2014/11/1  21:44

マクドナルド・昭子氏02  身辺世相
「捕虜虐待はお互い様である」の記述に「身も蓋もない幼稚な議論」と言われて少しく反論したが大人げないので今回で終了。昭和史、太平洋戦争に興味がなければ殆ど触れられない「インパール作戦」の実態くらいは知らないと「捕虜虐待」の事実など全くの「森の枝葉論」。現今それを象徴するのが「慰安婦問題」、つまらぬ話だ。強制・強制性など問題ではない。戦前の日本は貧民の国、朝鮮半島は極貧の国だったことを何故メディア・政治家は触れないのか、強制連行されたのは慰安婦などではなく男の一般市民で有無を言わさず戦争最前線へ送られて飢餓と病気で300万人弱が死んだ。いつまでも慰安婦などと言っているのは韓国・中国だけで日本政府は適当にあしらったらいいと思う。北朝鮮も含めて完璧に“タカリ国家”だと思う。

産経新聞10月20日にマクドナルド昭子氏のことがかなりのスペースで記事になった。昭子氏は数少ないインパール作戦の生き残りの兵士を父に持つ。経緯が報道されていたから本名を出しても差し支えないと思う。父親は従軍医師だった浦山泰二氏(92歳)、長女の昭子氏(63歳)が仲立ちして英国退役軍人のロイ・ウェランド氏(93歳)ら4人が訪日。横浜の英連邦戦死者墓地、千鳥ヶ淵墓苑、靖国神社へ参拝した。日本陸軍31師団を率いて前線を撤退させた佐藤幸徳陸軍中将の墓碑がある山形県庄内町にも詣でて日本軍兵士と涙の交流があった。庄内町訪問は25日、10月下旬には靖国神社に詣でた筈。イギリス軍元兵士が靖国神社に参拝するとは新鮮な驚き。靖国神社がA級戦犯の“墓地”と云って憚らない彼の国の言い分がいかにプロパガンダかということ。神社と墓地の相違をイギリスは理解している。

ロンドン在住の日本人がこうして日英和解に地道に取り組んでいることが、筆者には誇りに思う。あること無いことを記事にして捏造、国益を損ねているメディア、いわゆる革新系人権派政治家などは、何も言えないだろう。英文が理解できなのは筆者の頭の悪さだが、マクドナルド昭子氏と聊かのメール交信があったのは重ねて誇りに思う。この事実は朝日新聞では報道されなかったことは自信を持って言える。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ