2017/11/28  18:41

西崎緑  身辺些事
前回に続いて港区高輪の話。高輪皇族邸は、昭和62年に亡くなられた高松宮宣仁殿下が居住していた。奥様の喜久子夫人は、15代将軍・徳川慶喜の孫。この辺は、江戸時代は江戸城の西南、細川越中の守の江戸屋敷。赤穂浪士の討ち入りも赤穂義士のうち17人がこの屋敷で切腹した。

この通りも傾斜があるが「二本榎通」。右折して国道1号・桜田通方向へ下るのが「天神坂」。休日なので人通りは少なかった。この二本榎通りを行き、高輪署を左折する下り坂が「桂坂」。下ればそこはJR品川駅に至る。坂の途中に日本舞踊の家元の屋敷があり門前に和服姿の女性が屯していた。

電信柱の看板には「二代目西崎緑舞踊研究所」とある。ネットで検索したら平尾昌晃作曲「旅愁」を歌ったのが西崎緑。歌手と日本舞踊の二束のわらじ、だったのかと思ったが違った。この桂坂の西崎緑は全く別の日本舞踊家だった。むしろこちらが本家だろう。稽古乃至発表会でも終わったのか、十数人が屯していた。止せばいいのに歌手の方かと訊いた。ただニコニコ笑っている和服の美女だった。無礼な老人と思われたに違いない。

歌手・西崎緑の歌「旅愁」TV朝日時代劇「暗闇仕留人」主題歌

片桐和子詞・平尾昌晃作曲
あなたをさがして此処まで来たの 恋しいあなた あなた 今何処に
風にゆれ雨にぬれて 恋は今も 今も燃えているのに ああ・・・
白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/22  16:50

高輪皇族邸  身辺些事
先日、高輪の坂を探索した折、魚籃坂から天神坂へ向かう折、右側に広大な邸宅を発見した。直ちに持参していた地図で確認したら「高輪皇族邸」とある。しかるべく皇族の屋敷だったと思ったが、昭和天皇の弟宮・高松宮邸だった。高松宮宣仁親王殿下は昭和62年に薨去。奥様の喜久子様も平成16年に亡くなられている。喜久子様は徳川慶喜の孫との記憶がある。

今は、無人となっているのがこの高輪の屋敷だ。筆者がトボトボ歩いていたら、これも大きな駐車場にパトカーがあって警察官が乗っていた。筆者を遠くから眺めていたかどうかは知らない。

最近の天皇退位のニュースでは、皇太子と入れ替わりに天皇夫妻が赤坂の東宮御所に移られる話もある。ネットではこの高輪皇族邸も候補に挙がっているらしい。一枚庭木を撮影したがかなりの樹木は名が解らない。樹皮や枝の曲がり具合から楠(くすのき)かとも思う。樹皮だけだったら椎の木の類か。

今月も所属短歌会の原稿が届きました。ブログは来週まで休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/21  21:01

相撲改革  身辺世相
ワイドショーはいわゆる “種切れ”で横綱・日馬富士の暴行問題で連日、どの局も大々的報じている。北朝鮮問題、拉致被害者問題、韓国の慰安婦像問題などが遙かに問題なのに、食いつき易い問題に終始していささか辟易気味。

相撲協会の貴乃花親方が、結局オーバーに弟子・貴ノ岩への暴力を言い立てているという空気になっているが、ここは問題。オーバーでも親代わりの弟子への横綱の暴行なのだから「ああそうですか」で済まされる問題ではない。

体制順応の他の理事は、事勿れ主義、現体制の秩序を乱したくないというのも納得できるが、日本相撲協会は何故いつもことを隠蔽しようとするのか。貴乃花の相撲改革に協会も利権を持つ者も権益を削がれることを恐れているのではないか、とは筆者の見解。

横綱が三人も休場、他に四人、人気者「宇良」も休場している。ここがどうして議論されないのか。貴乃花は現役時代から“ガチンコ”で知られていた。手加減は無し、星の貸し借りなど無縁の真面目力士だった。だから22回の優勝に終わっているとの指摘もある。怪我は本人の責任だけでは無い。

以下は筆者の天邪鬼にして素人の意見・具申。

土俵の高さ(49p?)を今の三分の二、乃至半分にすること。
◇土俵の広さ15尺(4.55m)はそのまま。
◇房、昔の四本柱(18尺)を20尺に広げる。
 これで怪我は少なくなるだろう。
土俵周囲の枡席は、全部椅子席にする。高齢化社会を考慮する。
◇力士は相撲部屋所属。部屋持ち親方の意見を万事優先すべき。

前理事長・北の湖親方は、貴乃花を理事長に推薦していた。出羽の海系の北の湖が二所ノ関系の貴乃花を高く評価していた。今、出羽の海系の理事は三人居る筈。何故、貴乃花を支持しないのか。茶屋を通さなければ良い席は望めない。億単位の親方株を平幕力士が持てる?等、陰の部分を容認しても改革は必要。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/11/20  18:41

高輪の坂  身辺些事
港区高輪の“坂”を上り下りしてきた。所属短歌会の画像カットに使用するのと追憶のためである。殊に昭和36年、筆者が定時制高校生のときに雨で自転車が転倒、脳震盪を起こして病院に運ばれた。確かその病院はここにあったと思ったが、あれから60年弱、廃院なのか、尋ねても誰も知らなかった。

怪我は業界新聞の配達中のことだった。業界新聞だから多種、自転車の前部に新聞を満載。日本橋蛎殻町を出発、銀座、新橋、芝を通り高輪、二本榎、白金、東京タワーの下を下って日本橋まで戻ってくる。朝5時半から9時までの安い賃金の仕事だった。

ブラタモリで確実な視聴率を稼いでいるのが類まれな芸風のタモリ。森田一義は“段差”“東京の坂”が好きで詳しい。上京した頃は、港区を中心にずいぶんと探索したらしい。別に対抗意識はない。タモリは今、渋谷の豪邸に住む。

JR品川からタクシーで魚籃坂下交差点まで行き、そこからひたすら杖突歩行。当日は16000歩を歩いた。今回は伊皿子坂を中心にした。名も無き坂が印象に残った。

伊皿子坂(いさらござか) 港区三田4丁目、高輪2丁目を分ける道
魚籃坂(ぎょらんざか) 同上
幽霊坂 三田4丁目
天神坂 高輪2丁目
桂坂 高輪2丁目

次回は白金近辺の坂。名光坂、日吉坂、三光坂、桑原坂、葭見坂など八芳園の周辺。今の桜田通り、国道一号線挟む地域、年内に探索予定。昭文社のB6判の23区マップでは坂の傾斜は判らない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/17  18:34

報道姿勢  身辺世相
いわゆる「加計問題」のいわゆる潮目は変った。報道姿勢が公正かそうでないかはともかくとして、第48回の衆議院選挙で与党の大勝、自民党は議席に変化は無かったのだから事実上勝利。全国遍く視聴料を徴収するNHKは報道に片寄りは許されない。その報道姿勢は明らかに変わった。主観的にはどんなに自民党が嫌いでも公明党が嫌いでも民主義主義の約束事の国民の判断は下った。だからか新聞・民放テレビの報道姿勢も加計問題を取り上げなくなった。政権の支持率も回復した。ここのところの文科省の審議でも問題は無いようだ。重複するが筆者は、公明党はむろん自民党も支持していない

問題を安倍晋三総理と加計孝太郎理事長が友人だから怪しいとの報道は、そこだけに焦点を合わすから、朝日新聞のように「打倒安倍政権」を社是にしていれば、それに合わせて記事を繋ぎ合わせることになる。この手法は、昭和の時代から「慰安婦問題」で証明済みで虚偽の報道だった。安倍=加計と単純化すれば、岡山理科大学という大学名さえ意図的に報道されない。いつもの朝日の報道だった。

日本維新の会の足立康史議員は15日の衆院文部科学委員会で、立憲の福山哲郎幹事長、希望の玉木雄一郎代表を名指しして発言した。委細は省くが、発言を撤回して謝罪した。だが玉木雄一郎は、父親が日本獣医師連盟の会長で加計学園の獣医学部に反対してきた代議士。立憲民主党の岡山の比例区で当選した高井崇志は加計学園を支援してきた代議士。共に中国・四国の過疎化はどう考えているのか。玉木雄一郎は四国・徳島選挙区だ。

7月に「全体の空気」を記述したが、やっと加計問題の潮目が変わったようだ。この大学の獣医学部が設立されて学生が四年後卒業して獣医師になるまで鳥インフルエンザや狂牛病などが発生しないことを祈るばかりだ。民主党政権時代から10数回、申請してきた前・愛媛県知事の加戸守行氏は蔭では“滂沱”ではないのか。文科省天下りの権化・前川喜平は文科省の内部文書を持ち出した官僚。前川と朝日新聞の“野望”は潰えた気がする。

この問題から手を引きつつあるNHKを初め、各テレビ局の報道姿勢がそれを示している。前川は、退職金が5600万円なのだから再び新宿の出会い系サイトへ出掛ければいい。国立・私学の差はなく大学は補助金が必要。加計学園が文科省の天下りを受け入れることのないように願いたい。

拙宅の窓よりズームを使用。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/11/14  20:17

通称名  昭和史
中学の同級生は国学院大学の出身。歌人釈超空・折口信夫は教授だった。民俗学の先駆者。同級生の友人は言葉にうるさい、いい意味である。筆者が拘らなかった言葉の意味を突いてきた。それは「肝」という漢字一文字、肝臓の肝

実父・櫻井正徳の戦病死を当時の上官が昭和21年に知らせてくれた。それは前回述べた。
肝第三三二二部隊第二中隊長 陸軍大尉 渡邊辰彌」の署名があった。
 
正確には「独立歩兵第二二二部隊第二中隊」。これも調べた限りでは、「独立歩兵第222大隊第四中隊会 千葉県 独立歩兵第8旅団 肝3322 南支」があるから「第二中隊」も同様の千葉県の旅団。

ここで問題なのは旅団。中隊が基本で100人。大隊は500人。その上の連隊は2000人。師団は10000人規模。旅団とは連隊二つの規模で師団との中間になる。結論として戦闘要員ではなく守備が目的。

さてその「肝」だが、これは通称名。この通称名については詳述する本がない。筆者の個人的見解だが、敵に悟られない仲間内の名称だろうと理解する。大東亜戦争当時は、インターネットは無論、電話はおろか車さえも満足にない時代。独立歩兵部隊など山のようにあった筈で、中国大陸で日本の軍隊同士が遭遇しても容易に判断できなかった筈。日本人には判るそこでの通称だろう。千葉県出身は「肝」ではないのか。

昭和19年のインパール作戦の第15軍、15師団は「祭」、31師団は「烈」、33師団は「弓」だった。

先頃、98歳で亡くなられた直木賞作家の伊藤桂一著『兵隊たちの陸軍史』(新潮文庫)に、師団が全部では無いが紹介されている。師団1は、東京で「玉」、以下105師団までが漢字一文字。旅団に千葉県習志野が出てくる。陸軍の編成、改編は常時あったらしいので「肝」の正確な意味は解らない。後は国立国会図書館に出掛けるか、防衛省にでも問い合わせするしかない。

添付は11月12日朝撮影、拙宅の二階窓からズームを使用。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/10  19:47

また11月10日  身辺些事
また11月10日がやって来た。筆者の私の父親が昭和20年、中国広東省で戦病死してから72年になる。このブログで何度も記述したが繰り返す。これも重複の記述で尚、拙歌を提示する。映画少年だった私は生きている限り忘れないということ。

 高倉健森繁久弥森光子わが父も逝きし十一月十日

森繁久弥 平成21年(2009)96歳 喜劇など長い俳優歴 文化勲章受章
森 光子 平成24年(2012)92歳 舞台「放浪記」等俳優業績 文化勲章受賞
高倉 健 平成26年(2014)82歳 多くの庶民に愛された俳優 文化勲章受章

実父・櫻井正徳の戦病死は、当時の上官の義務にしても、翌る昭和21年に知らせてくれた。(肝第三三二二部隊第二中隊長 陸軍大尉 渡邊辰彌)正確には「独立歩兵第二二二部隊第二中隊」。中隊規模だからなのか軍人の戦史はない。ネットには「独立歩兵第222大隊第四中隊会 千葉県 独立歩兵第8旅団 肝3322 南支」とあるからこれが該当する。中隊は100人規模で指揮官は陸軍中尉、大尉ならば大隊で500人規模の筈。戦後のこと当事者の中尉は連絡できない事情も考えられる。委細は拙HPに主観的だが実態を記録した。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/mumyouan/mumyouS02.html

安っぽい仏間に貧相な仏壇だが、久し振りに線香を手向けた。近所の花屋に花瓶を持参、1000円分これから開花する菊を入れて貰った。生前、母親が小振りの柚子を買って来て順調に育ち、毎年大いに生ったのだが、今は半分が枯れたので、その部分を伐採、その幹を捨て難く「オブジェ」?として仏壇に置いた。花の横にあるかなりの幹だ。

位牌は、左から養父(花の陰)、義兄、母親、実父の順。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/11/8  22:12

しおりる  政治
萎れる(しおれる)という言葉があるが、筆者は“しおりる”という動詞を追加したい。漢字は当て字だが「志桜里る」と書き、意味は「萎れる」のではなく「居直る」「襟を正す」でもいい。語源は、前民進党衆議院議員で、今回は無所属で当選した「山尾志桜里」議員の経緯から閃めいた。週刊文春に不倫の現場を押さえられたが、その当事者の弁護士を政策顧問に正式に加えてまたワイドショーの餌食になった。

筆者の立場は、不倫は、一度や二度許されるのではないかと思う。これが男性議員なら「ああそう」で終わる気がする。東大法学部出身で野党の政治家でしかも安倍総理の無作為を追及し、一定のインパクトがあった。文春のパパラッチに狙われて餌食になったが、野党議員ゆえに「脇が甘い」といわれても仕方がない。なお文春は与党、野党どちらの議員でも週刊誌が「売れればいい」。との実態は否定できない。

政界の一寸先は闇だ。今回の総選挙は、この野党の有力議員の失点があったから安倍総理が、「今が潮時と解散の決断をした」との指摘も肯える。この山尾議員から始まって、「希望の党」が出来、リベラルとは、眉に唾をつけたくなるがともあれ「立憲民主党」が出来て、第一党になった。

山尾の選挙区、愛知7区は自民党議員と毎回当選・落選が入れ替わる厳しい事実が示すところの名古屋のベッドタウンだ。128163票・1277329票で834票差だ。本人も十分に自覚していると思うが、野党が一本化されて特に今回は、日本共産党が立候補しなかったことが当選した原因で実態だろう。

福島原発事故の内閣の菅直人・枝野幸男が居る立憲民主党、これは重複する指摘だが、大半は比例区で尚、新人、今がピークだ。これも日本共産党の支持のお陰、「護憲」は外せない。3年後?の総選挙では多分大半が落選する。都議会と同じだ。2年後の参議院選挙では三つに割れた民進党、どう展開するのだろう。小池百合子のオウンゴールは安倍政権を持続させた。

この秋の政治の導火線は山尾志桜里議員だった。ゆえに「しおりる」は的を射ている。自画自賛の一席でした。画像はネットより無断拝借、許されたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/5  22:42

贈呈本  読書
昨日11時に出発、神田神保町の「古本祭」へ行ってきた。右の6冊は、古書センターのビル地階の高山書店で購入、6冊購入で5000円を超過したので無料で宅配便を使用できて、もうヤマト便で届いた。左側の中3冊は、JR水道橋駅付近、日大前の古書店、ここは短歌関係の本が多く必見。「あいまい語辞典」はその近くの書店。左の2冊はすずらん通りの出店で購入、八坂書房は民俗学・植物などの専門書店。今年はおとなしく計8000円ほどの購入。

昨年は11冊、一昨年は14冊で昭和史・戦争関連が多かった。今回5500円ほど購入した高山書店は、生前の司馬遼太郎御用達の書店、神保町でいちばんの老舗だった。ここの歴史的な古書・史料は、高価で価値のあるものが多く素人には無縁だ。

高山書店の前の出店で購入したものが『老いの道づれ』(四六判)、作者の沢村貞子は平成08年・1996年、87歳で亡くなった女優、長門裕之や津川雅彦の叔母。塚田圭一氏に贈られて表紙裏(見返し)にサイン入りだった。塚田圭一はネットで検索したら昨年、82歳で亡くなっていた。テレビプロデューサー(フジテレビ?)で歌舞伎関連の著作があるらしい。つまり生前、沢村が塚田に贈ったもの。塚田圭一の親族が贈呈本などを整理して神田神保町に流れたものだと言うことが解る。

沢村貞子は映画・テレビ番組で脇役だが名女優だったと認識している。沢村貞子に関しては、もう少し探索してみる。この本は300円?で廉価本で売られていた。亡くなって20年も経過すれば女優も忘れられてゆく。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/3  18:50

文化の日  身辺些事
数年前に訊いた話だが、筆者の住む平塚市の北部のある地域では専業農家はたった2軒だとのことだった。だが田畑は一定の割合であるし、野菜栽培も稲作も行われている。町の中心地は大企業の工場も多いので無論サラリーマンが多い。殆どが兼業農家なのが推測できる。

朝夕歩くのは、車も通れるが所謂農道。毎年ある農家の稲田は、いちばん稲刈りが遅い。本日11月03日なのに、まだ稲刈りが済んでいなかった。もう稗だか粟だかも生え、先頃の台風で多くは稲穂が倒れている。このまま放棄されるのかも知れない。稲を植えなくても農地は同業者にしか売れない。二束三文だ。その家の者にしか家は建てられず、他者は宅地に変換できない。その田圃は休耕田にできない事情も考えられる。これが日本農業の事実だ。

今日は、晴れの特異日、見事に晴れ渡って例年のごとく皇居では文化勲章の授与式があった。平成の時代になって歌人に文化勲章受章者はいない。過去には佐々木信綱、斎藤茂吉、土屋文明しかいない。文化功労者には岡野弘彦、岡井隆、高橋睦郎しかいない。皇室の方々の短歌指南をしているのに、宮中歌会始めに多大な貢献をしているのに、歌人に文化勲章受賞者が少ないのは、短歌を低く見ているのだろう、嘆かわしい。

文化勲章は文化功労者から選ばれる。吉永小百合が文化功労者とは驚くが、宮崎駿などともに反政府発言を繰り返していると、この賞は貰えないのを知っているのか。女優などは映画に専念していればいい。アニメの宮崎監督は、作品で勝負すればいい。憲法9条擁護の立場だが、山田洋次監督は映画作品のみで過去を批判する。政治的発言はない、見事だ。

「防衛大学生は恥辱だ」、自衛隊なんかある国家から表彰されたくない。だから文化勲章は要らないと言ったノーベル文学賞受賞作家が居た。でもこの日本の作家は「自衛隊が守る」平和なこの国に住んでいる、不思議だ。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ