2016/2/26  21:56

二二六事件  昭和史
今日は、昭和11年02月26日から80年目(昭和換算で本年は91年)で帝国陸軍が決起した「二・二六事件」があった日。明らかに“右寄り”の産経新聞でももう二・二六事件のことは掲載されない。だが今日は、NHKが渋谷にある記念碑の前で黙とうする警視庁警護班(当時5人が殉職)の姿を取材、報道していた。意図は知らされず動員された当時の一般兵士(現在99歳)へも取材していて興味深くニュースを見た。

暗殺された当時の教育総監・渡辺錠太郎陸軍大将の愛娘、渡辺和子は当時9歳、今89歳でシスター。歴史ヒストリアでもインタビューも受けていたし、文藝春秋03月号でも昭和史の専門家・保坂正康のインタビューをも受けている。目の前で父親が殺された。

この反乱軍の決起では、総理大臣経験者、高橋是清・斎藤実が惨殺された。岡田啓介総理大臣は間違って松尾伝蔵が殺され難を逃れる。終戦の時の鈴木貫太郎内大臣はは辛うじて生き残った。吉田茂の岳父・牧野伸顕(大久保利通の次男)は未遂に終わっている。

今文庫本13冊の7冊を費やして評価の高い『昭和史発掘』の二・二六事件を読んでいる。昨年も二・二六事件を記述した。詳しい読書感想はいずれ叙述、推敲します。添付は至文堂の「現代のエスプリ」昭和50年発行。文系の学生が史料として用いた至文堂の「解釈と鑑賞」、学燈社の「国文学」も休刊、廃刊だ。折しも大型書店の池袋・芳林堂が破産手続きに至ったとネットのニュースがあった。出版事情が減退している

二・二六事件の前段階が「陸軍士官学校事件」(昭和09年11月)。陸軍の主導権争いがその問題の核だ。その翌年に陸軍の逸材と言われた永田鉄山が暗殺された。いわゆる「天空のジャッジメント」で言えば、昭和12年「近衛文麿内閣」ができたころは、「とき既に遅し」で、政治家が軍部を抑えられなくなっていた。この事件の根源は、陸軍の派閥争い、陸軍縮小問題、昭和恐慌という東北地方の疲弊が主な原因。軍人の相克が庶民にしわ寄せがくるのは古今東西変わらない。今も存在する独裁国では、暗殺は続いている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/21  21:05

松本清張02  読書
昭和40年前後に耽溺したのが社会派推理小説、その後読まなくなったのは、膨大な松本清張の著作の文章が雑に見えたのが主因。石川達三、川端康成、三島由紀夫などいわゆる純文学に関心が移った。定年前までは、時代小説の御三家、司馬遼太郎・池波正太郎・藤沢周平作品に親しんだ。

今また昔、愛読した松本清張を読み返している。とにかく小説は読んで面白くなかったらそれは独断と偏見だが小説ではない気がする。ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎のファンだという人はいるのか。高尚な文学は、又吉の「花火」も同様、定期購読している月刊文藝春秋ですら一ページで終了。

廃棄処分にしなかった松本清張の文庫本多数を読み返している。だが悲しいかな眼の衰えが顕著、普通は老眼の眼鏡だろうが、近眼の者は眼鏡を外す、それでも見えにくくなった。雑誌・新聞も老人社会だから9ポイント仕様で、活字は大きくなった。文庫本も売れる著者の本は文字が大きくなっている。昔は8ポイント43字、18行。今は9ポイント、38字・16行。これは有り難い。

松本清張の初期傑作短編6冊は、「D張込み」の最新版を再購入、昔の新潮文庫は定価200円、今は税込み680円。この短編8点は殆どテレビ化されている。2時間ミステリードラマの元祖のような作家だからテレビ局は「松本サマサマ」である。「張込み」は謎解きの推理小説でなく、地味だが質の高い警察小説。これも映画化・テレビ化されている。

戦前の世相を鋭く突いたのが「昭和史発掘」、戦後のGHQを鋭く追及したのが「日本の黒い霧」、何と後者の方が先で、これは一連の事件の10年後の昭和30年代半ばに発表されているから先駆者だった。大宅壮一の名で発表された「日本のいちばん長い夏」(実際は半藤一利)は、昭和38年だ。筆者はこの2点をいちばん評価する。むろん小説は、終戦工作に関連する「球形の荒野」、闇市の娼婦に関連する「ゼロの焦点」を断然評価する。

今月も月末の仕事の原稿が到着。ブログ記述はしばらく休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/20  22:56

達筆の友人  身辺些事
二日前、中学時代の友人から書の額を贈られた。昨年、どの歌が自分のおすすめかと聞かれたので、以下をお伝えした。その筆者の歌を苦心の上、書かれたものらしい。さらっと書いているように見えて、印刷の活字体も同様、様々な書体があるから取捨選択は難儀したと思う。これは有り難いことである。

 住込みの印刷工の吾れ配達へ佃の渡し自転車ごと乗りき

これは昭和38年の18歳のときの追憶を歌にしたもの。小生の短歌で最も評判のいいのは次の歌。だがこれは自分が苦労した青年期だからで自分の思い入れが、所属短歌会の同人にも評価されたのだろう。

 自転車を一度も停めずに業界紙運びし長き白金の坂

これはその二年前の昭和36年の歌。これを書にしてもらえばよかったと思う。だがこれも回想の私生活で、書として額に納めるなら平成14年発表の「秩父路」の歌が、自分ではいいと思う。元気なときの旅先で筆・墨・硯は取り揃えてある。あとは書道は才能は別にして練習あるのみ。

 鐘の音の余韻広がる音楽寺雨に濡れたる紅葉踏み締む
 まどひきて秋の日の照る小鹿坂の蔵の白壁眩しみをりぬ
 手水鉢に公孫樹の枯葉の沈みゐて注げる水に黄の色揺らぐ

佃の渡し」は(2014/8/25)にこのブログで記述した。今はインターネットで自由に画像を検索できるのは有り難いことである。その船は蒸気船であったことが解る。隅田川最南端の勝鬨橋と永代橋には距離があるが当時は佃島はそれほど発展していなかった。昭和38年、翌年の東京五輪のために「佃大橋」が出来て、渡し船は廃止された。当時大量の事務用印刷物を運ぶには、車以外は荷台の大きな自転車が不可欠だった。以下は二年前に50年ぶりに再訪した佃島の歌。今更ながら新派の舞台に「佃の渡し」、浅田次郎に「月島慕情」がある。

 五十年経ちても渡しのスクリューに勢ふ波は眼裏にある
 佃大橋の真下に立ちて行く川の流れを見をり濁りをれども
 追憶の散歩にあれど何か得し思ひのなくて運河見てゐつ
 川沿ひの側道歩き大橋を潜れば杖突く音の谺す
 舫(もや)ひ船動かざるまま朽ちてゆく月島の堀割小波もなし

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/17  22:31

丸ノ内丸善  読書
今更だが、昭和16年12月08日、日本海軍の「真珠湾攻撃」で始まった日米戦争は、当初から“止したほうがいい”と、それも本来なら主戦論の陸軍軍人が発言していたことが知られている。そうした軍人は精神論を排して、物理・科学の面から反対した。経済面から「小日本主義」を唱えたのは、戦後、総理大臣にも就任した石橋湛山でこれはよく知られている。

NHK特集の「御前会議」(平成03年)で紹介された陸軍主計大佐・新庄健吉、「ストックホルム発─小野寺大佐至急電」(昭和60年)の小野寺信大佐(後少将)の冷静な情報発信の事実は、あまり取り上げられない。それは、戦後も逆の意味で「戦前は悪」一辺倒の精神論だからでもある。教育現場で取り上げられることは全く無い。共に筆者の「戦争の昭和史─日米戦争に反対した人はいたのか」で少しく紹介したが、山本五十六やジョセフ・グルー駐日アメリカ大使は、「歴史街道」などの昭和史で大いに取り上げられているから落差があり過ぎると思う次第。

だからノンフィクションでもフィクションでもいいから不遜だが個人的に取り上げようとしているのが、この二人の軍人。当時は、官民揃ってナチス・ドイツへ傾斜していたのが実情で、アメリカなにもするものぞ、との精神論が、理想論と正義論とに昇格してしまった。それが国民の総意になって少数意見を封じ込めていく。日米戦争の発端が反英感情だったのだが、これも殆ど無視されている。“日本は神の国”「戦争に負ける訳がない」は、根拠のない精神論で総力戦なのを知らないのは市民だけではなかった。陸海軍大学を卒業しているエリート軍人が日露戦争の辛うじての勝利からいささかも脱しきれなかった。物理的非戦論は“弱腰”として無視されたのが事実。総力戦を知悉していた永田鉄山は暗殺され、石原莞爾は遠ざけられた。

新庄健吉の事実のあらましは『昭和史発掘・開戦通告はなぜ遅れたのか』(新潮新書)に詳しい。新庄健吉に関しては、この本で知ったとして過言ではない。新庄健吉の最後の仕事はアメリカの国力調査。昭和16年4月〜7月の新庄の孤軍奮闘のデータ作成は、戦後の連合国調査団も感心したという逸話もある。新庄の病死した12月までのニューヨーク・ワシントンの世相はどんなものだったのかを今、調査中で筆者には荷が重い。なにしろ英語は、からきしダメだからである。せめて当時のニューヨークの街並みでも画像で確認したい。

先日、丸ノ内の「丸善」で戦前のアメリカの写真集を探したが、該当するものは無かった。天井まで届く書棚は、目力の衰えた者には聊か探索が困難。当時エンパイアステートビルという高層建築の一角にオフィスを構えた新庄は、当初から国力の根本的差異を感じ取っていたに相違ない。目的の本探索は別の機会に譲るとして講談社学術文庫2冊、平凡社新書2冊を購入、この4冊の読後感はいずれ紹介。何年か前に亡くなった「植草甚一スタイル」は面白そうだ。アメリカ・ジャズ・酒・煙草・推理小説に詳しい。膨大なジャズレコードのコレクションは早稲田大学の後輩「タモリ」が引き取ったと聞く。

東京駅北口丸ノ内口の天井を又、撮影した。昔の東京駅の設計者・辰野金吾を忠実に再現したらしい。鳥のようなレリーフは鷲、実際は2メートルもある。八角の先にある円形部分には8点の干支の動物がレリーフされている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/13  22:50

大本営機密日誌  昭和史
昭和史乃至太平洋戦争の本を読むと必ず参照されるのが「大本営機密日誌」。当時のいわゆる戦争指導者の貴重な史料。だがそれは罪を遁れるためか、多くが焼却処分にされているので数少ないから貴重なだけだ。

題名から解るように行政側の陸軍・海軍軍人が極東軍事裁判で責任を問われたが、実際は大本営つまり参謀本部(陸軍)・軍令部(海軍)軍人が戦争を指導した。連合国裁判は、大本営の軍人に責任を問うと昭和天皇に直結するから、これを避けたのが実態。今から思えば陸海軍人のエリート連中は保身の頭脳も長けていたことになる。

「大本営機密日誌」の執筆者代表は、種村佐孝(たねむらすけたか)で日本の陸軍軍人。ネットで探索すると、戦後にシベリア抑留に遭い、ソ連の俘虜収容所」で共産主義革命のための特殊工作員として朝枝繁春、瀬島龍三らとともに訓練を受けたとある。瀬島龍三は平成19年、95歳の天寿を全うした。だが知る人ぞ知る疑惑の軍人。山崎豊子の「不毛地帯」のモデルとされる。じじつ関西の中小商社だった「伊藤忠」を大きな商社にした。

昭和史・太平洋戦争研究に必須なのが『木戸幸一日記』、『高松宮日記』、『細川日記』、『原田日記』など。近衛文麿の次女の亭主だった細川護貞の日記は昭和19・20年の内容。西園寺公望の秘書だった原田熊雄の日記は大部で高価、ここまでは購入できずにいる。

因みに外務大臣・松岡洋右が放逐された昭和16年07月17日の記述を読むと「機密日誌」には詳しく叙述されているが、これがこの日に書かれたものかどうかはよく解らない。松岡洋右の「南部仏印進駐反対」は、今では正しかったことになる。07月28日に日本軍は南部仏印(仏領ベトナム)へ侵攻してアメリカからの石油輸入を止められた。今の北朝鮮のようなものだ。木戸日記には元総理6人が協議のために呼ばれたことが記述されている。高松宮日記には内閣総辞職とだけ記されている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/10  23:32

軍事専門書店  読書
書籍でさえ数多の通販が跋扈する時代、昭和の昔と違って神田神保町の古書街は、日曜・祝日は何と休日。そこで多少は混雑するであろう土曜日を避け、神田神保町・古書街へ行ってきた。13時30分出発、19時30分に帰着。昨年の「古本市」では大混雑だったが、やはりウイークディは空いていた。だがそれは特定の書店であって神保町そのものは賑わっている。

「2008神田神保町古書街」(A4ムック)で遅ればせながら戦争・軍事専門の文華堂の存在を知った。そこは神保町交差点の岩波ホールの裏辺り。何はともあれの感想は“狭い”の一語。間口2間?奥行数メートル?“コの字”型の店内。真ん中の書棚にも本が上下に横積みされている。この書店は大東亜戦争の庶民が著した連隊史などが豊富で、学者など専門家の来訪も多いらしい。

筆者の父親の所属した「独立歩兵第8旅団・歩兵222大隊」の連隊史を調べて貰ったが無かった。軍隊は中隊(100人規模)が基本、記録する意欲のある軍人が居ない限り大隊(500人規模)の痕跡すらない。店主には感謝あるのみ。学者タイプの上品な老人二人が右側の通路で動かず本を探索、この通路の横積みの本は探索できなかった。私語は朝鮮語だった。日本の古書街でヒトラーの本を探していた。自国の改竄ふんぷんの近代史を客観的に編むことが先決ではないのか。ソウル大学ですら日本の援助でできた。

古書店は、請求しない限り領収証は無いようだ。全部で11000円、レジ付近に横積みされていた諜報関係の書物が読みたくて以下を購入。「父の戦記 朝日文庫」500円は“オマケ”でサービス品だった。初版でも売れなかったようだ。

◇加瀬俊一回想録 上・下 山手書房◇ゾルゲ東京を狙え 上・下 ゴードン・ブランゲ 原書房◇謀略戦・登戸研究所 斎藤充功(みちのり) 時事通信社◇暗号 原理とその世界 長田順行 ダイヤモンド社◇インパール作戦 その体験と研究 磯部卓男 丸ノ内出版◇日本の暗号を解読せよ ロナルド・ルウィン 草思社◇大本営機密日誌 種村佐孝(たねむらすけたか) ダイヤモンド社◇父の戦記 週刊朝日編 朝日文庫。他店で「父の遺した戦中戦後・岡西雅子編」連合出版。

大本営機密日誌」は、引用する学者が多い。昭和27年の発行。「暗号 原理とその世界」は昭和46年発行、「加瀬俊一回想録」は昭和61年発行。この三点はむろん活版印刷で何れも史料として価値が高い。暗号・謀略・ゾルゲなど諜報・インテリジェンス関連は早速、明日から読み始める。真冬は暖房効かした部屋で読書に限る。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/8  23:17

松本清張  読書
「日本ミステリー小説史」の帯文に書かれた“クライマックスは、なぜ断崖絶壁なのか?”につられてこの本を買った。つまりTVに週に何度もある二時間ミステリードラマの大団円が、断崖絶壁で終わるパターンを解説している。前記のほかに序文には「刑事は、なぜデカと言われるのか」「ミステリーの語源は」「日本初の女性ミステリー作家」が解説されている。

著者・堀啓子は若い。昭和45年生、慶応大学出身の文学博士。十分に史料を読み込んでいる。明治時代の黒岩涙香から松本清張まで詳しく考察している。前記の指摘は半分的中していた。即ち「ゼロの焦点」の真犯人を問い詰める最終章は、北陸・能登金剛の断崖絶壁だったことを記憶していたからである。殺された亭主の前職が警察官で、その警察官と因縁ある“パンパンガール”が真犯人だった。パンパンは米兵相手の慰安婦のこと。

映画では謎を追う主演が久我美子、犯人役は高千穂ひづる、美人の女優だが今は引退したのか、両者ともに80代だ。

最近、昔の推理小説を読み返していて、それが昭和40年前後の松本清張。この人は42歳?から82歳までの40年間に一体何点の小説を発表したのか。全集66巻から判断すると中・長編が何と100点、短編はそれ以上だろう。刊行数では司馬遼太郎と双璧だろう。筆者が中学を卒業した昭和35年には「砂の器」(新聞)「球形の荒野」(月刊誌)「日本の黒い霧」(月刊誌)を同時並行で連載していたというから何ともスゴイ筆量だ。だからトリックも文章も雑でツマラナクて飽きた感じもしたのが事実。

むろん中短編の推理小説も切れ目なく発表している。今は新潮文庫の短編集6冊を読み返している。死後20年を経ても、テレビの2時間ドラマに取り上げられることが多いから、文豪に相応しいが、愛読者の私の評価が低い作品もある。誰もが評価するのは「点と線」「黒い画集」「ゼロの焦点」「球形の荒野」「日本の黒い霧」「昭和史発掘」だろう。この作家も司馬遼太郎・山崎豊子などとともに「太平洋戦争」が怨念の底にある。多作は、その怨念を晴らすのに様々な角度からの発信だろう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/5  23:33

重複購入  読書
日本史が趣味と云う人の時代の順位なら勝手な解釈だが古代・戦国時代・幕末が所謂御三家。少なくとも筆者に於いては、策謀渦巻く戦国時代は、それなりで、幕末は人物が多くて面倒だ。史料の少ないだけに古代はロマンがある。これも多くの古代史や中国や朝鮮のことも勉強の対象になる。だから敬遠したわけではないが。単純に徳川家康は嫌いだから(石田三成の愚直を好むから)本年の大河ドラマ「真田丸」は、最初から見ている。

偶々か必然か父親が“戦死”なら勢い近代現代史は避けて通れない。ここに焦点が当たるのは仕方なかったと言えば言える。だがそれは未だに自分でも結論が容易に見いだせない「戦争の昭和史」探索の理由と言えば理由。

追憶は、自分の青少年時代。度々このブログで紹介するのは昭和35〜40年頃の社会派推理小説の元祖・松本清張への耽溺だった。これが平成時代になってからは“浅見光彦”シリーズの内田康夫、法廷モノの小杉健治だった。内田作品は初期の10冊くらいはいいがあとは「好い加減にしたらどうだ」というしかない。小杉健治作品は、やはり法廷を舞台にすると人物が錯綜、読むほうも疲れてくる。庶民の立場からの発信は評価できるし、下町が描かれるのは、単純に評価できる。昭和史の大家・半藤一利と同じく向島在住。

昭和史を探求していると当時では考えられない合理的解釈で“精神論”を否定してアメリカと戦争するなど馬鹿げているという今では真っ当な、それも軍人がいたことに気付く。それをブログでノンフィクション或いはエンターテインメントで知る限りに於いて著わしたいと考えているのが昨年からのこと。

今、勉強のつもりでどんどん購入している本は、近現代史、日独伊三国同盟、諜報、CIA、スパイ、アヘン・毒、昭和16年、フリーメイソン、コミンテルン、ナチスドイツ、ユダヤ資本、戦前日本の石油、戦前映画、キリスト教、アヘン戦争、満鉄調査部、真珠湾攻撃など。それらを念頭に参考になりそうな本をまとめて買うと早やくも認知症発症かうっかりミスか、購入しただけの本の中に重複があって、フィクションも実録ものでも表現・著作それ自体がかなり怪しい。今回は昨日、購入したのが以下の本。「決定版 陸軍中野学校実録」は昨年秋に購入していた。この傾向に拍車がかかれば、身体・精神共にこれは危ない。“陸軍中野学校”関連の参考書は多数あって読んでいるが読解には至らないのが正直なところ。

◇年表で読む 日本近現代史 渡部昇一 海竜社
◇盗まれた最高機密 山崎啓明 NHK出版
◇石油と日本 苦難と挫折の資源外交史 中嶋猪久生 新潮選書
◇キリスト教と戦争 石田明人 中公新書
◇日本ミステリー小説史 堀啓子 中公新書
◇スターリン「非道の独裁者の実像」横手慎二 中公新書
◇SAPIO 3月号 小学館
◇決定版 陸軍中野学校実録 日下部一郎 KKベストブック

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/3  21:49

西武黄金時代  身辺世相
清原和博逮捕で思い出したのが「西武黄金時代」。昭和から平成にかけてプロ野球は、西武ライオンズの絶頂期だった。そのころ「日本一」に7度も輝いている。今でも1番から9番までの固定されたラインナップ!を覚えている。即ち
1辻、2平野、3秋山、4清原、5デストラーデ、6石毛、7立花、8伊東、9番投手、東尾、工藤、渡辺、松沼兄弟等々。

昭和58年の西武監督は、巨人出身の広岡達郎。負けてもニコニコしているので巨人ファンから嫌われた。第6戦、あと二つアウトを取れば日本一で、巨人の藤田監督、牧野コーチは、ジャンパーを脱いで胴上げを待った。ところが江川が、大田に本塁打を打たれて逆転負け、翌日も負けて日本一を逃した。昭和58年と言えば、ディズニーランドが開園、「おしん」ブーム、田中角栄有罪判決などを記憶。レーガン大統領も来日した。

昭和62年、西武日本一で巨人を倒したとき清原は三塁上で泣いた。多くのファンが喝采をした。西武ファンの吉永小百合も喜んだ。だがその清原が自分を指名しなかった憎き巨人に、その後入団した時「あの涙は何だった」と吉永は嘆いた。筆者も呆れた。長嶋監督に乞われたのは理由にならない。

清原和博は離婚して淋しかったという。「2型糖尿病」も抱えていたというが「覚醒剤」使用は許されない。だが多いに立ち直るチャンスは残されている。一度の過ちで、その後見事に復帰しているタレントは、研ナオコなど多い。江夏豊もそうだった気がする。番長は番長らしく強くありたい。個人的な感触だが桑田真澄より清原和博の方がいいと思う人は多いと思う。今、筆者は禁煙中だが結構これは辛い。覚醒剤はもっと禁断症状があるだろう。逮捕されて覚醒剤使用は許されない。これが立ち直る切っ掛けになればと正直思う。

それにしても警視庁5課は慎重に内偵していて、今踏み込めば“ブツ”があると判断したならその情報を提供したのは、覚醒剤を提供した側をも知っているのではないか。何だか2時間ミステリードラマの見すぎのような気もする。添付の本は、そのミステリードラマの脚本を書こうと思って(と言っても戦前の予定)毒の書を読みつつ勉強している。NHKニュースで社会復帰を試みている「田代まさし」も登場した。清原は復帰できる。努力されたい。息子は待っている。過去の栄光を捨てなければそれは不可能だ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/2  22:54

浅田次郎  読書
実を言うとまだ添付の本は読んでいない。連合国司令官のダグラス・マッカーサーが残した200兆円の財宝探しがテーマだというからかなり前に購入した。文庫本で500頁を超える厚手の本だから買ったものの読むのを忘れていたのが実情。近頃の読書の主流は、むろん相変わらずの昭和史だった。浅田次郎は「鉄道員・ぽっぽや」が収録されている短編集を読んでいるが、松本清張など事実が重くて庶民の愛憎、ルサンチマン溢れる作品に耽溺した者にはイマイチ物足りない。うつつと現実が綯交ぜになっている作品は筆者の性分に合わないのも原因。新刊では単行本で「獅子吼」は畏友が読書会で取り上げている。

だがこの作家は油が乗り切った64歳。時代小説が主流の葉室麟とともにこの先、20年は読者を満足させるだろう。作家と素人の区別を撤去すれば、この人と共通点は多い。すなわち禿・デブ・眼鏡・喫煙・A型・競馬が好きなことにある。土・日の競馬は楽しみだが、横浜の伊勢佐木町まで行かないとことには場外馬券は買えない。買うと当たらないし、買わなければよく当たる、のタラレバ族の類。浅田は府中競馬場近辺に住むから本格的だ。狭心症を起こしたのに喫煙はよくない。筆者はようやく禁煙した。

浅田次郎はペンネームで本名ではないらしい。自衛隊出身者であるのも自衛隊嫌いな大江健三郎や高村薫などのように現実の政治を批判するでもない。虚構の世界という安全な立場で居る者が、島国の地理的隔絶性を認識しながらの国の政策を批判する風潮は良くない。司馬遼太郎・松本清張・山崎豊子ほどの絶対的な迫力がないからである。「小説の大衆食堂」なる自称は読書家!を自認する者には好ましい作家だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ