2019/5/31  23:51

金閣寺  読書
昭和40年代、筆者には20代の頃、文庫本の三島由紀夫と川端康成はおおかた読んだ気がする。石川達三も同様、10代後半、カッパノベルスなどで親しんだ松本清張・黒岩重吾などのいわゆる社会派推理に飽きが来たからである。

当時の三島・川端作品の新潮文庫は殆ど所持している。今また懐かしくなって三島の傑作の呼び声高い『金閣寺』を読み返し始めた。この文庫は昭和41年再版のもの。原作は昭和31年である。老人になった筆者にはこの頃の文庫本は文字が小さく読みづらい。8ポイント43×18行、むろん鉛の活版印刷。当時のベストセラーだが、今は百数十回の再版で300万部を超える。当時は旧仮名+旧字体、読み辛かった記憶がある。

今日、文具を購入した序にまたもや『金閣寺』を購入した。むろんのこと文字の大きさは9ポイント仕様になっていて38字×16行、同じく文庫だからページ数が増えている。難解な仏教用語はまとめて後半に「註解」がある。更に旧仮名は新仮名、旧字は略字、難字にはフリガナが多用されている。読みやすさは倍加している。

実際にあった「金閣寺放火事件」がモデルになっている。昔、市川雷蔵主演で映画化された。ただしモノクロだった気がする。

この記事、推敲します。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ