2016/6/24  22:57

大いなる誤解02  身辺些事
長年の不用品が片付いた。処分品は、物置の汚いガラクタ、プレハブにほったらかしの美術全集やダンボールの衣類・アルバムなど。業者の3トントラックが満杯だった。若者4人が来てくれ2時間強で終わった。不用品はこまめに片づける癖をつけないと大変なことになる典型だ。

22日は、設置後20数年を経過した2階のエアコンを入れ替えた。23日は、本棚を撤去した部屋を朝からマジックリンを壁に吹き付け脚立に乗って大掃除。

24日には、家具の「ニトリ」の通販で注文した本棚が到着する。組み立てを追加注文したので今日は楽しみに待った。業者の配達専門家なら「整理屋」と同じ仕事は早い筈だ。前日に配達の時間を知らせる由で、それを待った。だがそれが無い。メールを確認したら何と配達は08月24日で二ヶ月も先だった。天井まで(120p×230p)届く本棚は受注生産だった。高額商品ではないのに!

拙宅の向かいに澄む“老婆”に「あんた、いろいろ整理・片付けをして老人施設にでも入所するんでしょ」との大いなる誤解があった。これでは半ば認知症でひどい思い込みの誤解だった。だがそれは自分も同じだった。本に囲まれる生活は二ヶ月お預けになった。本に埋もれて“死ぬ”筈がこれもお預けだ。

月末の仕事の原稿が届きました。ブログの記述は暫く休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ