2014/8/31  10:22

花菜ガーデン  身辺些事
欲張って三つも無料ブログを利用している。
◇「湘南の暇人」(teacup)、週に2、3度。
◇「花菜ガーデン」(goo)、半年間休止中。
◇「暇人旅行記」(seesaa)2年間休止中。
「湘南の暇人」は、天邪鬼の記述を続けている。昭和史・太平洋戦争関連は筆者のライフワーク。独断と偏見は個人の忖度・斟酌だ。「暇人旅行記」は画像作成が慣れないと難しく2年間の休止、廃止はしない。多くの旅画像は無料のブログに限る。「花菜ガーデン」はこれまで960枚を投稿。撮影期日を記述、寸評を少し加えて掲載を再開することにした。乞うご期待。画像転載OK。

「花菜(かな)ガーデン」のhttp://blog.goo.ne.jp/gardenkanaブログは、3カ月投稿しないとリセットされてしまい、個人のアクセス設定をやり直す羽目になる。2年前にまで毎日投稿していたが“腰椎骨折”で中断した。掲載期日にこだわり、投稿期日と合致しなかった。むろん撮影期日は全然違う。いずれにも拘らず鮮やかに撮影できたものだけ投稿することにした。基本的に800×600ピクセル。ピクセルは画素数。容量は200KB見当で実際の10分の1程度。印刷の横幅は20pくらいか。インチとセンチの関係はよく判らない。

花菜ガーデンは県営で元農業試験場だから開花に計画性がある。NHKでも度々取り上げられたから春秋のバラは有名。他に春のチューリップ、初夏のヘメロカリス、百合、初秋の彼岸花は美しい。人口に膾炙され春秋のバラの季節は、殊に土日は駐車場は満杯(500台?)になる。小生は土日を避ける。

添付はトクサ(砥草、木賊)。「木賊刈る」は秋の季語。山間の湿地に自生するが、観賞用が主目的。表皮が砥石に似て茎でものを研ぐことができるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/29  9:56

北見和夫  身辺些事
この頁は2015・8・14時点で書き直ししている。以下はその冒頭部分。

≪昨日、このブログ「浅草」に一つのコメントがあった。ただし内容は非公開を希望する由。昭和30年代半ばにデビューしてある程度売れたが、いつの間に姿を消したのが演歌歌手・キングレコードの北見和夫。この歌手は、周囲に歌手時代のことを何も語らず先頃亡くなられたらしい。投稿者はそれを少しでも知りたいとのこと。≫

周囲と記述したが実は、息子を騙っていた。この人物は何が目的か。本人・北見和夫の妹さんから兄は元気です、のメールがあった。謝罪・釈明の記事も平成27年08月13日に配信した。ひとこと補足すればブログ記事とて確認作業が大切だということ。

小生は昭和19年生だから30年代が10代で、演歌の島倉千代子・三橋美智也の大ファン、三橋・春日八郎所属のキングレコードからデビューし昭和36年頃から売れ始めたのが北見和夫、「浅草の屋根の下」(佐伯としを作曲)が、いちばんヒットした。ただしレコードはあるがジャケットは紛失した。「恋人たち」は、美人女優で有名な山本富士子の亭主、古屋丈晴の作曲、いいメロディだ。

レコードは4枚保持している。残りの3枚は添付の通り。美男で美声の持ち主だった。テレビ出演して歌っているのも記憶している。いつの間にか表舞台から消えたので、単に売れなくなったからと思っていた。「北見」は芸名で北海道出身であろう位は想像出来た。むろん消息は知らない。昭和40年後は、ぷっつり姿を消した。歌謡曲は以後、ポップス、グループサウンズが盛んになる。

50年以上前のレコードを廃棄しなかったのは、あくまで筆者の趣味。浅草を冠した歌が多かったのが主因。三橋美智也、鶴田浩二、今をときめく丸山(美輪)明宏、仲宗根美樹もある。50年前の記憶が甦った。久しぶりにアナログプレーヤーを整備して美声を聞く。東京五輪前の追憶だ。昭和38年が端境期、「街角の雨」はステレオ仕様。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
6

2014/8/27  21:15

金目でしょ  身辺世相
今年06月頃、石原伸晃環境大臣の「最後は金目でしょ」の発言が問題になった。通常“金目(かねめ)”と云えば「金、目当てでしょ」に聞こえる。だが平塚市金目(かなめ)に30年も住んでいるとどうしても“かなめ”でしょ、と聞いてしまう。これは福島第一原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設の問題。一瞬、これは「エライことになった?」と思った。事実として原発事故のあったすぐ近くの福島県双葉町、大熊町がその候補地。原発事故のあったのは双葉町、汚染土の貯蔵施設は、その両方の町に決まっても仕方が無いのか。「対岸の火事」と云われればそれまで。

ホンネで主義主張する石原慎太郎の長男だから石原伸晃はある程度傲慢、間の議論を省いて、落ち着く先の「金目」を言って顰蹙をかった。だがこれまでリスクを承知しつつ地元や県は、多額の交付金や、漁業補償などで豪華な道路、「ハコモノ」、サービスで地域の活性化に貢献してきたのではないか。

双葉、大熊両町の町長は、石原伸晃環境相の発言に「住民感情を逆撫でするような発言は残念」と批判したがこれはタテマエと云ったら失礼か。08月27日朝刊で福島県は「受け入れ表明」と報道。

週刊誌(週刊新潮07月31日号)に「補償金ジャブジャブ」の報道記事がある。第一原発のある双葉郡の住民は職場環境さえ奪われ近隣のいわき市などへ追われたかたち。むろん彼らが一番気の毒だが、国の原子力損害賠償支援機構から多額の補償金を受け取っている。仕事も儘ならないのは解るが、一家族2000万円もの補償金でやることはないのでパチンコ三昧、車はベンツに乗って、いわき市民と軋轢があるとの由。8万人の避難民は2兆円の補償。それはいずれも国民全体にツケが回ってくるらしい。添付は「金目観音」。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/25  22:26

佃の渡し  昭和史
今もこのブログの元ページ「湘南の暇人」の表紙に「佃・月島散歩」をリンク掲載してある。東京・隅田川に架かる佃大橋は、東京オリンピック(昭和39年・1964)開催に合わせて造られた。下流の勝鬨橋の渋滞も拍車をかけた。それまでは佃・月島へは“佃の渡し”という船で行き来していた。だがあれから50年経過している。その詳細は08月24日の産経新聞「探訪あのころ・東京五輪半世紀」に掲載された。画像は産経新聞からのスキャン。(高画質の元画像は有料)画像の対岸が佃地区。以下は拙文「佃・月島散歩」の抜粋。

≪拙著『相生坂』で高評価だったのは「佃の渡しの歌」。昭和38年頃の回想歌でこの年は衛星放送が開始され「米大統領・ケネディ暗殺」が初放送。舟木一夫は昭和19年生、「高校三年生」が大ヒットした。
 住込みの印刷工の吾れ配達へ佃の渡し自転車ごと乗りき≫
18歳の記憶だから「佃の渡し」は小型フェリーの仕様、ディーゼルエンジンの船だと思っていた。昨日の記事によれば動力は何と蒸気船だった。曳航?される客船は自転車も乗車可能な都営交通の無料の「渡し船」だった。これに乗らないと佃・月島へはかなり大回りになる。多くは佃の造船所(石川島播磨重工業)の社員が乗客だった。筆者は月島にある大手の機械会社への伝票類の配達だった。荷台の頑丈な自転車の使用だった。

以下は、本年03月、再訪して詠んだ歌。
 五十年経ちても渡しのスクリューに勢ふ波は眼裏にある
 佃大橋の真下に立ちて行く川の流れを見をり濁りをれども
 川沿ひの側道歩き大橋を潜れば杖突く音の谺す
 舫(もや)ひ船動かざるまま朽ちてゆく月島の堀割小波もなし
 月島の高層ビルに包まるる如く「日の出湯」の煙突が立つ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/8/22  21:31

パパの味方!  政治
添付の社民党ポスターは判るようで判らない。額面通りなら安倍政権の集団的自衛権の憲法解釈に反対の立場からの問題提起となる。だが社民党の今までの主義主張を考えるとインパクトがあるようで相変わらず「やっているな」と感じのポスターと云わざるを得ない。これは「集団的自衛権」が発動されると自衛隊が派遣されて、戦闘行為になり自衛隊員が戦死するから、集団的自衛権はよくない、だから反対しようとのいわゆる三段論法になるのか。

単純に自衛隊隊員に味方するような按配。その昔 “自衛隊は日本の恥”とのたまわれたノーベル文学賞受賞者が居たが、社民党も同じく自衛隊を罵った。このポスターでは自衛隊員が戦争に巻き込まれるから可哀そうだ、との意味にとれる。これでは自衛隊員は本当はどうなんだと云いたくなる。「発言の自由」を謳歌した中間の議論なしに飛躍した勝手なパフォーマンスに見える。奇を衒ったとしか思えない。相変わらず感情論先行で現実を考えていない。

結論から云えば社民党は衆議院議員が2名という為体、だから国政には殆ど影響ない。20年前には社民党の村山富市が総理大臣になったがこれもブラックユーモアに近い。社民党は平成元年の総選挙では140名くらいの当選者が居たような気がする。自分たちの政治思想が何だったのか、の反省は無い。

「北大西洋条約機構」という米欧の軍事条約がある。日本には日米安保条約がある。日米共同戦線でアメリカは日本を守るが、日本はアメリカを守る戦闘行為はできません、憲法9条があるので、とそれで済んできた。基本的に他国を応援するなら後方支援に限られた。話は飛ぶが、憲法解釈は戦争を欲するのではなく、誰が考えても抑止力の保持が主眼。それもこれからの議論。中国・ロシア・北朝鮮など、不埒な国が無ければ憲法解釈も必要ない。

問題になっている慰安婦問題は、社民党党首だった福島瑞穂が“火付け役”だった。この厚化粧の旧大臣は、だんまりを決め込んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2014/8/18  19:06

また朝日新聞  身辺世相
例年08月15日のセレモニーの一部と化した「靖国神社」参拝問題。これも例年のごとく韓国・中国が反対を表明した。≪韓国外務省は靖国神社に安倍晋三首相が玉串料を奉納したことは「慨嘆を禁じ得ない」≫序に中国は≪断固反対する≫との反応。このブログで何度も主張するように両国とも内政干渉。日本は韓国・中国の政府行事にイチャモンを付けたことは無い。日本のやる事、為す事の反対は、ワンパターンで物悲しくさえある。

日本からみれば解決済みの「朝鮮半島の慰安婦問題」だが、ここにきて韓国の日本攻撃の潮目が変わった。20〜30数年も経てようやく朝日新聞が「朝鮮半島における慰安婦、強制連行」の記事は、嘘の証言を元にしたと告白した。つまり記事は捏造だった。ただし認めただけで謝罪はしていない。他のメディアの追求で耐え切れなくなったのが真相。朝日新聞が端緒の「強制連行」は単なる隣国の日本嫌いの感情を超えて、韓国のプロパガンダで世界に発信されてしまっている。世界への誤信は簡単に元へ戻らない。

最近は、閣僚が靖国神社を参拝しても日本のメディアは“公人ですか、私人ですか”などとツマラナイ質問は控えるようになった。政治家の参拝に他国がとやかく言うのを日本国民が訝しく思うようになったからでもある。メディアも漸く他国の反応に迎合するのが国益に反することに気付いた。

慰安婦は朝日新聞が発信元、靖国神社問題も朝日新聞が発端、最近では福島原発事故でもミスリード。東京電力福島第1原発事故に関してのいわゆる「聴取結果書」(吉田調書)の報道で≪「所長命令に違反、原発撤退≫を見出しにした。これでは原発処理を怠ったことになる。これも誤報。真相は撤退ではなく「待機、退避」で東電社員は逃げていない。思想・良心・発言も自由なのだが、度が過ぎたのか、自らをの存立を脅かす「不買運動」を招来している。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/8/15  22:26

盂蘭盆行事  身辺些事
今日は「終戦記念日」、事実は敗戦記念日。セレモニーは例年のごとくしっかり行われた。これは次回記述。

よその地域は知らないが、筆者の生まれて今暮らす平塚市北部では、旧盆の行事が残っている。いわゆる精霊棚が添付のように門前で設えられる。13日夕刻、迎え火を炊き、精霊を迎え、16日には送り火を炊いて送り出す。筆者の幼い頃は集落は殆ど専業農家だったので、こういう風習があり“廻り地蔵”などもあったし、今でも道祖神の石碑は健在。

精霊棚は部屋中の仏間にもあり、真菰(まこも)を敷いた祭壇を設ける。門前の棚は足をつけた胡瓜、茄子が定番。これは精霊があの世から帰ってくる時、乃至この世から帰っていく時の乗り物。盆砂を固めた祭壇に階段を設けて精霊を待つ。家の中での棚には、ほおずきを提灯に見立てる。家の内外でも供花は同じ。地域によって違うが、収穫された農産物を供えるのも同じ。農作物は多ければそれだけいい、要するに“稲作村落共同体”の非日常の儀式。

筆者に記憶があるのは子供の役目だったのは精霊棚を作るための“盆砂”掘り。車社会では農地に食い込み拡張、2車線の道路に舗装されている。盆砂は「富士砂」とも云われ青み濃い砂だった。

孟蘭盆に重ねたるかなや終戦記念わが父広西に逝き五十三年 平成13年
スーパーに真菰苧殻(をがら)の並ぶとき盆棚しつらへし母を思ひぬ
幼き日盆砂掘りし農道に道祖神は残る舗装されても

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/8/12  18:05

最新録画事情  映画TV
筆者の私は、テレビ番組は昭和の時代から(VHS)録画を使用。後で好きな時間帯に見られること、CMを飛ばして見られることにある。無論、今はデジタルDVDの時代。平成時代初期ハイビジョン放送が開始され20数年ののちアナログのブラウン管テレビが駆逐され大型の液晶テレビになった。且つ高画質のハイビジョン番組が録画できUSBメモリーの外部保存もできる。

部屋の大きさの関係で32型のテレビを愛用。昨年暮、購入したのが録画機能付シャープ・アクオス、間違ってもサムスンなど願い下げ。これで録画機は21台目。アナログ仕様は、8oデッキのみ。

稼動中の録画機(日付購入時期)
パナソニック DMR-BR590(HD・BD・DVD)平成22年12月
ソニー BDZ-SKP75(HD・BD)平成22年12月
シャープLC32DR9(HD・BD)平成25年12月
ソニー EV−FH10(8o)平成09年07月 休眠中
パイオニア DVR-330H(HD・DVD)平成18年01月 休眠中
シャープ DV-ARW12(HD・DVD)平成18年02月 休眠中
ビクター DR-HX250(HD・DVD・VHS)平成21年03月 休眠中

左上からBR590、BDZ-SKP75、DV-ARW12。TVはLC32DR9、下へ休眠中のビクターセレクター、EV−FH10(8oテープ)、DR-HX250(VHS)。

TV録画機でのダビングはBD(ブルーレイディスク)しか通用しない。標準のDVDはDMR、BDZ、LC32。家電量販店ではBD DVDが主流になった。大量にあるVHSをどう取り込むか研究中。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/8/10  20:38

韓国国是  身辺世相
このブログの愛読者から以下の質問があり、知る限りにおいて考察したい。
≪従軍慰安婦問題(問題にしてるのは、彼の国だけだが…)このヤクザ的言いがかりの発端は?発端当時の韓国事情を是非考察願いたい。在米の韓人たちが慰安婦の碑をあちこちに建てまくっているが…アメリカのマスコミはどのような受けとめをしてるのか?≫

この設問には間違いがある。“従軍慰安婦”とは日本の反体制の学者の恣意的造語でそんな慰安婦は居ない。従軍医師、従軍看護婦、従軍記者は居た。慰安婦とは売春婦のこと、接客婦、酌婦、芸者など法律が許す「公娼」で、強制連行ではなく、任意の問題。日本陸軍の作戦に同行したのは、公娼を何人も抱えた民間の売春業者で、軍は“性病”を恐れてこれを制御したのは事実。

アメリカに「慰安婦象」などを建てて満足している朝鮮人は、これは完璧なプロバガンダ(政治宣伝)でインテリジェンス(諜報)の勝利。韓国の国是に他ならない。アメリカの国会議員は寄付で政治資金を賄っている。資金を出してくれれば日本が困っても意に介しない。アメリカの議員は、日本はアメリカとの軍事同盟で潤っているぐらいの認識。だから寄付があればその人の味方になる。欧州からはみ出た人が造り上げたのがアメリカ。はみ出し朝鮮人は、基本部分でアメリカに同化していないが母国に郷愁がある。とにかく自分たちが決めつける劣等民族?の島国日本が困ればいいだけの話。

今日の韓国の経済的基盤は「日韓基本条約」における日本の無償・有償の援助、ベトナム戦争参戦での多額のアメリカの援助、世界中で活躍する朝鮮人慰安婦の稼ぎが三本柱。それを意図的に奨励したのがパククネ大統領の父親パクチョンヒ。朴正煕は日本陸軍の将校だった。今の韓国大統領こそが、これらを全て知悉している。日本に逆らうことが国是の国は悲劇だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/8/9  19:24

残暑見舞  身辺些事
このブログお越しの皆様へ残暑お見舞い申し上げます。

このパラボラアンテナのような花は、トロロアオイ、花弁は和え物、てんぷらなどで食することが可能らしい。筆者は、ブログの記事投稿は背景を濃くして文字は“白抜き”が好きだが、スマホでは視にくいとのことで表示方法を変更試みているが、これがなかなか変更できない按配。暫時猶予のほどを。

明日は短歌の例会だが、この猛暑は「青菜に塩」で暑さに弱い体質と齢になったので欠席。二回り上の選者を見習いたい。

朝日新聞がやっといわゆる「慰安婦問題」に言い訳をした。20年以上も前から指摘されているのにやっとだが、しかし謝罪ではなく単なる弁明。

◇韓国・済州島で慰安婦を強制連行した証言を、虚偽だと判断。
◇若い女性を動員した「女子勤労挺身隊」を慰安婦と誤用した。
◇朝鮮や台湾では、軍などが組織的に強制連行した資料は無い。

いくら弁明しても朝日新聞の「慰安婦強制連行説」は、国連、アメリカ本土にまで浸透してしまった。このへんで訂正・弁明しておかないと、朝日新聞の記事が発信元だと、取り返しがつかないこととやっと判断した、のが真相。大阪市長、NHK会長の発言が虚言でないことが、この敵失で証明された。

ベトナム戦争でライダイハン(混血児)を大量に残した韓国から、とやかく言われる筋合いはない。必死に隠しているが米軍相手の韓国人慰安婦が、韓国政府を訴えた。どう推移するか見もの。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ