2019/8/9  23:51

夏のセレモニー  身辺世相
毎年このブログに記述するが、8月初旬から中旬は三日毎の行事が続く。すなわち06日「広島原爆忌」、09日「長崎原爆忌」、12日「日航ジャンボ機墜落忌」、15日「終戦の日」で14〜16日は旧盆。

夫々の日に新聞、テレビも工夫を凝らし夫々の記事・番組を掲載・報道する。今朝、午前07時台の放送でNHKが、長崎原爆忌の象徴的画像の探索を放送していた。これはローマ法王も指摘した画像。アメリカ人の従軍写真家が戦後しばらく経って提供したもの。長崎に投下された原爆で死亡した弟を背負い、焼却の順番を待つ兄の画像。唇を噛みしめ、足は焼けただれている気がする。今朝のNHKの放送では、少年の顔の分析画像では、右目尻に被爆が認められるとの由。あとでどんな理由をつけ足しても米軍は無辜の民をモルモットとして殺傷したことに変わりがない。

ところでこの旧盆の期間中、NHKと朝日新聞がタックル!?を組んで放送するのが全国高校野球。スポーツ庁長官・鈴木大地が疑義を出していた。この高校野球が筆者には気に入らないところ。NHKに受信料を払いたくないという参議院議員も当選したらしいが、ここだけは賛成。高校野球だけは興味が無いのでテレビは消す。

日の丸と君が代の嫌いな反権力を標榜して止まない朝日新聞が、その実、新聞拡販の手段なのに、「清く・正しく・青春の時代」を“上から目線”で主催している気がする。真夏によくこんなことを続けているものだ。一高校生に契約金1億円が用意されるプロ野球の人材発掘であって、眼に見えないところにドロドロとした利権と縄張りの澱みを想像する。過酷なレースとして有名だが読売新聞主催の「箱根駅伝」のほうがマシ。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ