2019/5/3  23:53

万世一系  日本史
筆者の私は、常々浅学菲才を標榜しつつ天邪鬼理論をこのブログで披瀝している。「令和」なる元号の新時代になったが、天皇制は長年の歴史を踏まえていわゆる男系を維持すべきと思ってきた。日本の保守層の学者・文化人・政治家など多士済々のメンバーが「命をかけても男系を維持すべき」などと言って憚らない。そうした主義・主張に、筆者は格別に肯定も否定もすべき違和感も知識も無かった。

万世一系は同じ血筋を永年、維持してきた権力・統治の形態で、日本は確実に科学的に存在が証明できるのは、少なくみても、その統治者は第33代推古天皇で女帝の1300年前。蘇我氏を中心にした争いで推古女帝はあくまでピンチヒッター。だが1300年以前に遡る皇統は世界に自慢できる歴史だ。この万世一系が男系で連綿と続いてきたことに、そんなものだろうと思ってきたのが事実。今回の代替わりで、ウィキペディアだが4代まえの明治天皇を検索しただけで“側室”が出てくる。

明治天皇夫人・昭憲皇太后は子供が出来ず側室の柳原愛子(柳原白蓮の叔母)から生れて無事に育ったのが大正天皇。大正天皇は4人の男子を産んだ。天皇家の血筋に正妻から生れて天皇を継いだのは少ないという歴史的過去がある。今の憲法の“国民統合の象徴”制度なら新天皇男子が生まれなかっただけで側室を用意するわけにはいかないだろう。

女系天皇を認めないと言っても辛うじて側室が男性天皇を供給してきたことに保守派の勢力はどう考えているのか。神話の時代の「継体天皇」のように5代も前の血筋を探し出して来るのか。これも問題だ。

添付は靖国神社。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ