2013/6/28  19:05

ベルルスコーニ  身辺世相
天邪鬼を標榜する筆者にとって、このブログで一度は感想を記述したかったのが、イタリアの元総理大臣シルヴィオ・ベルルスコーニ、76歳。華々しい活躍を報道されているのが「女好き」である。3年前17歳の少女を買春。何とベルルスコーニは450万ユーロ(約5億7600万円)を支払ったと主張。以前日本の総理大臣で、芸者を30万円で買春して、二か月で総理の座を去った政治家とスケールが違う。最近、イタリアの裁判所は、禁錮7年の有罪判決を言い渡し、同時に終身の公職禁止も言い渡した、との報道だがこれが確定ではないだろう。

イタリアは、欧州の小国だが、歴史はスペインと共に古く“世界遺産”は最も多いと認識している。ベルルスコーニの政治的地位、実業家としての按配、イタリアの政治状況、は本当のところはよく解らない。何より人物としての出自はよく解らないし興味もない。だがこうした人物が長くイタリアの総理大臣を務めたことは事実だし、それなりの才覚があったのではないか。日本で云えば田中角栄+竹下登+宇野宗佑÷3×3倍?と言ったところ。

顰蹙を買うが、宇野宗佑元総理の「買春」は、芸者が30万円で買われたことを告白したのが筆者には「何だかなあ」の感想。竹下登の「リクルート事件」は、明らかに派閥の親分が“政治資金”を必要したのが真相。田中角栄元総理の「ロッキード事件」は昭和47年ごろの「繊維品問題」で“アメリカの虎の尾”を踏んづけたのが究極の真相と、今では謂われている。唯一の証拠であるロッキード社の責任者の証言に対して、反対尋問が出来なかったことが挙げられている。

政治家絡みの日本の裁判は、有罪と決まったらどこまでも「有罪」は覆らない。最近では昔の栄光はいずこ、場末のクラブのマダムのようになってしまった「生活の党」小沢一郎代表。裁判で無罪になっても“わが産経新聞”には徹底的に嫌われた。メディアに嫌われたらもうダメである。どんな状況でも“やっつける”文章力は、大手メディアは保持している。唯一「週刊ポスト」は、援護している。ベルルスコーニが小沢一郎と違うのは、あくまでも“めげない”し、力も衰えないことである。賄賂、脱税、不正経理、マフィアとの癒着といったスキャンダルで過去20年以上にわたって100件以上の裁判で2500回も法廷に立っているとは、インターネットの記述で知った。

清廉潔白な政治家など役に立たない」が筆者の持論。艶聞もなく金銭関係も清廉潔白だが、役に立たなかったのが最近では「菅直人」、戦前では“東條英機”。この主張には賛同があるやも!? お後がよろしいようで…。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/6/24  10:23

浮動票  政治
昨日、都議会議員選挙が行われて、メディアが予測した通り、ものの見事に自民党圧勝、民主党惨敗となった。だがこんなことは誰しもが予期できること。内容はちっとも自民圧勝ではない。投票率が低くそれが後退した分、民主党が議席を減らしただけのこと。これは昨年末の「衆議院議員選挙」と同じ。今回の投票率は43パーセント。前回は55パーセント。前年の総選挙は69パーセントから60パーセントに激減。

どの党ももっともらしく勝者の弁、敗者の弁を表明しているがこれも教科書通りの回答。自民党の石破茂幹事長など10数年前の話だが、本来は「新進党」出身者で小池百合子などと同様、元祖“小沢一郎チルドレン”、自民党都連幹事長・石原伸晃に至っては、石原慎太郎の息子。親子は直接政治的には関係ないが、基本は同じで生理的に「小沢一郎嫌い」。

これも誰しもが判ることだが、某宗教政党は、投票率が下がれば、固定票が盤石、人口の多い各区ではほぼ二人の票割りが寸分違わないことになる。棚からボタ餅は日本共産党、17議席で第三党になった。これもすべての原因は投票率。どんなに解説を施してもほかの理由は見当たらない。筆者は民主党の支持者などではないが、民主党代表は、責任はあっても辞任する必要はない。これもメディアは了承済みだろう。唯一健闘は「みんなの党」、7議席獲得は健闘したことになる。

狭い地域でごちゃごちゃ暮らす東京都民には“横の連絡”が密な公明党、共産党は当然の結果。投票率が上がればハードルは上がり、民主党・維新の会などが顔を出す。07月の参議院議員選挙も同じ。すべては投票率だと思う。このような固定票は、筆者は、個人の問題だがいちばん忌避したいところ。“浮動票”なるものが本来の投票行動だろう。選挙はそのときの経済的状況の世相が反映する。

自民党圧勝だろうと、民主党惨敗だろうと“無風状態”の東京都庁・霞ヶ関官庁街は、ニンマリとしているに違いない。東京都の財政赤字は16兆円。毎日数100億の利子を払う勘定は聴いたことがある。胸をなで下ろすは自治体職員。死ぬまで働き続けるのが国民年金受給者の小規模自営業者。このパターンは変わらない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/6/22  14:07

男はつらいよ01  映画TV
06月11日、NHK・BSで「男はつらいよ11・寅次郎忘れな草」が放送されていた。このシリーズは平成17年〜19年、全48作が映画評論家?山本晋也監督の解説付きで放送された。筆者はむろん全部、劇場で見ているし全部録画もした。ところが当時は録画機も“毎週録画”などの機能はなくよく調べたら全48作のうち8作品も録画をしていなかった。見たい作品は、今後の放送を待つか、デジタルリマスター版を購入するしかない。11のマドンナは、浅丘ルリ子、舞台は北海道・網走。浅丘扮する流れの歌手“リリー”と初めて口を聞いて仲良くなり都合4本の作品になる。

いつもの癖で、何かのきっかけでこの映画を観賞すると立て続けに数本をみることになる。それだけ今はDVDディスクで鑑賞することが容易。15年前に全部を録画した8ミリ仕様録画テープでみたら32型のディスプレイでは見られた画像ではなかった。デジタルリマスターの松竹ソフトを購入すればおよそ16万円。筆者の毎月の年金といい勝負である。

連想ゲームのようだが、このブログの拍手の書き込みを時々頂く「金沢のじじ」さんで思い出したことがある。このシリーズ、高知県・富山県・埼玉県のロケが無かったことは記憶していたが、吉永小百合が、マドンナで確か「北陸の旅」があった筈で調べた。筆者の20代後半で昭和47年、49年に2作品があった。前者は、吉永扮する「歌子」が友人と北陸を旅している設定。後者は島根県・津和野だった。一輌編成の電車は、当時は“京福電鉄”ではなかったのか。平成17年ツーリズムのパック旅で能登半島へ行ったことがある。「永平寺」までの支線は廃線になっていた。今は京福電鉄ではなく「えちぜん鉄道」との由。

この映画との付き合いは深い。今では松竹株式会社のデータベースがある。みな夫々が自分のベストテンを持っているはずである。今日はここまで。

画像は「永平寺駅」廃線跡。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/6/17  20:18

梅もぎ  身辺些事
このブログ、今、カウントが異常なのは技術不足で判らないし、メールは一日に何度か「送受信エラー」が出て何でなのかも判明しない。ともあれ「拍手」のコメントは、少数の人だが書き込みを頂き有り難いことである。“金沢のじじ”さんをはじめ、書き込みは必ず読んでいて、承知していることをここに表明しておきたい。拍手のコメントは、「管理者」の作者しか読めない設定になっている。書き込みが誰だか判らない人もあり、名乗っていただくと更にありがたいことである。自分の主義・主張の記述は、天邪鬼を標榜していても極端な「反体制理論」や「アベノミクス讃辞」であっても客観性を欠いては、それはよくない。ただ中国・北朝鮮・韓国・ロシアなど言われ放題は更によくない。橋下徹の言い分を全部否定するのは、容易い。

昨年より「腰椎骨折」を発症、「睡眠誘導剤」の副作用か、「猛暑到来」が原因か、一日に三回ほど無力感、脱力感、身体の火照りがやってくる。驟雨をやり過ごすようにじっとしているしか方法はない。こんなとき庭の梅の大木!には、実は鈴なりで、筆者は今、梯子の上での作業は、足腰のふらつきで不可能。

義弟にSOSを出したのが一週間前、梅の実は青々としていたが、今日は半分ほどが黄色くなっていた。本日は義弟夫婦で来てくれてほぼ全部叩き落としてくれた、計測したら13・13・09Kで30キロ半ば。食用にいい梅ではないので、義弟は実を持たず帰った。明日朝、選り分けて少し近所に進呈。小生は黄色状態でも傷のないものを取捨、冷凍庫に保存、解凍するとき砂糖をまぶすとエキスが得られるらしい。とにかく「梅漬け」には適さない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/13  20:12

大国中国  政治
ここ二日間、筆者のブログは580、670回とアクセスが凄い。「拍手」が「ゼロ」なのもよく判らない。自分でアクセスしてもカウントされないから、理由が判らない。通常は20〜40回を推移しているからteacupの書き込み設定の問題かもしれない。なにしろ最近の筆者の天邪鬼理論?は段々長文になってきて、こちらの方が問題だ。

尖閣諸島の問題は、昨年の今頃勃興したものなので、頃合いを見計って、自分の国のものだと主張し始めた中国の態度にはびっくりする。ここでまともに縷々その歴史的経緯は述べるまでもない。素人でも判る大国!中国のプロバガンダだと思う。そういう領土問題があると日本に承知させようとしているのが現実だろう。こんな時に中国に味方して日本の国益を考えない元・自民党幹事長もいてこれもびっくり。

でも日本国民がみな冷めた見方をしているのは、こうした事実に興味がない“見て見ぬふり”なのではなく意外にそんなことはできないのを知っているからかも知れない。

◇中国漁船の海上保安庁巡視船へ体当たり
◇農水省の中国人スパイ問題
◇毒ギョウザ事件
も随分まえのことのように忘れられてしまった。人民解放軍が軍事力をもって「尖閣諸島」を乗っ取る心配する向きもあるが、そんなに心配することはない。習近平政権が今年発足して、日本と違って10年の政権だと言うのだが、この先10年以内には、中国は多分自壊するに違いなからである。その確かな証拠が中国全土の「水質汚染」。これはもう修復できないらしい。だから水源豊かな「日本の土地」を買い漁ることになる。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/6/6  11:30

更新112 春の薔薇  散歩道
「春のバラ・百合」のページにしたが、またまた「花菜ガーデン」に行ってきた。何とかの一つ覚えになる。開園以来三年間で47回目、厳冬期を除けば、何かしら花が咲いていて見どころは多い。NHKのニュース、関東ローカルニュースでも何度か取り上げられているらしく“春のバラ”の季節は、知られるところになった。06月03日は、月曜日なのに駐車場は、ほぼ満車。500台くらいは駐車可能。土・日は、最近は一般道まではみ出し、駐車場待ちになる。どうやら「花菜ガーデン」はかなり知られることになった。06月下旬以降は百合、ヘメロカリスが満開になる。

 筆者の住む平塚市は多分、財政豊か?だろう。北部には東海大学・神奈川大学があり、中心地に近いところには日産車体・パイロット・横浜ゴム・古河電池など大企業も多い。「湘南平塚七夕祭り」は今や全国区だが、このガーデンもかなり有名になって“売り”も増えたことになる。臨時バスも出るらしい。

 園内には展示場、イベント・スクール会場、植物図書館、園の脇には土産物店、レストランがある。この近辺で収穫されたものを食材にしたメニューもある。更には、園の西側には「産直売り場」があり、ここは年中にぎわっている。これらの関連施設には感心する。それまではこの広大な敷地は、農業試験場だった。財政破綻状態の「神奈川県」にしては少ない成功例か!

花の名に疎い筆者にはプレートが必ずあって有り難い。行く度に初めて聞く“バラ” “百合”がある。製作者の名が冠してあるのか。歩いても行ける距離は有り難い。添付は、百合「ジラド」。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/2  19:46

日本の恥  身辺世相
前回「大阪の恥」としてブログを記述したら二日間で300件くらいのアクセスがあった。常に天邪鬼の筆者は「橋下徹」に味方する内容だったが、これに反論する書き込みはなく、讃辞する?書き込みは1件と淋しかった。重複するが、橋下を支持するのは単純。母子家庭で苦労して司法試験に合格。弁護士活動のTV番組からのいわば“出世”である。大手メディアは、謂わばこうした“成り上がり者”の政治家を嫌う傾向にある。穿ち過ぎかもしれないが戦後は、メディアは「東大卒」の池田勇人、佐藤栄作、中曽根康弘などを好む傾向にあった。後記二人は“中学卒”の田中角栄が支え続けたにも拘わらず、である。

橋下徹は、単純明快な「喋り」でここまで伸してきたが、喋りが過ぎて墓穴を掘った。大手メディアの誘導尋問に引っかかった。今、メディアの怖さをひしひしと感じているだろう。橋下の論は大筋で間違っていない。

@「軍自体が、日本政府自体が暴行・脅迫をして…女性を拉致したとの事実は、今のところ証拠で裏付けられていない」
A「当時慰安婦制度は世界各国の軍は持ってたんですよ」
B「なぜ日本のいわゆる従軍慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるのか」

@は“証拠”が焼却された可能性が大だが、ABは真っ当な意見で、その通りだと思う。だがいけなかったのは、沖縄の米兵の性処理に「現代の慰安婦・風俗」はどうか、などと余計なことを言ってしまった。戦争最前線の“性処理”は、古今東西タブーである。タブーはタブーで明かしてはならないことで、綺麗ごとを言っていたら、軍隊は全員が同性愛者?になってしまう。橋下徹はあまりにも正直で若い。閑話休題。

筆者の記憶に朝日新聞の捏造記事があった。平成元年・1989年には「三大新聞」が捏造をやらかした。
朝日新聞 沖縄西表島の「サンゴ傷つけ事件」。
毎日新聞 グリコ・江崎社長の「知人4人逮捕」。
読売新聞 幼児誘拐事件の「宮崎勤アジト発見」

いずれも全部ウソである。殊に「サンゴ傷つけ事件」は酷いものだった。自分で傷つけながら正義を気取ったのである。こういうのを確信犯と称する。大手メディアがこういうウソを書くのは現場の記者が、テレビメディアの上を行こうとする焦りとの好意的?判断もある。だがウソはよくない。朝日新聞には、前例がある。1950年・昭和25年の伊藤律会見記事。レッドパージで潜伏中の日本共産党の幹部・伊藤律と接触して会見したとの“嘘っぱち記事”。昭和58年には“慰安婦強制連行”を創作した「吉田清治」なる人物の証言を大々的に報じた。この人物が「詐話師」だったのは今では常識。こうした自虐的発言は、何故メディアに喜ばれるのか。太平洋戦争を「欲しがりません勝つまでは」と“煽りに煽った”のが朝日・毎日新聞。それを少しでも薄める?行為が自虐史観と思う。これは筆者の素朴な見解。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ