2016/6/21  22:56

大いなる誤解  身辺些事
昨日は“遺品整理”よろしく自宅の不用品が片付いた。業者の3トントラックと予備の2トントラックと若者4人が来てくれ2時間強で終わった。本棚、家具、母親の遺品、古本、布団、自転車、消火器など専門家は、手際よく殆ど3トントラックへ納めた。手前が引き戸の二重本棚など二個、家具など何の心配も無かった。バラバラに分解してあっという間に運び去り造作も無かった。流石はプロの仕事だ。むしろ持ち帰ったあとの処分がタイヘンだと思う。

今日は、20年前に最初に購入した2階のエアコンを入れ替えた。故障を修理するより新品の方が安上がりなのは、冷蔵庫、洗濯機の類と同じ。あとは「ニトリ」の通販で注文した本棚を組み立てて、最近読む本を整理して納めれば我家の2階の居住は快適になる。

ところでこのところ整理業者、エアコン業者などトラックが来てワサワサとしているので大いなる誤解があった。拙宅の向かいに澄む“老婆”に「あんた、いろいろ整理・片付けをして老人施設にでも入所するんでしょ」と言われた。怒るよりそういう解釈もあるのかと思った。残念ながら老婆の誤解は、筆者に施設に入所する大いなる金銭がある、と思っていることだった。老婆はアパートを2棟所有、毎月の家賃で多分金銭に不自由!?は無い筈。残念ながら筆者にはそういう纏まった金銭はない。不用品整理、新エアコン、新本棚だけで30数万円、この辺が限度、老人施設入所の頭金は、数字が一桁違うと思う。怒るべきか、悲しむべきか。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ