2014/5/30  19:23

鈴木貫太郎  昭和史
昭和史の専門家・半藤一利氏が高く評価するのが昭和天皇の“聖断”を引き出した海軍大将・鈴木貫太郎。04月18日に戦死したのが山本五十六、04月17日に病死した(昭和23年)のが鈴木貫太郎。だから半藤氏の思い入れがある。まだ太平洋戦争の責任者が多く存命した頃の昭和38年に関係者を一同に会しての座談会『日本のいちばん長い日』は好著。大宅壮一名義だった。

昭和19年、漸く辞任したのが東條英機、後継の小磯国昭は陸軍の序列だけで総理大臣になった。ここでは記述しないが大日本帝国憲法では総理大臣は単なる筆頭格の大臣。昭和天皇の希望では元・総理大臣の海軍大将・米内光政だった。なにしろ最初から日米開戦に反対だったからである。天皇の思惑でも米内といえど陸軍は御しきれない。そこで「鈴木頼む」と懇願されて77歳の年齢で総理大臣に就任したのが鈴木貫太郎。昭和20年04月07日。

経緯は拙文「私解 戦争の昭和史・敗戦の決断」がある。昭和20年08月14日、内閣・大本営連絡会議では3対3で意見が分かれた。そこで鈴木は誰もが文句を言えない昭和天皇の聖断を仰いだ。後年の今、云えるのは鈴木の老練な作戦勝ちであり、昭和天皇との阿吽呼吸の連携プレーとも云えた。

戦争終結派
総理大臣・鈴木貫太郎、外務大臣・東郷茂徳、海軍大臣・米内光政
◇戦争続行派
陸軍大臣・阿南惟幾、参謀本部総長・梅津美治郎、軍令部長・豊田副武

鈴木貫太郎は二・二六事件で狙撃され瀕死の重傷を負った。夫人「たか」は昭和天皇の乳母だった。育ての親でもある鈴木は、息子のような若い昭和天皇(当時44歳)のためにぬ覚悟で敗戦に導いた。結末を判っていて阿南陸軍大臣は鈴木に詫び、翌15日に割腹自殺、陸軍のクーデターを防いだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/5/29  20:54

戦争と外交  身辺世相
毎月月末は所属短歌会の文字入力の仕事。寄る年波でそのスピードは確実に落ちている。貴重な臨時収入でもあり、それほど難字が読めるわけでもないが、少なくとも短歌である限りは読み下せるので続けている。今月は24日から28日までの5日間、確実に1日は遅れている按配。本年01月、外装工事で二階のエアコンの室外機を階下に下ろして貰ったらガスが抜けて故障した。3万円もしたのにである。今更文句を言うのも大人げないので新エアコンを注文。11万円を消費。その工事は28日の半日を要した。今のエアコンは音声付でびっくり。今日その内職?がようやく完了。

政治の舞台は「集団的自衛権」で盛り上がっている。安倍晋三総理大臣の性急な決着を望む姿勢も問題だが「戦争のできる国」との反対者のフレーズも聊か違和感がある。細かい経緯はここでは触れないが、今まで見て見ぬふりをしてきた政治家全体の問題でもあり、こんな時こそ夫々の“立ち位置”で尤もらしいことを言っている。政権に「追い風」が吹いているのは中国の軍事的膨張だ。日本が大人しくしていれば確実に「尖閣諸島」を占領するに決まっている。昔ベトナム戦争のあとに中越戦争(越→ベトナム)があり中国はコテンパンに負けている。中国は日本の「最初の一発」を待っている。

今日「北朝鮮拉致問題」に進展があった。横田めぐみさんの調査を、いわゆる革新勢力は、言うや良し、綺麗ごとを言って、何もして来なかった。これでまた安倍晋三の評価がアップ。外交とは武器の無い戦争であることを知るべし。北朝鮮が今、いちばん欲しいのは日本の経済力とドル。これで今秋のプーチン来日で「北方領土」にも進展があれば安倍内閣の支持率は確実に上昇。戦後最長の政権への序章にもなる。国益は言葉では無くて目に見える実績だ。「日本維新の会」の分党も霞んでしまった。画像は散歩道途上での撮影。プロペラ機の自衛隊機なら偵察訓練だろう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/5/22  9:21

山本五十六05  昭和史
米軍の拠点・ハワイ真珠湾を撃破して外交交渉で早期終結することが、日本が生き残る唯一の道と山本五十六は信じた。だがそこには多くの困難が待ち受けた。ハワイまで米軍に知られず接近できるか。水深のない湾で既存の魚雷が使えるか。その難問に山本は、技術開発と極秘訓練を繰り返した。鹿児島錦江湾が使われた。山本にできることはあくまで実戦。実戦を生かすも殺すもその先は、大本営・内閣の責任。山本はあくまで交渉妥結を望む。交渉妥結の見込みがあれば、作戦を中止するよう指示。連合艦隊の最終打ち合せでの山本と指揮官たちの応酬の言葉に「ワシントンで行われている対米交渉が妥結したなら、ハワイ出動部隊はただちに反転して帰投せよ」と指示した。

蛇足だが駐日アメリカ大使ジョセフ・グルーは昭和16年02月の段階で日本の「真珠湾攻撃」情報を入手、打電している。アメリカ政府は「極東の小国」日本がアメリカを攻撃などできるわけはないとグルー情報を笑った。

山本は「外交交渉妥結」に力点を置いた。だが南雲忠一中将など何人かの指揮官は「それは無理な注文です。出しかけた小便は止められません」(「昭和史」P372)と返答した。これに山本は激怒。「もしこの命令を受けて帰れないと思う指揮官があるなら即刻辞表を出せ。百年兵を養うは、ただ平和を守るためである」これは折に触れて紹介される件だ。昭和史に多くの著書を持つ半藤一利氏は「山本五十六が、昭和天皇の中に大元帥と天皇がいるんだということを知っていた」(「昭和史の論点」P153)と推論する。つまり天皇の大権で大元帥の作戦を止められたのではないかとの分析。ここは重要である。山本は外交交渉成立を望んでいたことになる。それがダメなら「宣戦布告」を条件とした。日米どちらの責任か「無通告」となったのは知られるところ。

昭和16(1941)年12月08日、日本海軍航空母艦から発進した航空機183機がアメリカ軍基地の真珠湾に攻撃を開始した。これは「騙し討ち」と米世論を激昂させた。兄弟国のイギリス・ロンドンがナチス・ドイツの空襲に晒されていてもモンロー主義と云いアメリカは戦争をしなかった。最初の“日本の一発”を待望!していたのは今日では明らか。アメリカは国の総力を挙げて逆襲に転じた。当初の山本の狙いは見事に外れ戦争は長期化した。昭和18年04月18日の山本五十六墜落死の真相は不明だが、傍証からして自分の死が戦争中止の契機になればと考えたのは忖度・斟酌できる。それから何と2年後に昭和天皇の意を汲んだ鈴木貫太郎がようやく終戦へと導く。昭和20年、山本の的確な予測通り東京は焦土と化していた。山本を政治の中枢から遠ざけた真犯人は、昭和史に少しでも興味があれば大体解る筈だ。

月末の仕事が到着。しばらくお休みします。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/5/21  21:23

第一委員会  昭和史
『あの戦争は何だったのか』(保阪正康・新潮新書)に日米開戦の“黒幕”が指摘されている。この種の本にしては、新書形式も相まってベストセラーになった。だがどんな本にもイチャモンを点ける人が居て、疑問符を尤もらしく宣うHPがある。それらは概ねいわゆる「自虐史観」で、チャーチル・蒋介石・ルーズヴェルトに追い込まれたからとの結論に至り、そこに何も触れられていないのが“怪しからん”となる。保阪氏は、昭和の時代、3000人もの軍人・関係者から聞き取りをしているから迫力が違う。つまりそれらの情報・諜報を軽視したのは、エリート軍人ゆえなのだからそれを見抜けなかったのは、海軍軍人が“間抜け”だったとの結論になる。つまり追い込まれた軍人の方が罪が重い。

その黒幕だが、日米開戦へ誘導したのは海軍中枢の「第一委員会」の軍人。海軍省の軍務局、軍令部の作戦課が当時のエリート。軍務局は岡敬純、石川信吾、作戦課は富岡定俊、神重徳。いずれも長州・薩摩出身。それらの海軍軍人が横断的に組織した。東京裁判では、岡はA級戦犯だったが禁固刑で済んだ。これら軍人は、みな伏見宮という皇族の軍令部総長の威厳を使ったことで知られている。山本五十六は、日独伊三国同盟締結を海軍の立場で画策した石川信吾を名指して非難した。だが上司の永野修身、米内光政ですら阻止できなかった。最後まで反対したら暗殺されていたと米内は戦後述懐。

山本が近衛首相に「初め半年や1年は暴れてご覧に入れます。しかし、2年3年となっては全く確信は持てません。日米戦争回避に極力御努力を願います」と言明。山本は、やれば負けるのが当然の戦争には奇策しかないと判断した。疲弊しきっている国力に、海軍伝統の漸減邀撃作戦などは話にならなかった。巨大戦艦の戦いが主流だった当時、航空機による攻撃などでは前代未聞。しかし山本は、緒戦で敵に大打撃を与え、戦争を早期に終息させることで日本が生き残る一縷の希望を見いだし、真珠湾攻撃の作戦に賭ける。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/5/20  21:38

山本五十六04  昭和史
没後70年経過しても山本五十六の評価が高いのは、戦争しか知らない単なる海軍軍人では無かったこと、逸早く近代戦における「航空機」に着目したことにある。映画「タイタニック」でも解るように大正時代、1912年頃は、エネルギーは石油ではなく石炭で動力を動かす蒸気船だった。山本は、航空機による時代の到来を早くから予期、戦艦「大和」の建造に反対、日米開戦には最も反対していた。昭和15年(1940)海軍大将に昇格。しかし反戦の意向は実らず、却って昭和16年(1941)12月、真珠湾攻撃を命令することになる。

日独伊三国軍事同盟は、米内・山本・井上海軍良識派トリオが反対するにも関わらず成立。同盟反対は、彼ら軍政畑を歩いてきた軍人だからの真っ当な認識であろう。今思えば常識で正論。だが日米戦争に至る対立は、当初は中国のイギリス租界(中国における外国人居留地区)における「天津事件」だった。そこでの中国人の日本人への虐殺事件が“反英感情”に火を点けた。(「昭和史」P249)それが日独伊三国同盟への呼び水となった。背景に中国戦線における泥沼化、日本の経済的事情からの「満州」への国民感情もあった。

山本の秘書を勤めていた実松譲(さねまつゆずる・平成08年死)があるとき執務室の雑談で「君、アメリカと戦争をはじめようと本気で考える連中がいるんだね」とあきれたようにつぶやいていた山本の思い出を語っている。(「昭和史忘れ得ぬ証言者たち」P66)つまり山本は、日本がアメリカと戦争するような国力はないとの数字と事実を早くから判っていた。山本が止めようとしたのは、感情よりも純粋に軍人としての物理的判断だった。

次回は山本五十六の「真珠湾攻撃」の真意と日米戦争開始の真の責任者を記述して山本は終了。阿川弘之著『米内光政』『山本五十六』『井上茂美』の三部作がある。米内も井上も日米非戦論者で取り上げたい海軍大将。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/5/17  23:00

ある軍人の死  身辺些事
筆者の私が平成16年まで勤務して定年を迎えたのがJR「秋葉原」駅に程近い小さな印刷会社。何年か前、日本橋から上野に延びる中央通りと神田明神下通りが交差する通称「秋葉原電気街」交差点付近で“秋葉原殺傷事件”なる陰惨な事件があって多くの若者の命が断たれた。筆者の定年後のこと。

丁度10年を経過して縁が切れたと思っていたが、小生が居たころの後輩から連絡あったので16日の葬儀に参列した。亡くなったのは旧勤務先の社長だった。大正04年生で99歳、白寿だった。昭和天皇の弟宮・三笠宮崇仁親王と同齢。昭和11年、78年前の二・二六事件をリアルタイムで知る人だった。

司馬遼太郎が「私は不覚にも大正時代に生まれてしまった」と嘆いたように男女ともに「大正時代」に生を享けた者は、戦争をするために生まれてきたようなもの。社長が十代で始めた印刷会社は、デジタル時代で筆者の定年後、縮小を余儀なくされたが、古い得意先は離れないらしい。だから「印刷機2台」の会社になっても倒産しない。大きな印刷物は“下請け”に頼めばそれで済む。

筆者より3歳年長の社長の長男の方が、すい臓がんで49歳で早逝。つまり今は、社長の孫が後を継いでいる。葬儀場は、社長の思い出の多い神田川沿いの千代田区万世会館だった。川の向こう側は、昨年新たに開店した商業施設「マーチエキュート神田万世橋」。旧万世橋の駅舎が商業施設になった。それまでは子供に人気の「交通会館」だった。今は規模が大きくなり埼玉県に移行した。その向こうが神田須田町で「神田藪そば」、鮟鱇鍋の「いせ源」がある。

添付は社長が出征したときの寄せ書き。戦火を潜り抜けて生き抜いてきたから生命力は賞賛する。寄せ書きの35人は本人より遥か前に亡くなっているだろう。大正・昭和・平成を生きた旧神田金澤町を生きた人物だった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/5/15  21:59

三流国家  身辺世相
隣国・韓国の“日本叩き”と、海外への“告げ口外交”が一段落しつつある。それが何故かと考えれば彼らの同胞の「北朝鮮」の存在。欧米の民主主義を物差しにすれば中国、北朝鮮は21世紀に持ち越された不条理な国家ではないのか。中国は別の機会に記述するとして、つまり三代も続けているいわゆる「金王朝」は、どう考えてもいつ暴発するか判らないのが現状。暴発したのなら韓国一国で何ら対応ができない。日本とアメリカの場合「日米安保条約」が考えられるが、韓国も「米韓軍事条約」がある。だから北朝鮮がやけっぱちで38度線を越えて侵入してきたら、かなりの確率でアメリカも黙ってはいない。なにしろ昭和25年時の「朝鮮戦争」は単なる休戦状態に過ぎない。

だが緊急時には米軍が出動するにしても韓国に駐留する米軍は、予算の関係で対応できないらしい。現実的には「即戦力」である日本駐留米軍が対応することになる。更に問題なのは米軍が行動するには日米の安保協議が前提になる。つまり“ソウルが火の海”になろうと、日本の政府が許可しなければ米軍は一切動けない。イラク戦争のときの米軍出動は、日本政府が許可したのではなく米国本土から来た部隊に、日本駐留の部隊が、阿吽の呼吸で行動を起こし、日本は見て見ぬふりをしたことになっているらしい。

何でも構わず日本叩きでうっぷん晴らしをしていた韓国は、北朝鮮の核実験など軍事暴発に米軍が即座に対応できないことに今頃ようやく気付いた。つまり現実には緊急時であれ、安倍晋三総理大臣が許可しない可能性もある。これを知って韓国政府の高官が言葉を失った。日本の内閣は「韓国は三流国家」と冷笑していてもムベなるかなである。日本の集団的自衛権論議を韓国は黙ってみているだけだろう。何か言ってもそれは単なる公式論の筈。添付のような地図が真面目にまかり通る国は呆れるより悲しいだけだ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/5/12  17:10

怪我の功名  身辺些事
毎月の歌会は第二日曜日、場所は東京都江東区豊洲。新橋から「ゆりかもめ」に乗って豊洲が終点、これは遠回りになる。通常は、自宅→バス→平塚駅→JR→有楽町、そこから東京メトロに乗り換えて豊洲となる。片道2時間半

JR平塚からは通常は東海道線を利用する。先月はそれを間違えた。間違いに気づいたのは横浜付近、「新宿・高崎ライナー」とかで横浜は停車するが以前の貨物線を通るいわゆる横須賀線、川崎は通らず品川駅の隣、山手線・大崎へ到着。そこから山手線で有楽町まで考えたが、ホームは移動したが臨海線」という思いもしない路線に繋がっていた。要するに東京湾を潜り終点は江東区新木場、そこから有楽町線で豊洲へ戻るかたちになる。これが何と通常より10分早く12時40分に到着。徒歩で会場へ10分、つまり2時間20分だから大幅な遅刻が何と10分の短縮になった。

これは世間では“怪我の功名”と云う。ポイントは神奈川県大船から横浜まで横須賀線なら各駅停車だが、広い横浜を直通だから平塚から大崎まで40分だった。臨海線「東京テレポート」では殆どの家族連れが下りた。後で調べたら「台場」が近く「大観覧車」があった。地図で云えば有楽町を右折するだけの感覚が、大崎へ左折、新木場への右折、新木場から左折になる。

因みに山手線・大崎から北へは渋谷・新宿から埼京線で赤羽を通過、埼玉県へ至る。小生が東京生活を離れて32年、東京勤務も離れて10年。東京都の交通事情は刻々変化する。JR・バス・地下鉄は迷路のようで最早覚えるのも適わない。だがしかしこんな便利な交通事情は首都東京ならではだと思う。大いなる電力を使用して企業、政府、メディア、富、国民の集中はよくないに違いない。神奈川県も首都圏だからあまり大きなことは言えない。首都機能のコピーも政府は模索しているとは思うが深刻な問題だ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/5/9  21:41

山本五十六03  昭和史
山本五十六に関する著作は数多い。半藤一利著(平凡社新書)、阿川弘之著(新潮文庫)などがあり、それらを読めばいい。ここでは山本が抜擢された昭和11年(1936)頃に焦点を当てる。よく知られるのがこの年の二・二六事件、岡田啓介辞任後の首相は廣田弘毅(32代)で外交官出身、吉田茂が同期。

山本が政府・海軍省の海軍次官に抜擢されたのは、当時の海軍大臣で4年先輩の永野修身の推薦。共にアメリカ・ハーバード大学に学んだから親近感があったのかも知れない。だが事実は、筆者のみるところ陸軍の横柄さが嫌になったのからだろう。陸軍の横槍で廣田内閣は潰れ、後任は林銑十郎、陸軍の予備役でいわば一丁上がりの元軍人、“何もせんじゅうろう”と云われた。これも昭和12年すぐに退陣する。海軍大臣は永野と同期の米内光政。昭和15年、米内・山本・井上のトリオで「日独伊三国同盟」を阻止するが、昭和11年後半には「日独防共協定」は既に締結されていた。政治が軍人主導になる。

この協定は、共産主義ソ連の脅威から日本を護るためのもの。だがナチス・ドイツの外務大臣・リッベントロップと云わば“ドイツおたく”の陸軍軍人・大島浩が推進した。むろん後世から見ればドイツの政略・戦略だった。ヒトラーは「吾が闘争」で日本人を嫌っていたが、当時の反英・反米感情が「親独」になるのは自然の流れだった。親衛隊の「ヒトラーユーゲント」が昭和11年に来日、礼賛したのは朝日新聞、靖国神社に詣でているし歓迎の歌は北原白秋が作詞した。だがこれが虚しく終わるのは「独ソ不可侵条約」(1914)締結だった。

山本は林、近衛、平沼内閣で2年半、次官で頑張る。だが廣田内閣でできた「陸海軍大臣現役武官制」で陸軍が、大臣を「出さない」「引き揚げる」と云えば内閣は簡単に潰れた。画像は親友の堀悌吉、左側が山本五十六。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/5/7  21:27

伏見宮博恭王  昭和史
近代史に興味がなければ殆ど知られていないのが、伏見宮博恭王(ふしみのみやひろやすおう)。遠く南北朝時代の北朝3代・崇光(すこう)天皇が祖先で明治08年(1875)生の大日本帝国海軍軍人。皇族出身の軍人だから単なるお飾りなら問題ない!が日露戦争で活躍した軍人の軍令部総長で“日米開戦”への道筋となる「日独伊三国同盟」にGOサインを出した(詳細は次回)。皇族に戦争責任が及ぶのは拙いと日米開戦前に軍令部総長を退いている。人物の詳説は避けるが昭和天皇より26歳年長の大伯父で対米強硬論者だった。

このブログで何度も記述するのが軍令部とは大本営で戦争作戦部門。大日本帝国憲法では統治権より統帥権が富国強兵政策で幅を利かせていた。

◇統治権→内閣行政→陸軍省・海軍省→予算・用兵 主権・昭和天皇
◇統帥権→戦争作戦→参謀本部(陸)・軍令部(海) 主権・大元帥(昭和天皇)

昭和12年からの林銑十郎、近衛文麿、平沼騏一郎内閣では、海軍大臣は、米内光政(よないみつまさ)だった。平沼内閣では海軍次官が山本五十六、軍務局長が井上茂美(しげよし)。このトリオは終始、日独防共協定・日独伊三国同盟に反対。米内は海軍の立場上、山本は英米協調派、井上はヒトラーの「吾が闘争」を原書で読んでいて、ナチスドイツに傾く陸軍に終始反対した。

昭和史に興味が有るといっても今「目から鱗」の知識は、当時海軍には“憲兵”の制度が無かったことにある。陸軍の憲兵組織は、国粋主義者とつるんで?で日独提携に反対する海軍を脅迫していたのが事実。だがどんなにこのトリオが反対しても戦争遂行部門の軍令部総長の言うことは絶対で、昭和天皇でさえ防ぎきれなかった。伏見宮博恭王は辞任後も事実上院政を敷いた。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ