2017/10/31  22:23

平尾昌晃  身辺世相
平尾昌晃の葬儀が昨日行われた。昭和30〜40年代、歌謡曲の世界で平尾はヒットを連発した。07月21日、79歳、肺炎で亡くなっている。元祖・ロカビリー歌手は、山下敬二郎がすでに故人になっている。いちばんひ弱な感じがしたミッキー・カーチスは元気だ。

平尾昌晃は、筆者の私の中学生3年生のとき「星は何でも知っている」を歌ってヒットした。小坂一也の「青春サイクリング」(古賀政男作曲)と共に記憶がある。演歌全盛の時代、新しいタイプの歌の登場だった。中学の遠足のバスでこの両曲は誰かがマイクを持って歌った。平尾の曲の“甘いキッス”のところで教師が止めた。昭和34年は厳格な?時代だった。

平尾昌晃の歌のベストテンをテレビのワイドショーでやっていた。最も売れたのは中條きよしの「うそ」(山口洋子)であるらしい。今でも結婚式で歌われているのが小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」(山上路夫)。布施明「霧の摩周湖」(水島哲)、五木ひろし「よこはまたそがれ」(山口洋子)、平尾昌晃「おもいで」(水島哲)。

歌謡曲の世界で名を成した人物は、たいてい所謂“飲む・打つ・買う”の酒・女性・ギャンブルが好き。そのくらいの気魄・艶聞・幸運がなければ成功しない。むろん俳優や政治家と違ってあくまで本人の才能だ。平尾昌晃は若い女性が好きで20歳以上若い人と、しかも二度結婚した。

以下は私の好きな平尾作品。
◇星はなんでも知っている(詩・水島哲)昭和34年
必殺シリーズテーマ曲 昭和47年
◇私の城下町(詩・安井かずみ)昭和46年 小柳ルミ子
◇恋のしずく(詩・安井かずみ)昭和43年 伊東ゆかり
◇旅愁(詩・片桐和子)昭和49年「暗闇仕留人・主題歌」西崎みどり

添付は記事に無関係。秋のバラのマリアカラス。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/10/29  22:00

古泉千樫  身辺些事
昨年04月に千葉県鴨川市に「古泉千樫の生誕の地」を訪ねた。古泉千樫は「アララギ」短歌会創立の主要なメンバー。明治時代末期の話だ。アララギは正岡子規・伊藤佐千夫の流れをくむ“写実”を言う近代短歌の主流。

古泉千樫(こいずみちかし)は10代で早くも歌を投稿していたらしい。23歳で上京する。何とか詳しく探索したいが、まだ鉄道も十分に発達していない時代で海路、上京した。本所区茅場町(現在の墨田区江東橋付近)に伊藤佐千夫を訪ねて師事する。この千樫に限らず斎藤茂吉・島木赤彦など何度も鑑賞しているが、その感想は、このブログいずれ記述する。岩波文庫の冒頭の歌は10代の歌。

 みんなみの嶺岡山のやくる火のこよひも赤く見えにけるかも

この嶺岡山は408mなのに広い千葉県で最高峰の由。昨年春の訪問時は、「魚見塚展望台」から漁港と太平洋が一望できた。待崎川河口の汐入公園には「久美の葉のしろく光れるなぎさ道牛ひとつゐて海にむきたつ」の歌碑がある。久美とは「茱萸(ぐみ)」のこと。添付は展望台から風景。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/28  21:51

台風直撃02  身辺些事
先週21日は、奄美大島へのパック旅だが、羽田空港まで赴いて台風21号のために中止になった。仮に一週間延期されたにしても、今日は、今度は22号が間違いなく直撃だ。奄美大島は風速30メートルだ。今週出立の同じく奄美大島へのコースも中止に違いない。直撃は避けられても三日間の降雨では遣り切れない。早いもので全額が幹事のもとへ返還された。

総選挙のあとの当選・落選はワイドショーを賑わしている。安倍晋三政権を終りにしたくてそれを誘導したテレビ・新聞の切歯扼腕が想像されて不謹慎だが面白い。森友・加計問題など中国・北朝鮮の脅威からすればまことに“しょぼい”話だが、反権力からすればそれは大事なのだろう。

何度もこのブログで標榜するが、筆者の私は過去18回の総選挙で20代の二度を除いて自民党など投票したことはない。筆者の好きなのは「新自由クラブ」「日本新党」など反骨精神旺盛なミニ政党だった。権力を嗅ぎ分ける天才の小池百合子は墓穴を掘った。これもジャーナリストの誘導尋問だった。日本共産党などの「護憲勢力」を排除すると言ってしまった。改憲を議題にすることさえ拒否ならば“線引き”をすると言えばよかった。

W不倫で落選確実なのに山尾志桜里は、共産党が候補者を降ろしたので僅か800票差で当選。歯茎まで見せて大笑い。同じく大阪の辻元清美も明石家さんまのような歯型を見せて大笑い。選挙の当落は、各選挙区かならず2万票前後の票が見込まれる公明党・日本共産党が左右するのを政治家は知っている筈だ。立憲民主党は、判官びいきで多くの新人議員が当選したのはミエミエ。日本共産党から支持されて「護憲」ではないなどと言ったら次の選挙では落選する。

隣家から貰った柿。丁寧な庭の手入れで立派。拙宅のは枯渇した。人間が枯渇しないようにしなければならないのは当然!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/10/22  18:56

捕らぬ狸の皮算用  身辺些事
昨日、奄美大島へのパック旅は、羽田空港でご破算になった。台風21号のせいで空港の着陸はできないので飛行機は飛ばないので仕方ない。

旧知の友人7人と一時間ほど雑談ののち、再会を約して京急バスで横浜へ向かった。殆んど久し振りに横浜駅東口地下街で「回転ずし」を食べた。胃が小さくなったのか4皿しか食べられなかった。

そこから京急電鉄・日ノ出町へ行き、横浜場外馬券売場で当日のメーンレースと本日の京都での「菊花賞」を購入、結論として二つのレース、15000円の投資で10000円にしかならなかった。

昨年6月の「宝塚記念」は、ダービー馬「ドゥラメンテ」が、ハナ差で2着になり、(優勝馬マリアライト)38000円ものプラスで喜んだ。今日の菊花賞は、ハナ差、届かず万馬券を逃した。“取らぬ狸の皮算用”が適格かどうか、儲け損ねた。添付の画像は13番、14番が映っている。これだと的中。ただし実際は、二頭の間に2枠(黒帽子)の馬が残り、10660円の万馬券。簡単にギャンブルの神は微笑んではくれない。グレード1のクラシック競争だが極端な不良馬場で水浸しの芝生、過去最悪のタイムだった。そこまでいわゆる道悪の血統を加味したのだが…。イタリア出身のミルコ・デムーロ騎手は泥だらけだった。

台風21号は、こちら神奈川県西部は、西北の風に乗って猛烈な雨。48回総選挙は、多分前回の投票率より落ち、50%前後だろう。嵐が来ようと、槍が降ろうと投票に行く宗教政党、自営業、建設業など商売に直結する自民党は強い。日本共産党もそうなのか。浮動票のみ期待の「希望の党」「立憲民主党」は惨敗だろう。安倍政権打倒が社是の朝日・毎日・東京新聞は落胆か。台風によって当落が左右される衆議院議員に同情したい。

だが今、ネットでは期日前投票が20%で2000万人と報道している。これがどう動くか。ネット投票も現実味を帯びてきた。報道各社の支持政党なども未だに固定電話が主流だから、これは嘘っぽい。

月末の仕事の原稿が到着。このブログは暫時休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/21  22:37

パック旅不成立  身辺些事
昨日、記述した通り「奄美大島三日間の旅」は、筆者の私はキャンセルするつもりで尚、羽田空港へ赴いた。54000円+2度の食事分+諸経費などすでに6万円を支払い済み。結論を先に言うと、本日11時30分、パック旅そのものが中止になった。なにしろ最後の最後まで、添乗員の女性は懸命に連絡をとっていたが、奄美空港は強風で「着陸不能」で離陸しても鹿児島までだった。

だから直前のキャンセルで50%は返還だと覚悟したが全額返還だった。こんな時に限って「クラブツーリズム」添乗員の女性は浅田真央似の若き女性だった。申し訳ないと謝罪していたが「貴女に責任は無い、全ては自然災害のせいで悲嘆することは無い。これにめげず頑張りなさい」と筆者は励ました。この辺は筆者も最近は十分に人間が練れて?きたので面目躍如!である。序に云えば参加者30数人もここは大人しく引き下がった。JALが離陸しない限りは無理。「限りなく透明に近いブルー」を見ることはここで断念。

筆者も含めて8人は全員、元印刷会社勤務。鉛の活字の時代の職人である。同じ会社の人物は一人だが、印刷会社の横断的な結束で、自分以外は、昔の「無尽」なる“講”!?の仲間。

鉛の活字の現場は、文選工(活字を拾い集める)、植字工(割付に従って原版を組む)、印刷工(原版を印刷機械に設置して印刷する)、鉛板工(複写用に厚紙での紙型を作る)、鋳造工(鉛の活字を鋳造機で製作する)等だった。これらは写真植字の時代を経て今や全てはコンピュータの製版に代った。鉛の活字の印刷、謄写版などはアートの世界では細々と存続している。

会長は83歳、最長老は86歳。73歳の小生は、杖突老人だが若手!?である。会の名は「若竹会」。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/20  22:21

台風直撃  身辺些事
明日21日から23日まで奄美大島へ、羽田発直行便で「いもーれ奄美大島三日間」のパック旅の予定。だが台風21号の直撃だ。

クラブツーリズムはあくまで催行。54000円×30〜40人なら150〜200万円の事業?がパアになるので旅行社も必死。催行断念なら薄利多売の利益は無。

旅行仕度をして小生も羽田まで行くことにするが、ネットで調べてみて断念することにした。飛行機が飛んでも22日は、沖縄・奄美はとてつもない豪雨で、水中観光船やマングローブなど見物するべくもない。

催行直前なら54000円の半額は、戻りそうだから断念する。いちばんいいのは旅行社が断念するのがいいが、それでは旅行社は儲からないし、キャンセルも負担になるだろう。だから飛行機が飛ぶ限り断念はしない。

杖え突き老人の筆者が、風速10メートルで転倒、大怪我では洒落にもならない。羽田で旧知の活版職人の仲間と再会。挨拶して引き返す。帰路「菊花賞」を購入するから多分大儲け??だろう。

この項目、後日談を追加します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/18  22:14

期日前投票02  政治
「真骨頂を極める」とは他人への評価を言うのだが、天邪鬼たる筆者の場合は、他人が言ってくれないので自分でいうことにする。それは政治への見方。天邪鬼の見方を自分で評価する。逆の逆は真なり、とも言うのか言わないのか。それは「希望の党」の小池百合子への評価。小池の父親の知人である石原慎太郎に“厚化粧のオバサン”と言われて、その反目が、都知事へと圧勝させた。都議会選挙も自民党はコテンパンに負けてしまった。「希望の党」は、大旋風を巻き起こしたかに見えた。

風見鶏とも称される小池百合子は、民進党の議員を「リセット」「排除」の言葉で風向きが変わったことは、これは大いなる奢りというしかない。勢いで国政の党首になったが、民進党の大半の議員を手中にしたと思ったら、そうはいかなかったことになる。政治家の失言は、大いに流れを変えることになるのを実感した。だが「憲法改正」を踏絵にしたのは間違いではないと思う次第。

昨日は「期日前投票」をした。そこで投票目的?の日本共産党が放棄して協力を申し出たその「社民党」の悪口を書いた。序に立憲民主党の候補者は、福島原発を大事故にした「菅直人民主党政権」の主要なメンバーではないのか!と指摘した。だから多分選挙後は「憲法改正反対」が党是となるのではないか。小池百合子に排除されて落選確実なのに、いわゆる逆風が吹いて、棚からぼた餅とはこういうことだろう。

読んでいないが、朝日・毎日・東京新聞は、安倍政権排除で小池百合子を持ち上げていた筈。月刊文藝春秋も週刊ポスト、週刊現代も小池ヨイショだった。「新潮45」や週刊新潮は反小池だった。週刊文春は「売れればいい」ので反小池。大いなる風見鶏の筆者は、親小池を卒業して反小池、転じて親小池にした。福島原発の事故は人災だ。菅直人・枝野幸男の立憲民主党は支持できない。

期日前投票では、当選は100%ない「希望の党」の候補者、比例区も希望の党に投票した。最高裁判事は、東大法学部出身の三人を罷免に×印をつけた。筆者の天邪鬼の視点と思想はここに極まれりだ。

添付は総武線両国駅の横綱のパネルを撮影。第65代横綱・貴乃花の手形。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/17  22:00

期日前投票  政治
第48回総選挙の期日前投票をしてきた。この期日前投票は知られるところで本日、火曜日午後にも関わらず結構投票者が多かった。投票所は拙宅から歩いて2分、22日は公民館の体育館が使用されるにしても混雑する。ここ何回かは期日前に決めてある。筆者の私は、衆議院議員選挙は昭和42年以来、今回で18回目。ツマラナイことだが全て諳んじている。

神奈川県15区は、戦後すぐから河野一族の金城湯池、即ち河野一郎、河野洋平、河野太郎は落選する筈がなく常に選挙区の最高得票に近い。天邪鬼の筆者がここに投票する訳はない。話は飛ぶが、共産主義は20世紀の最悪の思想・政治だった。ソ連・中国・北朝鮮は多くの自国民を殺した。今の日本共産党は革命政党ではない。「日曜赤旗」も購読することだし日本共産党に投票しようと思っていたら何と驚くこと勿れ、候補者を立てず「社民党」が立候補してこれに同調するらしい。間違っても社民党は御免だ。

社民党は、筆者の認識では昭和の時代、“非武装中立”などという政界情勢から背を向けたまるで中学生のような政策を標榜した最悪の党だと認識している。まだ現状でも衆院2、参院2の議席がある。笑ってしまうのは、代表の吉田某が前回の参院選挙で落選している。議席の無い者が党代表なのだ。日本共産党は候補者を引き下げたのが理解し難くだらしない政党だ。

小池百合子の“削除”に反発して筋を通したと評価の高い「立憲民主党」だが何だかリベラル勢力とかで評判が高いが、それは「待って欲しい」。まだ国民は3・11の福島原発事故を忘れていない筈。その時の総理大臣は菅直人、官房長官は枝野幸男、厚労大臣は長妻昭。原発事故を拡大したのは、民主党政権ではないのか。

当時の「TVタックル」で時事川柳を紹介していた。
「枝野寝ろ石原黙れ菅起きろ」+「やっぱり起きずに菅寝てろ」

福島県では立憲民主党は議席が取れない筈だ。3・11原発事故は人災で菅内閣の責任は重大。メディアは、総理大臣の“モリ・カケ”問題以前に、ここを追及して頂きたい。まだ6年前のことではないか。

添付は両国国技館。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/16  22:34

短歌大会  身辺些事
昨日10月15日は、年に一度の短歌会の大会だった。200人弱の会員が居れば年に一度ならば全国から会員が集まる。今回は東京・両国(総武線)の駅前。駅の向こう側は両国国技館だ。その後ろには「江戸東京博物館」がある。

大会は宮城県、福島県、新潟県、山梨県、愛知県、大阪府、広島県、長崎県から来られた方と多士済々だった。懇親会で同席した方は、広島県福山市の方で、元農家であられた方で、だがパソコンやホームページに詳しい御婦人だった。例会でいつもお目に掛かる人とは殆んど話をしなかった。

当日は折悪しく雨、帰路、駅へ道路を横切るとき濡れた路面に無常を感じた。滑って転ぶ様が心をよぎった。これは腰椎を痛めたものでなければ解らない。

両国駅改札前のホールに横綱の手形のレリーフがあった。手形は原寸、曙、武蔵丸はカット、貴乃花、若乃花の手形を撮影した。添付の画像は、国技館の東側にある「江戸東京博物館」、雨天で空模様は最悪、右側はJR総武線。東京在住の頃は、通勤に利用していた。

今ブログに書きたいことは山ほどある。選挙、米朝対立等等。次回乞ご期待。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/14  21:55

現状維持  身辺世相
衆議院議員選挙の序盤の形勢がメディアで示されて自民党は現状維持で、上積みがあるかも知れないと報じた。安倍晋三政権NOの朝日・毎日・東京新聞や政権批判に終始するテレビコメンティーターは慌てているに違いない。

その急先鋒である朝日系列だと思うが、朝日デジタルは、ネットで麻生太郎副総理の岐阜県での演説を早速報じた。以下は大体の転載。

≪麻生太郎副総理(発言録)
昭和25(1950)年に朝鮮事変(朝鮮戦争)が起きた。岐阜は関係なかったかもしれんが、俺んとこは福岡。(太平洋戦争の終戦から)5年、6年、7年もたって、空襲警報があったし、敵機来襲もやってた。俺は子どもの時、そういうとこにいた。戦争に近かった。誰も起きると思わなくても、戦争はたった一人、当時は金日成。そういった人たちがやると言った結果、3年にわたって多くの兵が傷ついた。何が起きるかわからない。起こってからじゃ遅い。しかも今回の場合は、大量の難民が来ることを覚悟しなきゃならない。難民をどこへ収容するか。その人たちは不法難民。武器を携帯してるかもしれない。テロになるかもしれない。その時に我々はきちんと対応できる政府を持っておかねばならん。(岐阜県羽島市での街頭演説で)≫

至極真っ当な発言だと思うが、政権批判のメディアは政権の失点になればメッケモノの雰囲気。北朝鮮が日本へミサイルを放つ可能性は殆どないと思うが、北朝鮮が自壊する可能性は大きい。北朝鮮の漁船が、日本海を荒らしているらしいが、漁船は貧しく冷蔵庫さえなく捕獲したイカを漁船の上で干していると聞くと、難民が押し寄せる可能性は大きい。

このブログで重ねて発言しているが、筆者は、自民党など支持してはいない。安倍政権は外交のみ信用する。北朝鮮・中国・ロシアなど、どうして甘い顔をするのか。何の落ち度もない13歳の横田めぐみさんを連れ去った国を信用できないし、独裁の国を擁護してきたメディアや政治家は選挙で淘汰されてしかるべき。

「希望の党」も願望の党でしかなく厚化粧!?が剥がれてきたが、もっと信用ならないのが「立憲民主党」、いずれは社民党のような政策になる。なお社民党の今の党首は、議席すらない。沖縄では一議席確保すると思うが。

添付は記事に関係ない。ルコウソウ、ヒルガオ科。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ