2018/12/4  23:11

姉御の死  身辺些事
筆者は小学校の6年生の一年間は、市内の小学校から現住所に近い当時は木造校舎の田舎の小学校へ転校した。義父の個人破産で食い扶持を減らすために母の実家に居候の身になった。村の小学校だから洟垂れ小僧が多く大いにイジメられた。慰めてくれたのが女の子。

50年の後、筆者の定年後、その姉御肌の女性の誘いで年2回のバス旅の常連になった。その級友は花屋の経営、雇われ店長など夫婦共稼ぎで、財?を成し、孫も居た。その娘から喪中はがき届いた。2月に亭主が死に、8月に本人が死去の報告。その娘はこの平成30年に両親を亡くしたことになる。

今年春、また同窓会をやろうと電話で誘いがあったばかりだ。とにかく“仕切り”に長けたおばちゃんだった。娘に死因やら墓所を問い合わせするのは憂鬱で且つ億劫。筆者の世代に“お迎え”が来るのが現実になった。仕切り屋の女性の死で多分、小学校の同窓会はこれにて終了だろう。

添付は「花菜ガーデン」のサルビア・グラニチカ。

蔵書53 小説単行本 四六判

◇『蒼き狼』井上靖 文藝春秋 昭和35年
◇『球形の荒野』松本清張 文藝春秋 昭和37年
◇『しがらき物語』水上勉 新潮社 昭和39年
◇『絢爛たる流離』松本清張 中央公論社 昭和39年
◇『北の詩人』松本清張 中央公論社 昭和39年
◇『沈黙』遠藤周作 新潮社 昭和41年
◇『夏の流れ』丸山健二 文藝春秋 第56回芥川賞 昭和42年
◇『さびしい王様』北杜夫 新潮社 1969年
◇『愉しかりし年月』石川達三 新潮社 昭和44年
◇『解放された世界』石川達三 新潮社 昭和46年
◇『後白河院』井上靖 筑摩書房 昭和47年
◇『恍惚の人』有吉佐和子 新潮社 昭和47年
◇『野』三浦哲郎 文藝春秋 昭和49年
◇『赤い眼』丸山健二 文藝春秋 昭和49年
◇『枯木灘』中上健次 河出書房新社 昭和52年
◇『壺阪幻想』水上勉 河出書房新社 昭和52年
◇『水に映す』丸山健二 文藝春秋 昭和53年
◇『星空』石川達三 新潮社 昭和56年
◇『父が消えた』尾辻克彦 第84回芥川賞 文藝春秋 1981年
◇『錦繍』宮本輝 新潮社 1982年
◇『殺意の風景』宮脇俊三 新潮社 泉鏡花賞 1985年
◇『凍れる瞳』西木正明 文藝春秋 第99回直木賞 1988年
◇『漂流裁判』笹倉明 文藝春秋 サントリーミステリー大賞 1988年
◇『遠い国からの殺人者』笹倉明 文藝春秋 第101回直木賞 1989年
◇『魔術はささやく』宮部みゆき 新潮社 日本推理サスペンス大賞1989年
◇『火車』宮部みゆき 双葉社 1992年
◇『B29の行方』花木深 文藝春秋 サントリーミステリー大賞 1992年
◇『遊戯』藤原伊織 講談社 2007年

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ