2017/3/9  21:49

週刊新潮コラム  読書
この50年間、ほぼ毎週購読しているのが「週刊新潮」。昨年、50万部程度の発行を繰り返し完売して名を馳せたのが「週刊文春」。「文春」は毎月、月刊誌を定期購読しているから、ここでは割愛。

このブログでの政治・外交の記事は、だいたいこの週刊新潮と月刊文春、小学館「サピオ」の受売りだ。週刊誌の「現代」も「ポスト」も女性のヘアヌードが満載なので、いささか辟易している。政治外交記事も無責任なアドバルーン記事が多く、総選挙・参議院選挙予測もあまり当たらない。

毎週、新潮で楽しみなのは藤原正彦の「管見妄語」、櫻井よしこ「日本ルネッサンス」、宮家邦彦「国際問題」、天野篤「佳く生きるための処方箋」。これらは割愛して今年、正月号から始まった三浦瑠麗(みうらるり)の「週刊山猫・ツメ研ぎ通信」が面白い。若い学者だが弁も立つしなかなかの書き手。

今週は、早速、日本学術会議の「軍事研究に従事しない、防衛省の頼み事は訊かない」に異を唱える。平和を考える学者が、戦争を研究することをしないのは理解できないと老人学者の理想論・正義論を揶揄する。専門の研究が「シビリアンコントロール」だというから頼もしいのだろうか。

いわゆるリベラルの階層が眼を剥きそうな「核兵器研究」さえ口にする。自衛隊員が「怖い人たち」、集団安保が「怖い話」と簡単に斬って捨てる、メディアに警鐘を鳴らす若手の論客だ。この若い女性の学者は、暴発寸前の北朝鮮の「核開発」・「ミサイル発射」、韓国の「大統領弾劾」はどう考えるのか。

明日、韓国の大統領弾劾が発表される。自分達が選んだ大統領、簡単に罷免するなら南北共に困った朝鮮半島だ。弾劾が本当なら、やはり感情が客観を凌駕するアジアの非民主国家の烙印を押され、北朝鮮の思うツボ。独裁者の実兄さえ殺す国の軍門に下る前に、当の韓国・アメリカ・中国・アメリカが実力行使をすべきだろう。弾道ミサイルが秋田県を直撃したら日本は、対応できるのか。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ