2017/1/31  23:22

歴史的事実  日本史
昔から日本史探訪が趣味と自認して、確かにNHKで放送していた『日本史探訪』などの書籍は全巻があるが、それはそれだけのこと。昭和45年〜48年の頃の刊行で、ここに出演することが当時の作家のステータスだった。

日本史探訪が趣味なら圧倒的に戦国時代と幕末時代に人気があるに違いない。人物、時代、文化芸術と細分化できるし、個人的には更に史跡探訪、美術鑑賞、時代小説の読書と範囲は広がる。筆者の場合、鎌倉散歩とカメラ好きが実際のところ。定年以後に軸足を置いた太平洋戦争・近代現代史・昭和史の研究?探索!などは日本史好きとしては、多分邪道だろう。今では奈良時代、鎌倉時代、江戸時代の夫々の項目など為政者や天皇などは殆どうろ覚えだから添付のようなコンパクトな指南書や事典のお世話になる。

平成20年の開設以来のブログの記事は当初は、旅の報告、日常の些細な報告、小生にしては反響が大きかったのは「活版印刷」の話だった。政治の悪口が多くなったのは民主党政権が誕生したころ。

中国や韓国の悪口?を記事にするようになったのは第二次安倍晋三政権発足以後のことだ。したがって中国や朝鮮半島は「安倍外交」が気に入らないから日本攻撃となり、嫌中・嫌韓の雑誌が圧倒的に売れるようになり、筆者もその読者になったのが正解。

だが指南書の読解の後、「目から鱗」の事実も多い。朝鮮人に暗殺された初代首相のの伊藤博文など「韓国併合」における日本の植民地政策の“悪”の権化のような今の認識が全くウソであることが判る。伊藤は韓国の植民地化などは当初から反対でむしろ朝鮮半島の近代化のために積極的に努力した。これをよく知らない朝鮮人が伊藤を暗殺した。慌てたのは当時の韓国政府で日本政府とともに日本の朝鮮併合政策でロシアの南下に対抗したのが真相。

こうした歴史的事実は、事大主義の朝鮮半島では通用しない。近代化が遅れたのは、自己責任と思わず、とにかく日本は悪者でないと収まらないらしい。こういう国は、無視して日本は、東南アジアに軸足を移すべき。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ