2014/1/31  19:46

ザ・タイガース02 瞳みのる  映画TV
筆者は、今も耳に馴染んだ島倉千代子・三橋美智也の演歌の世界から離れられないが、昭和42年に勃興したグループサウンズ、40年代後半のフォークソングも好き嫌いはともかく耳に馴染んでいる。01月24日にNHKBS「ザ・タイガース再結成コンサート」の放送は繰り返し見ている。「2013・12・27東京ドームコンサート」チケットは、即完売だったらしい。TVでコンサートを見ると観客も彼らに近い年齢のファンらしく、もう孫も居そうなオバサンが熱狂している。

猛烈な忙しさと音楽的方針が原因で僅か4年で解散。昭和46年に解散コンサートを挙行。解散後直ちに故郷・京都に帰ったのがグループ5人のいちばんの年長者・S21・09生、瞳みのる(人見豊・ひとみみのる)。かなりドラムスでは修練を重ねてそのテクニックは抜群だったらしい。だが解散後、中退した高校の定時制に再入学。後、慶応大学文学部で中国文学を学ぶ。何と慶応高校の漢文の教師になる。中国文学では研究者らしい。教え子には国会議員も居ると聞く。むろん中国語は堪能、英語もできるらしい。

グループサウンズの一員としての評価・人気はともかくとしてほぼ40年間、芸能界との交際を一切断つ。かつての京都仲間意識は健在、定年を間近にしてかつてのグループに復帰した。むろん中国文学における活動も続いている。

人気を二分した沢田研二がコンサートで「解散時の面影を唯一残している」と言っていたが納得、年長者なのに白髪も少なく身体はスリム。これは体質もあるだろうが、やはり全員に云えるがある種のストイックさが伺える。他のグループサウンズは、このような復活は無理だろうから一層“ザ・タイガース”は際立つ。彼らも前期高齢者、全員に「介護保険証」が届いている筈だ。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ