2015/5/28  22:40

YS11  昭和史
昨日、日本の国産機第一号の「YS11」が、再び飛び立って高松空港へ無事着陸したと言うが、これは素直に嬉しいことだ。製造着手は、小生の中学生の時の昭和34年。中型の双発プロペラ機で、むろんエンジンは外国製、ロールスロイス社製だった。初フライトは、昭和37年、182機が創られた。ジェット機全盛時代を迎えて昭和48年、製造中止になった。自衛隊や海上保安庁などでも使われた。今でも70機以上が東南アジアなどで飛んでいる。

国土交通省が空港設備の点検用に使用していたが、平成18年に引退。「もう一度空へ飛ばしたい」と、大阪府八尾市の航空機販売会社「エアロラボ社」が、昨年末に落札した約223万円で落札して、羽田空港で整備していた。保管場所となる高松空港まで8年半ぶりに飛び立ったのが実情。

本年02月に記述したのが、三菱重工の国産ジェット機“<MRJ”。初飛行はまだなのか、就航は二年後らしい。日本は海洋国家だから造船、橋梁技術は世界トップクラスだったが、島国では航空機は発達しなかった。だが小型機に活路求めるのはいい。03月に記述したのは、海上自衛隊が保有・運用する救難飛行艇US-2。これは民間会社が開発、海上自衛隊に4機納入されている。1機100億円。武器は積んでおらず純粋な救難飛行艇。日本の領土を伺う中国を牽制する意味で、インドへ輸出する計画は賛成。

比較するのも問題だが、昭和30年代の国産飛行機が甦り、一昨年、赤レンガの東京駅が甦り、アナログレコード、真空管アンプも静かなブーム、SLは相変わらずの人気、DVDでは「クレージーキャッツ」が売れている。「昭和は遠くなりにけり」だが、昭和30年代の「高度成長時代」の記憶は、まだまだ生きている。画像はユーチューブ→プリントスクリプト→ペイント→フォトショップ。無断使用は許されたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/27  20:32

一次史料  昭和史
月末の所属短歌会の文字入力の仕事は今、停滞中。毎月発行される歌誌は、随筆、歌評以外の肝腎の歌は、選者が添削する。3人の選者の長老は大正09年生の96歳。自分の歌を作り、添削も十分に可能、しかし足腰が弱り体調もよくなく3週間入院した。他の二人の選者にもそのしわ寄せが来て、約半分の文字入力を担当する筆者も“目チカラ”も弱りスムーズではない。何れこれは解決されるとして月末の筆者の仕事は、ここ3日間休憩中、他に担当する5点の画像カットのモノクロ画像を先にメール送信した。

筆者のHPの『戦争の昭和史』は中々捗らない。各頁も幼い文章だから随時推敲、書き直し中。各項目は素人の作文だから仕方ないが、内容の近現代史・昭和史に間違いがあるのはいけない。そこで座右の書を揃えている。

◇『日本史小事典』文英堂 事変・内閣の確認
◇『注釈憲法』有斐閣新書 日本国憲法条文確認
◇『兵隊たちの陸軍史』伊藤桂一 新潮文庫 戦争の最前線を確認
◇『帝国陸海軍の基礎知識』光人社文庫 陸海軍の軍政・軍令確認
◇『戦時用語の基礎知識』光人社文庫 昭和の世相確認
◇『近現代日本を史料で読む』御厨貴 中公新書
◇『昭和史の一級を史料で読む』保阪正康・広瀬順晧 平凡社新書

前記2冊は昭和の時代の鉛の活字の印刷。定年まで印刷会社勤務だったので懐かしいが目の衰えは著しく読み辛くなった。後記2冊の新書は、近現代日本史の案内書。昭和史の一級資料は文庫本では10冊程度、ハードカバーでは「木戸幸一日記」「高松宮日記」を所持する。木戸日記、高松宮日記は膨大な分量でとても読みこなせない。素人の昭和史でもおおよその確認は必要。大方は読書感想文を脱却できないが、できるだけ一次史料を使用“厚み”を加えたい。予定する4点だけでも大ごとでこれからの史料収集。

◇「ある陸軍上等兵の死・戦病死史料」 完成。
◇「独立歩兵第二二二部隊第二中隊」 国立国会図書館へ行って確認。
◇「ノモンハン事件参戦○○氏の場合」 手紙で問い合わせ。
◇「太平洋戦争と印刷の話」 神田神保町で史料探索。
◇「東京大空襲・墨田区石原4丁目、昭和19年生の場合」同級生に確認。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/21  22:59

隅田川に架かる橋  昭和史
半年ぶりにホームページを更新した。116回目、旅のページを「旅ブログ」に移行したりしたのでページそのものは減っている。

今年04月に中央区─江東区に架かる清洲橋を撮影、05月17日は暑さがやってきたが、半ば熱中症になりながら、これも中央区─江東区に架かる永代橋を撮影、タクシーで移動、勝鬨橋を撮影。そのあと短歌会例会に参加、14000歩。、このへんが限度だ。隅田川に架かる南側から勝鬨橋、永代橋、清洲橋は、景観はむろんだが何より建築工法に価値があり昭和前期の架橋でもあり平成19年、国の重要文化財に指定された。

昭和46年当時、29倍の競争率を突破、江東区佐賀町の「深川佐賀町市街地住宅」に当選、いわゆる団地族。だが今では刑務所の独房のような四畳半と流しと玄関だけの風呂もトイレもない公団賃貸住宅。公団住宅は八階建ての三階以上、さすがに建て替えなのか閉鎖された。ビルの持ち主は「ちくま味噌」の乳熊ビル。このビルは永代橋の脇にあり西側は隅田川を臨むいわゆるビューポイントにある。ビルの脇には「赤穂浪士休息の地」の石碑もある。

大正時代の原敬(はらたかし)内閣の「ワシントン海軍軍縮会議」の条約締結で、鋼鉄が大量に余り、関東大震災にも遭遇、それを期に10橋も架橋された。前記3橋は東京湾の入口に当たるので帝都復興のシンボルになった。隅田川の橋は軍縮の象徴なのに以降、昭和前期はいわゆる軍国一辺倒になり、つまるところ東京は焼け野原になった。焼けたのは墨田区・江東区の街、3橋は無事に残っている。無機物より東京市民を焼き殺すのが目的だったのが現実。添付は永代橋。昭和47年まで都電も通っていた。

月末の仕事の原稿が到着。ブログしばらく休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/19  21:23

何でも反対  身辺世相
日曜日の「大阪都構想」の住民投票は、僅差で賛成が上回ると予想したが、何と僅差で反対された。大阪も意外に保守的だ。橋下徹が7年半頑張ったのに、やはり抵抗勢力の壁は厚かった。歴史ある湾岸地域が軒並み反対で、今の大阪の中心地は、若者を中心に賛成が多かった。年金生活者が今より受給が少なくなる等のネガティブキャンペーンが効いたのが実態。橋下が二重行政や“ハコモノ”の杜撰な実態を炙り出さなければ放置されていたに相違ない。公明党、日本共産党は「生活保護者」などの味方!?は、筆者の斟酌。

それにしても判らないのが自民党大阪府連、なぜ民主党・辻元清美や山下共産党書記局長などと宣伝カーで呉越同舟なのか、維新の党に負けてなるものかは解るが、敵の敵は味方で、安倍政権の足を引っ張っているのを承知での行動は頂けない。これでは大阪の若者もついていけない。

何でも反対なのは、日本のすぐそばにある韓国。この国の“歴史認識”は主義主張を通り越して涙ぐましい。世界文化遺産に登録される見通しになった「明治日本の産業革命遺産」、これはこれで結構だと思うが、韓国は「世界遺産条約の基本精神に違反する」と非難。中国外務省も「中国は韓国と同様に重大な懸念」と非難。一国の世界遺産登録問題は、外交問題ではない筈。

イチャモンの理由が中国や朝鮮半島から強制徴用された労働者が苦役を強いられたから「日本の軍国主義による重大な犯罪だ」とのこと。評価の対象が1853〜1910年の期間で「日韓併合」や「第二次大戦」とは時期が異なる。ホンネでは逸早く日本が近代化したのが許し難いらしく感情論が謳歌する。

韓国国会は、安倍首相の米議会演説に対しても、全会一致で糾弾決議を採択した。他国の総理大臣のアメリカ議会の演説さえ非難するのは失礼も甚だしい。日本の総理大臣のアメリカ訪問そのものが失敗するとは韓国メディアの論調だったらしい。その一方で朴槿恵大統領は、日本経済界の訪韓団と会談し、韓国への積極的な進出を期待したというがムシがいい。

添付は、長崎「端島炭坑」(通称・軍艦島)ネットより拝借した。この保存工事で日本は忙しい。3年後のピョンチャン冬季五輪が危ぶまれているらしいが、パククネ大統領は、3年後は現職にない。北朝鮮はXディが囁かれている。日本は「助けず、教えず、関わらず」は、専門家の意見。先ずはアメリカ大陸での“慰安婦象”など撤去してからの問題。「慰安婦」が世界記憶遺産とはブラックユーモアかも。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/16  20:18

大阪都構想  身辺世相
明日、大阪では「大阪都構想」の是非が問われる住民投票がある。筆者は大阪に住んでいないし、パック旅行で一度、大阪城に行っただけだし「維新の党」の支持者でもないので殆ど言う資格はない。ただ個人的に橋下徹のような人物は割と評価する。父親が被差別部落出身のヤクザで自殺、母子家庭で苦労し猛烈な勉強をしたのだろうが、大学を卒業後に司法試験に合格、弁護士として活躍、テレビ番組でも好評。以降は伝えられている通り。自分では到底不可能だからサクセスストーリーは文句なく讃える。

頭の回転がよく喋りも旨い。ただ嘘を付けない性格で、サービス精神旺盛なので舌禍を招来しているが、ここでは多くは割愛。慰安婦問題の先駆者秦郁彦氏は、概ね間違いないと言っている。捏造は朝日新聞だったのが漸く認知された。重複するが大手メディアは、既成の秩序に囚われない“成り上がり”の政治家を嫌う傾向にある。その典型は田中角栄総理大臣だった。

大阪都構想の骨子は、二重行政・住民サービス・財政効果、反対勢力は今になって無駄はない、サービスは低下する、無駄削減の効果は無いと対立。どちらが正しいか判らないが、何年か前の太田房江知事は何も出来なかった。記憶にあるのは「府市合わせ」を“不幸せ”に掛けられて失敗したのか。

ネットの情報では≪大阪府と大阪市はむっちゃくちゃ仲が悪いんです。≫とある。大阪大学・京都大学卒の闘いもあるらしい。京都大学教授の藤井聡はどこまで本気か「日本列島強靭化計画」が“売り”で、大阪都構想には反対する。学者は財政のことは考えない。さすがの橋下もうんざりだろう。

どちらの側も云わないのが大阪府の膨大な借金だ、財政破綻寸前らしい。全国の市町村でも第一位を誇る!?のが大阪市の「生活保護」世帯と人口。何でも20人に1人は受給者だと報道されている。彼等も投票権があるから言えないことになる。60歳以上なら就職口も無く、病気でも抱えて居れば仕方が無いが、それにしても多い。一旦受給すると働くのが嫌になるとも云われる。

ともあれ大阪市役所は、保守も革新も無い既得権益でがんじがらめの“伏魔殿”らしい。住民投票でたとえ否決されたにしても有能な人物、政治の舞台から消えることはない。添付の週刊誌は読まなかった。この週刊誌は回収されたのか。上から目線の新聞社の面目躍如。捏造しても出る杭は打つ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/13  21:22

近藤正臣  映画TV
今年になって初めて映画を観て来た。字幕を見るのが煩わしいので外国の映画は殆ど観ない。(英語もできない)10年程前「硫黄島からの手紙」の日本版は観たような気がする。本日のメニューは「龍三と七人の子分たち」、監督は北野武、才能あふれる人物だが、映画に関しては賛美・批判が拮抗する。筆者は初めてだった。エンターテインメントとしては、まあまあの出来。むろん脚本・監督の腕だが、出演者の演技の上手さで成立している映画だ。

主演の藤竜也、近藤正臣が映画の内容と同じく70歳代前半でいい味を出している。筆者は近藤正臣のファン。最近は、NHKの時代劇出演が多いからである。あくまで準主演で存在感がある。昨年は「吉原裏同心」、数年前の「秘太刀馬の骨」の悪役は絶品だった。津川雅彦などと同様、キャストのテロップではいちばん最後に記されて、もう完全に大物俳優の感。

昭和17年生、京都市山科区出身、母親が小料理屋だったらしい。板前修業もした。京都松竹でのエキストラが出発点。昭和44年、TBS「柔道一直線」での足の指先でピアノを弾くのは何だかナンセンス。つまり20代後半から、TV・映画・CMで活躍。年間三分の一は岐阜県郡上八幡の別邸で過ごす。川釣りが趣味で酒は飲まない。

バラエティ番組では小堺一機らの近藤正臣のセリフ回しが屡々評判になっていた。30年?くらい前の「笑っていいとも」では、ある日「近藤正臣デー」があった。「近藤でーす」で始まる物真似を俳優の奥田瑛二、小堺一機、片岡鶴太郎が勢ぞろいして、本人も交えて物真似合戦。今は死語になったS−VHS録画器の新機種に何でも録画して楽しんでいたのが実際のところ。

先年NHKの「夕どきネットワーク」では白髪は染めず、和服を見事に着こなしていた。プラーベートでは大学生の孫も居る。筆者に子供は居ないが居れば「正臣」だった筈。刑事役・悪役・時代劇もこなすいい男優は多い。因みに石橋蓮司、小林稔侍、柄本明、本田博太郎等々。

以下は最近見た映画。「あなたへ」「小さいおうち」が印象に残る。
2012.08.25「あなたへ」降旗康男監督、高倉健主演
2013.01.19「東京家族」山田洋次監督、橋爪功主演
2013.08.10「少年H」降旗康男監督、水谷豊主演
2014.01.25「小さいおうち」山田洋次監督、松たか子主演
2014.10.04「蜩ノ記」小泉尭監督、役所広司主演

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/10  20:24

そのバスに乗るな  身辺世相
中国指導の「アジアインフラ投資銀行」に参加したのは57カ国。「勝ち馬に乗れ」は、戦前の昭和史によく出てくるフレーズ。ナチス・ドイツの勢いに「バスに乗り遅れるな」が、当時のメディアの主張。70数年前の新聞論調と似ていて歴史は繰り返す。読んでいないが多分、朝日、毎日、東京新聞はAIIBには反対していないに違いない。日経は経済的側面を論じているのか。中国が嫌いな産経はむろん反対。そのドイツやイギリスまでも参加したのはEUの経済事情で、殊にドイツは日本よりかなり輸出依存の国、中国の保有外貨は魅力に決まっている。ベンツ社などは中国輸出で潤っている。

アジアのインフラ、生活基盤は整っていない。年間70兆円も必要らしい。だが同様の「アジア開発銀行(ADB)」がある。ただしここは貸出の審査基準が厳しいらしく中国はそこを突いてきた。でもそんなことはアジア各国も百も承知、最初からまさか債務焦げ付きを企んでいると思えないが、現実には有り得る。中国は中国でもっと遠大な計画の資金にしようとしているらしい。それは現代版シルクロード“一帯一路”構想。でもこれは自国経済のためのもの。大風呂敷はこの国の常、信用できない。

つまり中国経済の鈍化は著しく自分の国のインフラを整えないと、経済失速は間違いなく、当面の過剰な鉄鋼、セメント、人的資源も改善できる。あくまで中国共産党一党独裁のためである。13億人、日本が10個もある勘定。資金はいくらあっても困ることはない。

最近“日本の歴史認識”などと声高に言わないのは、日本に参加して欲しいからに決まっている。だいいち貸出など実務に精通していないから言い出したものの困っているのは中国そのもの。日本は当面“高みの見物”を決め込むのがいい。「バスに乗り遅れるな」と戦前、日独伊三国同盟に走って墓穴を掘った二の舞は避けるべき。

インド、ベトナム、フィリピンなどは日本が個別に対応すれば南シナ海への中国への覇権も抑えられる。最後まで日米共同で眺めていればいい。日本は参加したら3000億円の資金を毟り取られる。経済は科学と物理の世界。メディアの好きな精神論は要らない。「そのバスに乗るな」が結論。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/8  22:51

日本を愛したスパイ  昭和史
言論の自由を謳歌しているからといって、ノーベル文学賞を貰った日本の高名な小説家が、何の贖罪意識か日本の体制をひたすら悪く言うのは、舌も縺れているが、これは老害。小説もどこを評価されたのか、ひたすら面白くない。戦後、母国で良く言われるどころか迫害を受けたが、日本贔屓の外国人が居て、これは素直に嬉しい。だがそういう外国人は、日本のメディアがまともに取り上げていないように思うのは、これも一市民の老害感情なのか。

比較的知られているのが、戦前の駐日アメリカ大使、ジョセフ・グルー、駐日イギリス大使だったロバート・クレーギーは、ウィンストン・チャーチルに遠ざけられた。言葉として云えばドイツのスパイだった“ドクター・ハック”ことフリードリヒ・ハックは、今の日本では殆ど知られていない。ハックは、第一次大戦でドイツ軍の志願兵として日本軍と戦う。日本の捕虜となったが、母国語に加え英語、仏語も堪能、捕虜時代日本語も覚えた。以後日本軍の通訳として活躍、釈放後も日本との関わりが増す。

昭和史の書では、ドイツとの関わり随所に顔を出すのがハック。
@『新潮45 2014・1月号』「原節子とナチス」
A『幻の終戦工作』竹内修司(文春新書)
B『日本の選択9「ヒトラー」に派遣されたスパイ』NHK取材班 角川文庫

角川文庫は、昭和の時代、NHK特集という番組だった。NHKは、生涯流浪の身だったハックの甥、ハック医師をインタビュー、多くの近代史史料さえゲットしている。3冊の書を再読してもハックのタテ、ヨコの関係は複雑多岐。言えることは甥の証言から「日本が好きで好きでたまらなかった」のが事実。

原節子が抜擢されたのが『日本の土』、企画は川喜多長政だが、真のプロデューサーは、そのハックだった。日本のためになると思ってハックは「日独防共協定」(昭和12年)に邁進した。その道具として映画を活用した。同じドイツ人スパイでもリヒャルト・ゾルゲはソ連のスパイで日本を貶めた。登場人物が多いのでハックを中心にその関係のおさらいになる。

◇アーノルド・ファンク ドイツ人映画監督、ハックの友人
◇新渡戸稲造 南満州鉄道総裁 ハックはドイツ人顧問の秘書
◇アドルフ・シンツィンガー 武器輸出商会共同経営者
◇酒井直衛 ベルリン海軍事務所顧問 武器輸出の仕事でハックと知り合う
大島浩 シンツィンガーの友人
◇東郷茂徳 当時外務省欧亜局長 日独協定の実務者、旧知の関係
◇ヨアヒム・リッベントロップ ナチス・ドイツの外交部長
◇ヨーゼフ・ゲッベルス ナチス宣伝相 映画製作費を出す
◇藤村義朗海軍中佐 日本海軍スイス駐在武官 ハックを介して和平工作
アレン・ダレス 戦後のCIA長官 スイス駐在 ハックの雇主

画像は左からファンク、川喜多、ハック。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/6  18:42

原節子02  昭和史
原節子主演の映画では、何と言っても戦後の今井正監督作品『青い山脈』(昭和24年)、小津安二郎監督作品『東京物語』(昭和28年)が有名。東京物語は山田洋次監督が「東京家族」というオマージュを製作した。後者は、原節子は英語教師の役、蛇足だが共演の池部良が31歳で高校生を演じた。戦後すぐ昭和21年の黒澤明監督作品『わが青春に悔なし』も評価が高い。

戦後を代表する日本の映画監督は、黒澤明小津安二郎と言ってもいい。黒澤明の「七人の侍」は、とくに説明の必要もないし世界の映画界に影響を与え、リメイク版も製作された。今でも映画ファンのナンバーワン。小津安二郎の「東京物語」は、2012年、世界の映画監督358人が選ぶベストワン映画。

この黒澤明と小津安二郎に気に入られ多く主演した俳優が原節子。当時の映画界では才能よりデビューしてからの年・本数の秩序が厳然と存在した。いきなり抜擢したのはドイツの映画監督アーノルド・ファンク。ではなぜファンクなのか、ファンクを選んだのは川喜多長政。川喜多は、映画輸入業者として成功していた。陸士・陸大卒で日露戦争に従軍した軍人、川喜多かしこは妻。当時海外の映画を輸入して評判になっても、逆に日本の映画など輸出しようにもドイツでは見向きもされなかった。当時のドイツ人の印象では、日本人は黄禍論のままで“黄色い肌の眼鏡をかけた醜い猿”、女性は“蝶々夫人、芸者”。

原節子主演『新しき土』は完成するが、ドイツ人の製作する日本映画を企画したのが川喜多本人となっているが、これは本人の回顧録に書かれているからが理由らしい。真のプロデューサーは“ドクター・ハック”ことフリードリヒ・ハック(1885─1949)。結論を言えば『新しき土』によって、日本はナチス・ドイツの巧妙な策略に乗せられ、英米を敵に回す序章になった。映画製作と「日独防共協定」がリンクしているのは明白。昭和12年06月の近衛文麿内閣から日本は知らぬうちに坂道を転げ出した。

添付は「わが青春に悔なし」、大河内傅次郎、原節子、三好栄子。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/5  16:20

原節子01  昭和史
今でも時折、TV番組、雑誌で「美人女優」「名女優」「好きな女優」の特集が組まれる。何れもベスト3に入り、筆者は、今はナンバー1と思うのが、原節子。吉永小百合はいわゆる“サユリスト”が多いし、今でもCMなどに出ているからこれもベスト3に入る。顔馴染みの観点もある。日本的美人なら山本富士子、清潔感と気品を加味したなら原節子に異存はない筈。ただし昭和37年、42歳で引退しているから今の若い人には疑問符が着くだろう。

筆者が好きだったのは、もう亡くなったが高峰秀子、現役の岩下志麻、松坂慶子、同世代として吉永小百合、十朱幸代だった。今それを改めるのは、原節子が筆者と同じ06月17日生れで、しかも同じ申年だからである。丁度二回り上の1920年・大正09年生。現在94歳で存命、鎌倉市に住む。東京の老人ホームに移動したとの噂もある。94歳なら独居の生活は無理だ。

原節子のデビューは1930年だが、当時の映画界の秩序を無視して、原を抜擢したのがドイツの映画監督、アーノルド・ファンク。昭和12年02月に封切られたのが、原節子主演の『新しき土』。ラブストーリーで、映画としての評価もイマイチらしいが、見ていないので何とも言えない。二人の若い男女が多少の紆余曲折を経て、中国満洲で暮らすことになるという、多分国策映画だろう。ただこの映画の影のプロデューサーにびっくりする。“ドクター・ハック”ことフリードリヒ・ハック(1885─1949)は、日本語が堪能でドイツと日本陸軍に介在したスパイなのか武器商人なのか。

自分のHP「戦争の昭和史」に、戦争の核心を書こうとすると難問。一次史料を用いていても用いなくてもそれ以前に稚拙な文章なので何度も推敲している。戦前の昭和は本当に“闇黒の世界だったのか”が今の最大のテーマ。昭和11年の二二六事件から日米開戦前までの4年間だけでも世相を反映する様々な事件がある。政治、経済、軍事、市民生活、芸能ネタ然りだ。ここは講談社発行の「日録20世紀」(A4変型判)1937〜1940、昭和12年〜15年までを参照。昭和12年のほぼ冒頭に紹介されるのが「新しき土」。以下次号。

添付の左側の人物がアーノルド・ファンク監督。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ