2013/9/30  13:13

日米開戦への道06-1  昭和史
日米開戦への道06−1 東條英機
2年前の06月に「清廉潔白の総理大臣」として“です・ます”調で記述したのが第40代総理大臣に就任した東條英機。現役の陸軍中将だった。ここに一部改めて再録する。結論を言えば今も昔も「総理大臣は軽くてパアがいい」の象徴的人物だった。

70年数年前、能吏と誰もが評価する「大日本帝国陸軍軍人」がいた。この軍人が兄とも慕う永田鉄山陸軍少将は、日本陸軍が生んだ最高の逸材で秀才だった。誰もが認める日本陸軍のエリートで将来を託された。だが日本の近代史は、暗殺・テロの繰り返し。昭和04年には浜口雄幸(はまぐちおさち)首相、昭和07年には犬養毅(いぬかいつよし)首相が暗殺され、昭和11年には、あの二・二六事件が起こり、高橋是清・齋藤實(さいとうまこと)元総理が暗殺された。「永田鉄山」は期待されながら、昭和10年、白昼、執務室で惨殺された。51歳だった、世に云う「相沢三郎事件」。近代日本の不幸はここから始まった。この軍人が生きて居れば「日米戦争」など無かったとも云われる。その永田の子分の軍人が能吏ゆえに押し出されるように陸軍内の序列に頭を出す。これが東條英機。翌年の2・26事件で更に多くの優秀!な軍人が粛清される。

東條は、明治時代末期、陸軍大学の受験に3度も失敗、そこで作戦変更、妻も手伝って出そうな問題は一年間かかって全て丸暗記した。大正元年に合格。だが卒業時に5番以内の「恩賜の軍刀組」といわれる優秀さには、程遠い下位の成績だった。司馬遼太郎は、戦後「村役場の受付で仕事をテキパキとこなす職員、およそ町内のことは犬・猫さえも知悉する町内会の会長さんのような人」と評した。

昭和16年、お公家様の「近衛文麿総理」が辞任、明治維新立役者の桂小五郎(木戸孝允)の孫で当時の内大臣木戸幸一は昭和天皇がお気に入り(実はうそ)の陸軍中将を総理大臣に推薦、大命降下された。今で云えばサクセスストーリーで、謹厳実直・日日是努力で総理大臣の地位に上り詰めた。結果として日米開戦のための組閣だった。「日米開戦GO」を決定せざるを得なかった。昭和16年12月08日の前夜、天皇の意向を守れなかったその軍人総理は世田谷区用賀の自宅で、夜中に皇居の方向に頭を下げ、さめざめと泣いた。

前列軍服が東條、右横は戦後A級戦犯に指定された鈴木貞一。最左列は嶋田繁太郎海軍大臣。最後列右縁は岸信介国務大臣。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/9/28  9:23

居宅介護02  身辺些事
この春、まだ腰痛がそれなりに落ち着いていたころ、右足は大丈夫だから運転して1キロ?ほど離れたコンビニへ「日用雑貨・飲料水」などを購入に出かけた。筆者の車の横に“軽”のワゴン車が停車、助手席から下りて来たのが後期高齢者?のオジサン。運転者は若い女性で作業用エプロンを着けていた。普通ならおじいちゃんが、孫娘の運転でコンビニに来たと思う。ワゴン車には「小規模多機能型居宅介護施設・そよ風」の字幕! これは即座に調べた。

≪小規模多機能型居宅介護とは、 住み慣れた地域で訪問、通所、短期間滞在の3種類のサービスを組み合わせて、介護その他の日常生活上必要な世話や機能訓練を行うサービス。3種類のサービスを顔なじみのスタッフから受けることができるため、人見知りしがちな方でも安心して利用できます≫との由。申し込んだのが07月半ば。認定の下りたのは2カ月後の09月後半。「介護保険の支援」をも利用して申し込んだのが階段・風呂・トイレの手摺、これも申し込みは代行してくれるが数多の書類にサイン、書き込みだった。要するに高額の入所金を必要とする「介護施設」ではない。「団塊の世代」も65歳を過ぎた。介護老人ホームは高額で満杯。家があれば居宅は止むを得ない。

◇介護保険 → 地方自治体
居宅介護 → 民間業者
◇福祉用具 → 民間業者
◇弁当配達 → 地域包括センター → 地方自治体機関

杖突き歩行は、情けないが運命、諸行無常、臥薪嘗胆、因果応報、自業自得、自己責任。筆者の杖は福祉用具の会社からの購入。3900円、高さ80p。09月20日より涼しさがやってきた。朝06時ころから平均4000歩、40分のウォーキングを開始。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/9/26  20:10

居宅介護01  身辺些事
このブログをほぼ毎日、読んでくれている方がある。その一人が元職場の同僚。自治体の「要支援1」の認定がやっと下りた。申請して2カ月。その「介護」の認定は、外科的に健康なら高齢者でなくても解らないのが普通。このブログで何回となく記述したが筆者の場合は「腰椎圧迫骨折」。これは骨折した者でないと更には判らない。その経緯は省くとして装着したコルセットは汚れたので市販の製品を新たに購入。これがないと足腰がへなへな状態。任意で購入したものに補助はない。

筆者が申し込んだのは、やっと覚えたが「小規模多機能型居宅介護制度」。“要支援1”は週に一度30分の生活支援。「30分の掃除」「買い物の付添」だけである。要支援2は、それが1時間になる。次回詳説するとして「要介護5」が最悪で「寝たきりの状態」になる。

要支援1 基本的な日常生活は送れる能力はあるが、歩行や立ち上がりなどに若干の低下が認められ、一部介助が必要。
要支援2 要支援1の状態より基本的な日常生活を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要。
要介護1 立ち上がり、歩行に支えが必要で、排泄・入浴・洗顔・衣服の着脱など部分的な介助が必要。
要介護2 立ち上がり、歩行に支えが必要で、排泄・入浴・洗顔・衣服の着脱などに一部または全介助が必要。
要介護3 自分で立ち上がりや歩行が出来なく、排泄・入浴・洗顔・つめ切り・衣服の着脱などに全介助が必要。
要介護4 自分で立ち上がりや歩行が出来なく、排泄・入浴・洗顔・衣服の着脱などの全般に全面的な介助が必要。認識力、理解力などに衰えもある。
要介護5 生活全般にわたって全面的な介助が必要。多くの問題行動や全般的な理解力も低下している。

添付は購入した湯船のグリップ。これだけで20160円。90%は、介護保険の補助がある。風呂場はかなり広いので?掴まるところが何もない。あると無いのでは全く違う。「小規模多機能型居宅介護制度」の実態は次回。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/9/21  16:29

アマゾン注文  身辺些事
ここ二日間くらいでとくに朝は涼しくなった。体調不良に加えて猛暑で動けなかった。日記に記述してあるが、30℃を越す炎暑になったのは新暦の七夕、7月7日、2か月を遥かに超える。09月26日頃から日中も25℃以下になるらしい。

自律神経を病んで、身体全体の循環機能が衰微している。思えば平成14年、定年まであと2年なのに勤務先から池袋まで講習に行った。五日間の最後は甚だ気分が悪かった。この頃から身体の変調があった。定年後の平成17年、アルバイト先の勤務終了後、気分が悪く自宅帰還後、熱中症に罹患、5時間、畳の上で動けなかった。仕事は葬祭場の交通誘導員だから、危うく自分が棺桶に入るところだった。昔は貧乏生活だったのに身体は“お坊ちゃま”だ。

昨日20日から朝方の気温が20度を下回るようになった。ようやく朝のウォーキングが可能になって5000歩づつ始めた次第。「要支援の認定」が下りて、夕食の配達は始まっている。手摺り工事は、手続きが煩雑で“ヤマのような書類”が待っていた。これはもうひと月はかかる。

家に籠る生活でよく見るのは「ヤフー」の地図、天気、アマゾンのDVD・書籍の案内。完成がいつか判らないが相変わらず「戦争と昭和史」を続けている。このブログで何度も繰り返しているが、昭和史の読書感想に過ぎないのは仕方ない。単行本・新書・文庫は数々読んだしおおよそ「日露戦争」から敗戦までは掴めているが、著書も少なく史料も少なくよく解らないのが3点。前記2点は多分に封殺されている。

◇近衛文麿の「昭和研究会」。
◇当時の外務省の思惑、主流・反主流の実態。
◇戦争の国家予算の裏付けと経済。

アマゾンである夜、注文すると翌々日届く。新刊は「代引」がかかる。古書はコンビニ支払で3日後。添付は中公文庫の新刊本。大日本帝国を経済面から著述、今日到着。月末の仕事が昨日到着。それ以後の読書が楽しみである。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/9/18  20:47

政治家・太郎  身辺世相
自民党衆議院議員には、名前に“太郎”さんが多い。調べないが二郎さんや三郎さんは少ないだろう。5年前の総理大臣は麻生太郎。筆者の選挙区は河野太郎、ほかに木村太郎、山田太郎も居るらしい。先頃、参議院議員に当選したのは無所属の山本太郎。

麻生太郎は、名宰相・吉田茂を祖父に持つ。その威光だけの政治家。いつも口が“への字”なので人気がない。歴代の財務大臣は、当然財務省の言いなり。麻生太郎は、自民党主流の宏池会(池田勇人が創始者)から外れた河野グループだった。むろん非主流。自民党総裁で総理になれなかった最初の人が河野洋平。一度「新自由クラブ」結成で外に出たが総裁になる。河野一郎の息子。親父も総理になれなかった。原発反対で大臣になれないのが河野太郎。もう衆議院議員当選6回。昨年の総選挙で最も票を集めた。筆者の住む平塚では毎回当選確実。だが筆者はこの人に投票したことはない。河野太郎は洋平の息子で三世だ。三世はいけない。鳩山由紀夫は4世。

先頃の参議院選挙で4位で当選したのは、売れない俳優だった“山本太郎”。原発反対と低投票率のお蔭で当選しただけだと思う。だが65万票だから重責だ。ミステリードラマよりほかに使えない俳優の再就職のような気もする。6年間で1億円の給料だから議席で眠っていてもいいことになる。6年間「原発反対」でいられるかどうか疑わしい。でも勢いで議員になれた人物ほど霞ヶ関官僚のいいなりだろう。6年間持つかどうか、である。でなければ何か古傷を法務当局などから突っつかれて議員辞職に追い込まれるか、である。

原発反対を貫くなら福島の「廃炉」「汚染水問題」などに邁進すべきだ。結婚・離婚などで騒がしてはいけない。時流に乗れば議員になれる典型。筆者も「腰椎骨折」などなければ立候補しただろう。6年間で「1億円」は美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2013/9/13  15:31

墨田区石原  昭和史
テリトリー東京 番外編 墨田区石原
昭和32年上京、最初に住んだのが墨田区横川橋、中学は墨田区石原の「錦糸中学」。校舎は「東京大空襲」で焼け残ったのか、3階建の3階は荒れたままだった。上京してすぐの感想は“川”が臭ったこと。墨田区・江東区の川は、縦横に整然としていて川と呼ぶより「運河」だった。これを利用して江東区には「木場」があって材木問屋がひしめいていた。筆者の通った錦糸中学は一学年8クラスあって、50×8=400人も生徒が居た。その後は生徒数が増し10クラス以上あったと聞く。筆者より5年後輩が、同じ短歌結社の○○みよ子氏。筆者と同姓である。この中学は現存する。

筆者が小さな印刷会社の住込み工員で都内を転々としているうちに、親交があったと思う級友と音信不通になった。すべては自己責任。「石原町四丁目」の商店街のなかに別の友人の名があった。そろそろ筆者の短歌文庫『相生坂』が完成する。これをいきなり送ってみることにした。

墨田区本所江東区深川は、昭和20年03月10日の大空襲で焼き払われた。実に10万人が殺された。以下は2011・03・15のブログの記述の再録。

10万人は、軍人・軍属ではなく無辜の東京市民、さすがにNHK・首都圏ニュースでは短いが、慰霊祭が行われたと報じた。ここでその経緯を詳説しないが、二年前「文藝春秋増刊 くりま・半藤一利が見た昭和」で、半藤氏は、その阿鼻叫喚を赤裸々に語っている。昭和05年生まれの半藤少年は、墨田区中川に火を逃れて飛び込み、船に助けられ、更に転落したところを名もない大人に襟首を掴まれ引き上げられ、とても裸足で歩けない惨状の道に、これも名もない人に靴を与えられて生き延びた、と証言している。川に飛び込めなかった子供連れの主婦がいとも簡単に炎に包まれたのも傍観せざるを得なかった。

米軍は大正12年の「関東大震災」を詳しく研究、どうしたら東京市民を大量殺戮出来るかを入念に考えた。B29爆撃機320機、投下爆弾38万発、1783トンでは「木と紙と土」でできた建物の下町は計算通り効果的だった。

広島・長崎の原爆、この大空襲も昭和26年の「サンフランシスコ講和条約」で不問に付された。卑怯の汚名未だ晴れない「日本海軍真珠湾攻撃」は昭和23年の「極東国際軍事裁判」通称東京裁判で不問に付された。これを追及するとルーズベルトの暗号傍受の経緯が明らかになるからである。この大空襲を指揮したカーチス・ルメイ米国陸軍少将に何故だか東京オリンピック開催の頃、日本国政府は「勲一等旭日章」を与えた。馬鹿らしい話だ。

大空襲でも救世軍のある神田、神田神保町、ニコライ堂、皇居は意図的に避けたとも云われている。筆者は何度も口にするが、戦争はリアリズムである。「欲しがりません勝つまでは」などの掛け声は小学生でも言える。日本を屈服させるまでは容赦のなかったアメリカ政府、負けた戦争を早く止められなかった日本政府の罪は重い。犠牲者は庶民である。

画像は“墨田の花火”。アジサイの一種。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/9/10  14:02

浅草02  昭和史
テリトリー東京08 浅草02
 あてどなく浅草に出でて十代の吾は「用心棒」も「ストリップ」も観き

渥美清・萩本欽一・ビートたけしなどそうそうたる喜劇俳優がストリップの間に行われる軽演劇出身。「浅草六区」は歓楽街だった。これは、明治時代に出来た浅草公園の一区画の名称。今、中央競馬の場外馬券売場があり、昔からの遊園地「花やしき」もある。隅田川対岸の「スカイツリー」、西側にはつくばエクスプレスの「浅草駅」も出来て賑わいが甦った。だが渥美・萩本・東八郎・たけしが修業した「浅草フランス座」は無く「ロック座」は今もある。筆者の昭和40年前後、休日は日曜日だけで錦糸町か浅草で過ごすのが定番。映画・ストリップ・食堂、貧乏な!少年には一日を過ごすのには丁度良かった気がする。

墨田区石原町の錦糸中学クラスメイトの遠藤○は漫才師になった。NHK漫才コンクールで1970年優勝。昭和40年代、映画館「浅草スカラ座」のこけら落し「こまどり姉妹ショー」の前座に出演、観に行った記憶がある。ただ漫才の世界の競争は厳しい。あまり面白くないとすぐ淘汰される。旧友“大空ひろし”いつの間に消えた。その後の消息は知らない。

浅草を歌った演歌も多い。戦前の「浅草の歌」は、藤山一郎、戦後は関敬六、小沢昭一が歌った。昭和40年前後、数年で姿を消したキングレコードの北見和夫「浅草の屋根の下」は、今でも諳んじている。この歌手はネットで検索してやっと本名が解り67歳の画像があった。

浅草には名店が多い。駒形橋近くにあるのが「駒形どぜう」。江戸甘味噌仕立ての鍋で鰹出汁のきいたタレでさらに煮込んで刻みネギを載せて食べる。柳川鍋・くじら鍋もある。本店は江戸の商家風の総檜造りで、大名行列を見下ろすことのないよう2階は黒漆喰で目隠しされている。「柳の下に二匹目のドジョウがいる」の縁起から、店の横には柳の木が植えられている。「どじょう」は旧仮名では正しくは「どぢやう」、初代がわざと命名した。「男はつらいよ42、僕の伯父さん」は平成元年封切、駒形どぜうは伯父さんと僕が呑んだところ。

雷門脇の雷おこし、むぎとろ、てんぷら三定、すきやき今半など名物が多い。甘党なので「舟和」の芋羊羹がおすすめ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/9/6  9:14

東京五輪  身辺世相
2020年のオリンピック開催地がもうすぐ決まる。下馬評では東京が一番手である。しかしマドリード、イスタンブールそれぞれ一長一短があり、すんなり東京には決まらない。現時点ではマドリードが有力とネットでは紹介。

近代オリンピックは、ヨーロッパ貴族の流れをくむスポーツイベント。だから欧州の選手が勝てるように操作したり、IOC委員も安易に買収に応じるなど生臭い組織だ。記憶にあるのは、リレハンメル・アルベールビルなど冬の複合競技に日本選手の入賞が多すぎるとして、スキージャンプやノルディック競技のルールを変更した。伝統あるレスリングを大会競技から外そうとするのも日本選手の入賞が多すぎるからが理由らしい。これでは一世紀以上も前の「黄渦論(こうかろん)」を想起する。

スポーツ評論家のご託宣では1924年・パリ大会から100年で2024年は「パリ」と確定している。だから2度続けて欧州はないが、その根拠。となると東京かイスタンブールになる。イスラム圏がまだ一度もないのは有力要素。日本のアキレス腱は“福島の汚染水”の問題。

どのメディアも絶対触れないのは、IOC委員の構成。半数弱が欧州の委員。よく解らないのは中国・韓国・北朝鮮で6票、スペインは3票、とくに中国・韓国は、“日本が困ればなんでもいい”が、お国柄。日本に投票するなら大幅なODA(政府開発援助)が要求されている筈。欧州・中国・韓国が日本・東京に投票しない理由はあくまでも「福島原発事故」、東京五輪などに浮かれていないで、国力をあげて「福島原発事故」に対処した方がいい。

添付は昭和39年「東京五輪」の1000円銀貨?、これは今、値段が付くのか。いずれにしても7年後は生きていないので筆者としては騒ぐ理由は何もない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/9/4  15:45

半沢直樹  身辺世相
TBSの『半沢直樹』なる銀行ドラマの視聴率がいいらしい。ネットで見ると、TBS久々のヒットらしく簡単にドラマの画像も使えないらしく一枚もない。このドラマが事実に基づくかどうかは判らないが、ドラマとしてはよくできている。でもフィクションであることには違いない。

準主役の香川照之の上手さが目立つばかりだが、片岡愛之助の“オネエ言葉”も面白い。何よりもNHK「関東甲信越小さな旅」のファンだった者には、NHK理事待遇だった山根基世のナレーションは嬉しい。

05作までは見ていないが再放送も勿体ぶって有料とはTV局も商売だ。主人公の妻のセリフが今回のドラマの頂点。

≪あなた達、お役所の常識?は、霞ヶ関には通用しても、世間一般には通用しない。そういう常識が日本をダメにする、銀行員の妻をなめんなよ!≫

銀行員の妻”のところは誰にでも変換?可能になっている。このドラマの脚本家は、筆者のブログの主張をよく読んでいる?? 銀行は庶民の預貯金を、霞ヶ関財務省は、税金を自分のものと思っている。国の法律と裁量権を握る者には、世間一般の価値観など有はしない。そこをうまく突いているから大受けする。

愚かな庶民?も「国に1000兆円の借金」あると言われても信じない。それに匹敵する国家財産があることを薄々知っているからである。行政の長を安倍晋三と庶民は知っていても財務省の事務次官の名は知らない。メディアも言わない。メディアも商売、国税庁などから睨まれたくないのは当然。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/9/2  4:54

『あなたへ』  映画TV
昨年夏、観た映画『あなたへ』が地上波で放送された。筆者の映画通の畏友には、えらく評判が悪かった。つまり昔と違って“斬った張った”の無い平板なストーリーだからでもある。それはむろん今では、芸能界では誰しもが、頭を下げる“高倉健”の人となり、生き方を投影した映画だからである。“生き様”なる言葉はない。

筆者が変だ、と思ったのは、細かいが「町はずれの写真館」、写真館は、デジカメの発達で影が薄いが「町中」にあるもの、でなければ商売としては成り立たない。内容は夫婦の物語だが、謂ってみれば長崎県平戸の食堂の夫婦の物語で“保険金詐欺”の話だ。夫の書いたメモをみてすべてを察知するわずか2秒程度の余貴美子の視線が好演で悲しい。むろん佐藤浩市・大滝秀治・ビートたけし等、脇が重厚である。兵庫県朝来市の「竹田城址」は、筆者は到底上れない。転落防止の柵も無いようで見ただけで目が眩む。

保険金詐欺で思い出すのは「ロサンゼルス疑惑」の三浦和義。妻の経営する「フルハムロード」が大磯に近い平塚市郊外にある。三浦は、携帯電話を掛けながら平塚駅ビルの入り口で筆者の前を過った。殴ってやろうと思ったが180pを超える大男、長年の“ムショ暮らし”でダイエットに成功、弁護士なみの法律知識。昭和50年代、妻への1億5000万円の保険金のために、毎月40〜50万円の保険金を支払っていた。これだけで有罪の傍証。その自殺にロサンゼルス市警の謀略との説もある。誰もが信じないのは当然。

高倉健は82歳、昭和40年前、住み込み少年の“娯楽の神様”。手の甲のシミが目立つが、人間シミでは死なない。畏友には許されよ! 筆者は血流のクスリの副作用で手のひらが赤らみ、しわが目立つ。神様は死なない。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ