2013/8/22  10:42

腰椎圧迫骨折  身辺些事
teacupのブログで数年前からご厚誼頂いている「なりひら」さんが“腰椎圧迫骨折”で10日間入院との由。ブログも2週間ほど休むとのことではなはだ気がかりである。

なりひらさんは、数年前脳梗塞を患い、右手に後遺症が残り杖歩行で半身不随、左手だけで旺盛な記事・投稿を展開されている。大手化学メーカーの管理職だそうで、杖歩行でも出張される。宝塚市在住だから、東京へも来られるらしい。その出張中の転倒骨折であるらしい。経緯は判らないが大事でなければいい。そういう筆者も「腰椎圧迫骨折」である。圧迫された骨は、元通りにはならない。多分これからは杖歩行でも腰部にコルセット装着は必至、たいへんだろうがリハビリに頑張ってほしい。もうお孫さんもいるし、HPの交遊もあるから、元気を出す理由ははっきりしている。

前回投稿の『少年H』は、どうやらフィクションであるらしい。フジテレビで美術担当だった妹尾氏が、自分の境遇と聞いた話を単に組み合わせたらしい。戦後の価値観ありき、で著述されたのは本人も否定できないらしく、甚だ“興ざめ”だ。戦後でしか知り得ないことを、当初反戦姿勢と描いていたらしく作家は本当のようなウソを書く典型か、原作を読んでいないのが救い?!

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ