2013/8/29  10:34

浅草  昭和史
テリトリー東京08 浅草
金龍山浅草寺は、坂東三十三観音13番の霊場。14番が、横浜の弘明寺で15番がいきなり群馬県だから、浅草寺を1番、2番弘明寺にして鎌倉へ行くべきとの地理上の順番を優先する説もある。事実、関西方面から坂東札所へ来る人は、ここを起点とすることが多い。鎌倉の1番・杉本寺は駐車場すらない。2・3番も同じ、とにかく鎌倉は狭い。発願が源頼朝だから鎌倉が起点なのは仕方がないが33カ所のうち08番まで神奈川県、飛んで14番が弘明寺となる。この経緯は解らない。ともあれ源氏政権が基礎の基礎。関東武士が本家の「西国33ヶ所」へ行かなくてもいいようにしたのがホンネ。

死しておおむね20年、時代小説御三家は司馬遼太郎、池波正太郎、藤沢周平。池波正太郎作品「鬼平犯科帳」の主人公・長谷川平蔵の役宅は江戸城・清水門に近い今の毎日新聞社付近。江戸城周囲などの名所は「鬼平」の随所に出てくる。その一つが浅草寺に程近い言問橋(ことといばし)の袂にある「待乳山聖天」(まっちやましょうてん)。“良縁良福を求めて祈願すれば必ず成就する”“夫婦仲が良くなると”との言い伝え。境内の中のあちこちに見られる大根と巾着。根の途中から二つに分かれている大根と巾着は「待乳山聖天」のシンボルとなっている。

東武浅草駅は、浅草松屋のビルの中にあり今は「スカイツリーライン」と名称変更されているが元は東武日光線、浅草から都心へ出るのは地下鉄しかなかった。だから一時は浅草は“陸の孤島”よろしく若者には見捨てられた?都内のローカルと受け止められた。蛇足だが、浅草─上野間は、戦前にできた地下鉄なので地面から一番浅いところを走る。だからエスカレーターはない。

今では「スカイツリー」で潤い、つくばエクスプレスも歓楽街「浅草六区」横に地下駅があって都心と繋がる。浅草の裏通りなど汚いイメージだったが、外人観光客など増えて筆者が青春を過ごした50年前と違って雑多な歓楽街を脱して歴史のある東京の下町散歩の雄となった感がある。

画像は浅草寺宝蔵門。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ