2016/1/31  23:25

法医学  読書
今の読書傾向は、例えばお笑い芸人が書いて芥川賞を受賞した「花火」など話題にならなければ売れない。筆者は「文藝春秋」を定期購読しているが、この作品は、選評を読んだだけだった。純文学は川端康成・三島由紀夫以来、あまり興味がない。ひとこと言えば芥川賞的小説は「ツマラナイ」からである。芸術作品は、例えば音楽・美術など琴線に触れるのは多々あるが、詩歌は別にして小説では少ない。公立図書館では順番待ちとは一見、スゴイように思うが単行本を購入する程では無いという意味にもとれる。

今はブームが去ったようだが、推理小説華やかなりし頃、それに付随したかのようなノンフィクションもブームだった。それが「法医学」の分野だった。ハードカバーで「法医学教室の午後」が売れた。これは、其の死体にまつわる事件を記述したもので“11刷”を購入したからブームだったのだろう。中公文庫は、法医学関連が多くが出版されている。それらは半ば資料として意義深い。添付の著書は松本清張のお墨付きだ。

ざっと再読したがアヘン、コカイン、モルヒネ、青酸カリなど、実際の事件も詳説されている。古畑種基は下山事件他殺説を学術観点から主張。文化勲章も受賞している。血液型の権威。

毒物の本で思い出したのがヒロポン。昭和26年に禁止されたが、それまでは精神高揚に市販されていた。数年前に読んだ本の中に、ヒロポンをチョコレートで塗したものを製菓会社が生産、軍部に納めていた指摘があった。戦前特攻隊員を募るとき(事実は命令)菊の御紋のあるチョコレートを与えたというからかなり罪深い。この指摘は確認推敲します。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ