2016/8/13  23:07

哀しき柔道  身辺些事
例年なら高校野球で盛り上がっている筈だが、今夏はオリンピックイヤーでこれも霞む。尤も高校野球は殆ど興味のない天邪鬼ではあるが。

02日より始まる東北四大祭り、「ねぶた」は、この目で本物を見たいが東北にまで行く体力・金力!は今はない。

06・09・12・15日は悪く言えばセレモニーの季節。広島・長崎の原爆忌、日航機忌、終戦の日。再三言うが終戦・敗戦日は09月02日が正解。

メダルラッシュとかで日本は盛り上がっているが、柔道100キログラム超級の今日の柔道のざまは一体何だろう。柔道着の組み手を全く拒否するフランスの選手は、本当に柔道家なのか。審判は何をもって判定しているのか。

体力のみで組み合うのを拒否した選手が金メダルとは、ポイント柔道は素人が見ても悲しい。「一本」「技あり」が無ければ勝負が決まらないようにすべきだ。その点、水泳はいい。あくまで科学機器の判定だ。

このブログは毎日30〜40名の方にお越し頂いている。感謝あるのみだ。遅くなったが残暑お見舞い申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ