2014/5/5  10:00

山本五十六02  昭和史
日本の海軍は明治時代初期の幕府軍・勝海舟が元祖。精査していないが海軍兵学校・海軍大学では、英語は基礎の外国語だろう。だから大正時代アメリカハーバード大学に留学した山本五十六に当然英語力はあり、英会話も堪能だったのではないか。子息・山本義正は、昭和05年まで暮らした鎌倉・材木座の自宅の書棚を証言している。本棚の半分は米国の歴史に関する本だった。当時の軍人での立場だが、堂々と日本の進路に明晰な意見を持ち、陸軍や右翼の暗殺の脅迫をも恐れなかった。だからこそ周囲が海軍大臣就任を望まなかったことになる。よく知られる山本五十六の語録がある。

同期の海軍軍人・堀悌吉中将は早々と予備役。堀への手紙。
◇「大勢に押されて立ち上がざるを得ずとすれば、艦隊担当者としては到底尋常一様の作戦では見込み立たず、結局“桶狭間”と“ひよどり越え”と“川中島”とを併せ行うのやむを得ざる羽目に追い込まれる」
◇「内乱では国は滅びない。が、戦争では国が滅びる。内乱を避けるために、戦争に賭けるとは、主客顛倒もはなはだしい」
日独伊三国同盟に対しての発言。
◇「あんなもの結んだらアメリカと戦争になる。そうなったら東京なんか三度くらい丸焼けにされて日本人は惨めな目を見るだろう」
山本の秘書を勤めていた実松譲(さねまつゆずる)への雑談。
◇「君、アメリカと戦争をはじめようと本気で考える連中がいるんだね」
近衛文麿総理大臣に、米戦争の見込みの如何を訊かれる。
◇「是非やれと言われれば初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年となれば全く確信は持てぬ。三国条約が出来たのは致方ないが、かくなりし上は日米戦争を回避する様、極力御努力願ひたい」

山本五十六(前2列左)1884生、海軍大将、連合艦隊司令官
米内光政(前2列4人目)1880生、海軍大将、第37代総理大臣
伏見宮博恭王(前2列5人目)1875生、昭和15年まで軍令部総長
嶋田繁太郎(前2列右側)1883生、海軍大将、昭和16年海軍大臣

クリックすると元のサイズで表示します
13

2014/5/4  13:28

四天王  日本史
昔バラエティ番組で、更に歌手・モデルとしても有名になったのが「篠原ともえ」。“シノラ―”と呼ばれたファッションは若い女の子に影響を与えた。昭和54年生まれの筆者の姪と同齢。「変なやつが出てきた」と思ったが意外に知識人で、NHK「ほとけの履歴書」(毎週水曜10.15)に出演。母方の祖先が「青ヶ島の巫女」だそうで、そんなところからもDNAが顕れているのか。

前記の番組とテキストで仏像を見ると感動が蘇ってきた。ただし筆者には特別に信仰心は無い。如来・菩薩・天部・明王の相違、仏像の最高位ランクの如来には4点あること。すなわち釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、これら如来の脇侍として菩薩があり天部と明王があって如来を護る。

数年前NHKBSで放送された「日本の仏像百選」で視聴者のリクエスト、ベスト3は、奈良中宮寺・菩薩半跏像(如意輪観音)、京都広隆寺・弥勒菩薩半跏像、奈良興福寺・阿修羅像。筆者の好きな仏像bPは奈良東大寺の四天王。四天王は、仏法の守護神。法華堂(三月堂)戒壇上の四隅に安置されている。“ジゾコウタ”と記憶、即ち持国天、増長天、広目天、多聞天。序に云えば「天部」は如来の守り神。“ボタビベンダイキチ”で梵天、帝釈天、毘沙門天、弁財天、大黒天、吉祥天。明王も守り神、“フグコンアイク”不動、軍荼利、金剛夜叉、愛染、孔雀。興福寺の八部衆、新薬師寺の十二神将も仏の守り神。

奈良東大寺の法華堂は須弥壇の改修が終わった。16体のうち12体が国宝。本尊不空羂索観音菩薩、執金剛紳(秘仏)など10体が安置。 6体はそのまま東大寺ミュージアムに安置されている。またまみえたいものだ。

 邪鬼を踏む広目天の眼差しに吾は視線を逸してゐたり

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/5/3  21:00

日本国憲法  身辺世相
今日は憲法記念日、改正する立場、改正まかりならぬという立場で、例年なら「年に一度の行事」なのに!結構メディアは取り上げている。毎年のようにタテマエにすぎない憲法論ではなく「安倍晋三内閣」の憲法に抵触する政策でようやく憲法改正・反対の論議が盛り上がってきた。集団的自衛権、特定秘密保護法、普天間基地問題など少なからず日本国憲法を意識しないと、ただそれだけの政策ではない。この点で3年間の民主党政権より評価すべき。

筆者はそれらの一切の政策も反対で、憲法改正も反対の立場である。ただし日本の周辺にへんな国が無ければの話だ。日本国憲法を厳密に条文解釈すれば、防衛省・自衛隊すら重大な憲法違反と考えるべき。一国の憲法を超える位置に「国際法」の数々があるから武器を持ち、武力を行使できる自衛隊の存在も許される。北方領土を返さないロシア、国際的誘拐とも言うべく日本人を拉致して返さない北朝鮮、資源が豊富なことを判って慌てて尖閣諸島は自分のものと言い出した中国。その三国に共通するのは武力を以てして自国の反対勢力を抑えてきた歴史を持ち、あるいは現在も抑えている独裁国家、いずれも共産党独裁なのは周知のこと。多くの自国民を殺害している。更にいずれも三国は「核兵器」を所持することにある。憲法を遵守して外交は、話し合いでなどと言ってきた人達ほど今でも法律の条文、解釈問題に終始している。それなのに支持率が低くなっても今でも現実に対応できないいわゆる革新勢力だろう。これら三国が無ければ憲法改正など必要ない。

筆者の最重視する条文は、15条2項、66条2項。前者は「公務員は全体の奉仕者」、後者は「内閣の構成員は文民」と定めてある。これらを守れば日本はもう少しマシな国になる。文民の規定はいちばん重い。画像は昭和の時代の活字の製版。「日本国憲法」条文は“天子”の自称「」で始まり旧仮名表記だ。勝手に現代仮名遣いにするなと言いたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ