2016/7/30  19:28

小野寺百合子  昭和史
今晩、21時から90分もの大作でNHKドラマがある。「百合子さんの絵本」。録画しておいてじっくり見たあとに感想を述べたいが、戦前北欧・スウェーデン駐在武官だった小野寺信(おのでらまこと)陸軍少将とその妻・百合子の物語。その昔、筆者がホームページを起ち上げたころ、「日米開戦不可ナリ」で取り上げて、娘さんの大鷹節子さんからメールをいただいたこともある。

小野寺信はこのNHKで、小野寺自身が存命のころ既にNHK特集で取り上げられているが、肝腎要の“小野寺情報”を握り潰した元大本営の軍人その人も存命だったから遠慮があったのか。今、脚光を浴びて小野寺夫婦もやっと浮かばれる。言えることは開戦時も終戦時も確かな情報を発信していたことだ。

ドラマの原案になったのは添付の本。新潮選書で分厚い。以下はNHKのインターネットでの予告編の抜粋。

第二次大戦中のヨーロッパで、日本の運命を変えるべく懸命に生きた夫婦の感動実話。陸軍武官の小野寺信(香川照之)と妻・百合子(薬師丸ひろ子)の知られざる諜報戦争。

第二次大戦中のヨーロッパで、諜報の最前線を生きた夫婦がいた。小野寺百合子(薬師丸ひろ子)の夫は「諜報の神様」と言われた陸軍武官・小野寺信(香川照之)。百合子は、信が入手した極秘情報を暗号化し、日本へ送り続ける。だが、参謀本部らの返信は来ない。子供の命が狙われる不安と緊張の日々。夫婦の情報はついに活かされず、原爆が投下され、敗戦を迎える。戦争を止めようと懸命に生きた、知られざる夫婦の感動実話。

事実としてドラマとして最大のクライマックスは、昭和20年03月の「ヤルタ協定」で「ソ連ガ対日参戦ヲ決メタ」ということを小野寺は逸早くキャッチしていたこと。小野寺夫婦が日本の大本営にこの情報をもたらしても一切無視された。案の定、原爆が投下され、ソ連が無慈悲に参戦。日本は敗戦を迎えた。

小野寺情報を握り潰した張本人は、陸軍のエリート将校、証拠など残す筈もない。戦後、関西の小さな商社「伊藤忠」を日本有数の商社にのし上げた。中曽根内閣のブレーンにもなった。平成19年、95歳の天寿を全うした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/28  23:40

菊村到  読書
平成時代になって新潮文庫から『昭和ミステリー大全集』が編まれた。上・中・下、三冊の夫々が600頁に及ぶ文字通り昭和時代を代表る作家のアンソロジー、因みに新潮文庫は、他社の多くは西暦だが、平成という元号を奥付に採用している。上巻の最初の作家が何と佐藤春夫・谷崎潤一郎という大作家。上・17人、中・16人、下・13人で最後の原遼は直木賞受賞者。

この三冊の他にも「ハードボイルド篇」が編まれた。ここには19人の作家。生島治郎・逢坂剛、今をときめく北方謙三等々。ここには芥川賞受賞者で、江戸川乱歩に勧められ、エンターテインメント作家にも移行した「菊村到」の名がある。菊村は神奈川県平塚市出身、本名戸川雄次郎、兄は政治評論家・戸川猪佐武、父は平塚市長だった戸川貞雄。

菊村到は多くの中間小説を発表しているが、全集は編まれていない。平成11年、73歳で亡くなっている。石原裕次郎の映画にもなった「紅の翼」が知られている。昭和32年に「硫黄島」で芥川賞を受賞。松本清張のように古代史・江戸時代・昭和史・戦後史と幅広いジャンルではない。出身がそもそも海軍軍人だったので戦後の社会では、地味で騒がれることは無く超一流の作家では無かったと言える。インターネットの古本の文庫では多くが購入できるのでこれから注文する。

前記の「ハードボイルド篇」では昭和38年作の「獣にふりかかる雨」がある。デパートの外商の営業マンの実態に父親の復讐を織り込み、かなりの傑作だ。平塚市在住で先頃「真田三代」で知られる火坂雅志が亡くなった。郷土の作家は大いに読んでみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/22  22:49

阿吽の呼吸  身辺世相
大相撲が盛り上がっているらしいが筆者にはまことにつまらない。限られた集団と限られた場所の闘技、いわゆる阿吽の呼吸がある筈だが、三人の横綱がモンゴル人ならこれは通用しない。だがそれ以上に稀勢の里は“蚤の心臓”昔のようにがっぷり組み合っての相撲ではない。立ち合いの一瞬の戸惑いは相撲を見ていれば解る。稀勢の里が横綱になるのは二年ぐらい先の話。

力士の怪我の休場も多く詰まらない。大怪我で引退した貴乃花が早く理事長になることを希望する。15尺の土俵はいいが、土俵の四角の部分を夫々半尺(15センチ)広くし、土俵の高さを15センチ低くすれば、ある程度怪我は防げるのではないか。大相撲も改革する時が来ている。土俵上の女人禁制も古い。優勝旗授与を女性皇族に頼むくらいの改革をすべきだ。

昨日購入したのは以下の本。

昭和48年ころか「日本人とユダヤ人」以来、日本人論が勃興した。最近の興味は、構造的な「近代の日本の格差」、凡人には到底解明できないが、前期の数々の風土的貧困が、その元になっている。首都圏に人口が集中するのは政治の貧困だ。それを強引に改革したから今、田中角栄が評価される。

 格差と序列の日本史 山本博文 新潮新書
 家裁調査官は見た─家族のしがらみ 村尾康広 新潮新書
 大空襲5月29日─第二次大戦と横浜 今井清一 有隣新書

6年程前、このブログで記述したのが『日本残酷物語』。この本は、いわゆる四六判(A5版よりやや小、当時では珍しいビニールカバー)の仕様で初出が昭和34年だから戦後14年目の発行で全5巻、文字通り日本列島隅々まで残酷としか言いようのない暗黒・飢餓・棄民・風土病・災害と散々の内容。

昭和時代の前半は凶作・飢餓の連鎖だった。東北の農村では仕事があればいいほうで、飢餓で堕胎・間引き・子殺しは珍しくなかった。戦前、日本人7000万人の7割が農林漁業の第一次産業。その半分が小作人だった。戦後これを改革したのがGHQのマッカーサーだ。これは第二の“黒船”だった。

この本は、昭和50年ころ購入した。第2版で5刷だから専門家以外にも売れたことになる。今でも、「平凡社ライブラリー」で販売されている。平凡社新書で『日本残酷物語を読む』がある。これは昨年発行された。いわば日本残酷物語の解説で、これはこれで索引の趣で、これだけで貴重。

月末の仕事の原稿が到着しました。しばらくブログ記述は休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/19  23:44

六十年安保  日本史
昭和30年代は、即ち筆者の10代。32年、上京以来の記憶の少しばかりこのブログで記述した。もう少し掘り下げようと参考にしているのが次の文庫。

 昭和30年代の意外な真実 武田知弘 だいわ文庫
 本当は怖い昭和30年代 キンマサタカ トライアングル 双葉文庫
 街道をゆく36 本所深川散歩・神田界隈 司馬遼太郎 朝日文庫

43巻の「街道をゆく」は、その1冊だけ読んだ。この一冊だけなのに日本史・近代史が満載だ。これは神田の印刷事情に詳しい。

前記2冊は昭和30年代のあらゆる項目に詳しく目から鱗だ。だが気のついたことがある。それは「六十年安保騒動」2冊の本を隅々まで捜したが全く記述がない。あれほど世間を賑わした事件だったのに記述が全くないのは、記述には値しないツマラナイ事柄だったからに違いない。

筆者は、昭和35年は中学卒業の年、30〜50%は、中卒後、働いた。働らかなければ食べてはいけなかった。六十年安保騒動のタオルで顔を隠し、ヘルメット・ゲバ棒スタイルなどは陳腐なものだった。生活に困らなかった大学生の“暇つぶし”だったとの今の指摘は的を射ている。反権力・反自民・反米などの主義・主張は、その多くは生活に困らない階層の遊びだったと言っていい。学歴の無い階層は、創価学会の折伏・民青の勧誘の雨あられだった!?

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/7/16  23:45

自転車転倒  身辺世相
年末の国内外の「10大ニュース」には必ずカウントされるであろう事件が、今週集中した。

07月12日 中国の南シナ海支配認めぬ国際司法判断
07月13日 今上天皇、生前退位の意向
07月14日 東京都知事選挙告示
07月15日 フランスニースでトラックテロ84人死亡
07月16日 トルコでクーデター200人以上死亡

世界の五大国なのにモラルも秩序もない中国の悪逆非道に世界の関心が集中しそうなのに、この悪い国は、天が味方した。日本の都知事など誰でもいいようなものすごい事件が、世界では多発している。イスラム国には難儀なことだ。これでは英国のEU離脱が正当化されてしまうだろう。

自民党の谷垣禎一幹事長がまた自転車で転倒。この人物は昭和20年生だから70歳を超えている。自分の年齢を考えないのか、不思議だ。都知事選には暗雲?!が立ち込めた。

筆者の短歌会の畏友も昨年、08月、自転車で帰宅の夜間、ひき逃げに遭遇、オートバイにぶつけられ大怪我を負った。友人は、湘南からの筆者の心を籠めた連日の祈り!?によって怪我は回復、健康を取り戻した。

筆者は50年間、毎日30本喫煙していたが、自分の健康と畏友の健康を願い禁煙した。今は、酒は飲まず、女人は寄せ付けず、ひたすら畏友の全面治癒を祈っている。だが祈りは通じないらしく作歌の回復には至らない。まだまだ祈りは足りない。

都民ではないが、都知事選では、英語がペラペラ?の畏友と年齢が近い?小池百合子を支持する。当選しても4年間、とても健康とは思われない鳥越さんは? 困ったことだが筆者が支持すると概ね落選する!

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/7/15  23:21

歌謡曲  昭和史
放送作家・俳人の永六輔が亡くなった。82歳。
 上を向いて歩こう
 見上げてごらん夜の星を
 こんにちは赤ちゃん
の作詞で知られているが、筆者には「黒い花びら」「遠くへ行きたい」「女ひとり」の作詞が圧倒的に優れていると思う。歌も大ヒットした。

小沢昭一、野坂昭如、永六輔の「中年御三家」は、NHKホールか武道館で観戦している。野坂昭如は、毛沢東か周恩来の死を告げていた記憶がある。そうなるとこれは昭和51年だ。だが記憶は曖昧。

添付は岩波新書の「歌謡曲─時代を彩った歌たち」。相変わらずこの新書は、一部の片寄ったように思う主義・主張でいわば“片手落ち”。歌謡曲と云ってもこの書店はアメリカがキライなのにポップス系の歌謡曲ばかり。演歌は美空ひばりくらいしか取り上げていない。今まで聞いたこともない作詞家・漣健児の歌が大いに紹介されているからこれはそれを承知の執筆だ。昭和34年が出発点なのにこの年、大流行した「南国土佐をあとにして」「古城」は、一顧だにされない。あまり時代を捉えているとは思わない。

「黒い花びら」は第1回のレコード大賞だった。今も「遠くへ行きたい」という番組は続いている。「女ひとり」は京都の大原三千院を全国区にした。

1 京都大原 三千院 恋に疲れた 女が一人
  結城に潮瀬の 素描の帯が
  池の水面に 揺れていた
  京都大原 三千院 恋に疲れた 女が一人

2 京都栂尾 高山寺 恋に疲れた 女が一人
  大島紬に つづれの帯が
  影を落とした 石畳
  京都栂尾 高山寺 恋に疲れた 女が一人

3 京都嵐山 大覚寺 恋に疲れた 女が一人
  塩沢絣に 名古屋帯
  耳をすませば 滝の音
  京都嵐山 大覚寺 恋に疲れた 女が一人

1「池の水面にゆれていた」は、結城紬、素描
2「影を落とした石だたみ」は、大島紬、つづれ
3「耳をすませば滝の音」は、塩沢紬、名古屋帯

いずれも視覚・聴覚に訴える紬の表現が絶妙。大原三千院に歌碑がある。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/13  22:49

絶対悪  身辺世相
戦争は“絶対悪”とよく言われる。確かに人が殺し合う戦争が残酷で悲惨なのは古今東西同じだろう。法治国家なら人間を二人殺したら、日本では死刑。殺人は極刑に値する。だが国を守る戦争なら敵兵を5人も殺したら英雄だ。

ここでは理想論や精神論を主張するほどのブログではないので、自分が面白いと思った本を取り上げる。添付は今回紹介する本。「彩国社」とは、あまり聞いたことがない出版社。四六判のソフトカバー、作者の熊谷充晃は、昭和45年生で若いフリーライター。今まで聞いたことのない作者だったが、よく調べたノンフィクションで面白い。

戦争が発明したテクノロジー、戦争が起源の日用品、戦争が起源のシステム、戦争にまつわる偉大な発明など“目から鱗”の記述で参考になる。何よりもこのブログやインターネットのコンピュータは、戦争が起源の産物だ。

ペニシリンや原子力が戦争の産物なのは知っていたが、時計・魚群探知機・点字などもそうだったのは知らなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/9  22:36

無線LAN  パソコン
二階の寝床に近いところでも文字入力の仕事をできるように昨年暮、ノート型パソコン(2階で使用)を購入、これは今までのワープロの代替措置。これまでのワープロのように2階で仕事が出来るようになったのはいいが、悲しいかな眼の按配がかなり衰えていたのは計算外だった。つまりノート型パソコンは、画面が小さく文字が入力し辛いということだ。

液晶ディスクトップ型のソニーバイオ(1階で使用)が24年暮れの購入、同時に購入したエプソンのプリンタは、最近、印刷ムラが改善しない。馴染みの電気店に相談すると修理するしかないという。だが修理代より安いのが添付のプリンタ。今ではプリンタの背面に用紙をセットする機種はもうないらしい。

文字だけの印刷に相応しいプリンタを7000円なりで購入した。これでないと任意の「振込票」など印刷は難しい。安価でも印刷速度はいい。プリンタの設定に電気店(ノジマ電気)の店員が休日返上で来てくれた。ついでにいろいろ頼んで設定してくれた。

ノート型は無線LANで繋がっているので、双方のパソコンでデータのやり取りが可能の設定をしてくれた。つまりUSBメモリを使用しないで二階で一階の、一階で二階のパソコンを操作できるということだ。画像データのやり取りは、驚くほど素早くむしろ楽しい。15年以上のパソコン人生、これは画期的。

更に数年前に購入した「インデザイン」のソフトも双方にインストールして貰い出版物の製版も可能。これで数年後、「昭和史」の新書を作成したい。だが昭和史の執筆の実力の方がむしろ怪しい!?

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/7/7  23:51

期日前投票  政治
三日後は参議院議員選挙、昨日、期日前投票をしてきた。神奈川選挙区は、今回から1議席増え4議席。下馬評では自民党、民進党、公明党が当選確実、どうやら4議席目は、日本共産党が有力、二人目の自民党・民進党も有力候補。政治的信条は、兎も角こうなると筆者の天邪鬼の角がぴくぴくする。

民進党は、前回楽勝だった官僚出身の「金子洋一」が危ないらしい。二人目はキャスター出身の真山勇一だが、こちらの方が、下馬評が高く、票が割れて日本共産党が浮上する?

民進党は政権を担ったのに、期待を裏切り、筆者もこのブログで散々批判した。金子洋一はこれも最も嫌いな“霞ヶ関官庁”の出身。本来ならむろん民進党に投票することはない。天邪鬼ゆえに自民・公明の与党には、先ず投票しない。自民・民進の二人づつの擁立で、日本共産党はどうやら当選が見込まれる。民進党が共倒れで自民二人当選になればこれは鬱陶しい。

裏切られた民進党、しかも霞ヶ関出身の元官僚に止む無く一票を投じて、比例区は当選の見込みのない「日本のこころを大切にする会」に投じた。多分どちらも落選だろう。相変わらず不真面目な投票行動で、選挙は“お願いされる”と逆らいたくなる。選挙は須らく“浮動票”と称されるのがキホンだろう。宗教観に裏打ちされた固定票には、抵抗感はないのか!?

根拠のない“従軍”慰安婦問題で名を馳せた「福島瑞穂」は、今回も当選するのか、嘘つきの“人権屋”代議士は消えて欲しい。新潟の生活の党・元議員の森裕子は当選して欲しい、現在安倍内閣の北方大臣・島尻安伊子は落選確実らしく、とにかく沖縄は、よく解らない。まるで他所の国のようだ。でも国家予算はいちばん手厚い。

添付は本日スタジオパークに登場した筒井真理子。筆者の好きな女優。美しい女優はただ美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/4  21:36

中学同窓会  身辺些事
中学校の同窓会(墨田区立錦糸中学)が今年も開かれた。平成25年12月・新小岩、平成26年11月・秋葉原、平成27年11月・錦糸町で開催。26・27年の07月には、同窓の女性画家の作品鑑賞で上野・東京都美術館へ行き多くの絵画を見る。夫々池之端・上野で飲み会が行われた。

同窓会が年2度は多く、これから1回ということで今回は、所属画家の展覧会と同時開催になった。だから今年は、暮には行われない。だが今回はビッグニュース!幹事のプロデュース努力で静岡県へ転校した同級生の参加があった。何と島田市というからSLで有名な大井川鉄道の近いところだ。旧友は同市で電気店を開業している。何と60年弱の年月を経ての再会だった。筆者は転校する時に見送っている。旧友は忘れていた。

東京都美術館で「朱葉会」(与謝野晶子が発起人の女性だけの絵画展)の多くの作品を2時間かけて鑑賞した。同級の女性画家はこの会の同人。この美術館から梅雨明けのような猛暑の中を西郷隆盛会館までを歩く。

上野西郷会館ビルの「銀座ライオン」でサッポロビールを飲みながら半年ぶりのよもやま話。途中から転校生の旧友と女性の同窓生がもう一人参加。改めて自己紹介と近況報告が始まった。下戸の筆者は、不粋だがコーラとジュース。2時間の酒宴が終了後、計4人が途中参加の二人のため美術館へ逆戻り。筆者は、正岡子規記念球場で小学生の野球をしばし見物のあと帰還。

クリックすると元のサイズで表示します

   春風や まりをなげたき 草の原 子規
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ