2019/8/20  22:02

犬養毅  昭和史
先日、昭和史の専門家・保阪正康の著書で講談社新書の『昭和の怪物 七つの謎』(2018年)を取り上げ、渡辺和子というシスターを紹介した。この本で昭和07年に暗殺された(五・一五事件)犬養毅(いぬかいつよし1855─1932・衆議院議員・第29代首相)も叙述されていた。暗殺される寸前の「話せばわかる」の言葉はどうやらフェイクらしく、真実は「話を聞こう」だった。

この時代の政治家は概ね愛人の存在があったから、その末裔も結構有名人が多い。国連高等弁務官だった緒方貞子は1927生だから94歳。同じく犬養毅の曽孫の安藤サクラは1986生だから60歳の開きがある。

愛人の子の犬養健(いぬかいたける)は、吉田内閣の法務大臣、昭和29年、指揮権発動をして「造船疑獄」で逮捕状の出ていた佐藤栄作自由党幹事長の捜査を無期限延期として事実上潰した。佐藤栄作は後に総理大臣になっている。7年間、総理大臣だった佐藤栄作は、犬養さまさまの筈。

◇犬養毅1855─1932昭和7年 衆議院議員・第29代首相
  犬養操(長女)・芳沢謙吉1874─1965外務大臣
   犬養恒子・中村豊一(外交官)
    緒方貞子1927 国連高等弁務官・文化勲章受章
◇犬養毅・斎藤仙(芸者)
  犬養健1896─1960第5次吉田茂内閣法務大臣・仲子(父・長与称吉)
   犬養道子1921─2017評論家・小説家
   犬養康彦1928─2015共同通信社社長
  犬養健・萩野昌子(柳橋芸者)
   安藤和津1948生・奥田瑛二(俳優)
    安藤サクラ1986生(女優)

10月号の文字入力の原稿が届きました。暫時このブログは中断します。画像は「万引き家族」で才能を発揮した安藤サクラ。ネットより拝借。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ