい“神の山”だが、実際近くに行けば“汚い山”が露わになるらしい。だが、それは数年前の“世界自然遺産”に落選したときの理由。マスコミも“垂れ流しのトイレ”の事実を放送していた。

今度は、富士山が「文化遺産」とは如何なる理由か。自治体の市長の感覚なら「町おこし」にうってつけで、思わずはしゃいでも不思議はない。だが「文化遺産」ならいささか疑問符がつけられる。「白神山地」や「屋久島」なら自然遺産は相応しい。だが日本一高い山が、それも文化遺産なら他の日本文化はどうなるのか、と単純に“天邪鬼の角”が出る。

筆者の暮らす平塚市西北部は、夏場の空気の暖かいときは、厚い雲で見えないが、冬季はよく見えてそれが当たり前である。有名な「葛飾北斎」の絵では、波が“富士山を掴む”ように描かれている。欧米の人には、この浮世絵感覚があるのかも知れない。「三保松原」「鎌倉」が落選したところで嘆く程のことではないように思う。

法隆寺などの文化遺産、知床などの自然遺産は、なんとなく諳んじているが、ウィキペディアで調べると“記憶遺産”で≪炭鉱記録画家・山本作兵衛が描き残した筑豊の炭鉱画≫は、文化遺産ではない。こうした底辺の画家が残した絵画のほうが、日本の近代史として「世界遺産」には相応しい、と思うのは筆者だけか。富士山は活火山である。爆発して醜くなっても“文化遺産”だから取り消しはないのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ