2019/9/29  20:46

タケシバオー  昭和史
本日、船橋市の中山競馬場で中央競馬のGT(グレード1・サラブレッド競争の一番格上)スプリンターズステークス(1200m)があり、タワーオブロンドンという馬が勝った。一着賞金は1億1000万円。因みにダービー・有馬記念などは、今は3億円だ。だから安い馬を勝って馬主になった人は大儲け。1億円以上もする血統ある馬を購入しても一度も勝てない馬もいる。競馬の世界は厳しい。

昭和44年、アポロが月面着陸、東大安田講堂攻防戦、映画「男はつらいよ」の封切、年末に総選挙があった年、筆者は25歳だった。友人を真似して、この年の春、中央競馬の馬券を中山競馬場で的中。200円が6000円になったのがいわゆるビギナーズラック。

馬券が的中、非的中(この方が多い)に拘わず、この年、凄い馬がいた。母系がオーストラリアから導入されていて、母の名はタカツナミ、4人の馬主の頭文字だった。この馬は成績が上がらず、最後に「競友」とういう競馬新聞社社長小畑氏がしぶしぶ200万円で引き取った。この馬が昭和40年に産んだ牡馬がタケシバオー。前評判は悪く期待されていなかった。

だが昭和43年の皐月賞・ダービーは2着、菊花賞はフランス遠征で回避したが、明けて4歳、冬場の重賞を皮切りに春の天皇賞(3200m)を含めて怒濤の8連勝。日本で最初の1億円の賞金をゲットした。手離した馬主は多分切歯扼腕。今の賞金なら軽く10億円を突破している。春3200、秋に1200のG1は今では考えられない騎手の負担重量は62sだった。50sの騎手ならば12sの鉛が装備されているチョッキを装填することになる。

筆者はこのレースをリアルタイムで観た。しかも競馬場の4角(最後の曲り角)では後方、ゴールでは突き抜けた。添付はその時の競馬専門紙。鉛の活字の時代。一ページ組むのもたいへんだったと思う。記念に保存していた。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/9/27  23:40

いしだあゆみ  映画TV
このブログを始めた翌年、2009年08月に「いしだあゆみ」を取り上げて拍手の書き込みを16個も頂いたことがある。毎年恒例のNHKの「思い出のメロディ」でいしだあゆみは「ブルーライトヨコハマ」を歌った。その頃のいしだは拒食症なのか、体質なのかガリガリに痩せていて口の周囲は皺だらけで、まるで骸骨に少し肉が付いているような雰囲気だった気がする。

「いしだあゆみ」は、昭和23年生まれの団塊の世代。このとき出演した三沢あけみ、園まり、ペギー葉山、「恋人よ」の五輪真弓は変わらぬ声でピアノの弾きながらの歌は見事だった気がする。

昭和57年の「男はつらいよ・あじさいの恋」の頃のいしだは30代前半、最も美しく輝いていた頃だろう。

今、テレビ朝日の帯ドラマ「やすらぎのとき」は、主演の石坂浩二(77歳)の周囲に多くのベテラン俳優が出演している。大空まゆみ、丘みつ子、水野久美、松原智恵子等等。そこにいしだあゆみが出演していた。昭和23年生だから70歳を超えている。黒縁の眼鏡をかけているが10年前の悲壮なまでの痩身は改善されていて、いしだあゆみファンの筆者はほっとしている。

当時は、携帯電話はあったがスマホは登場していなかった。今はSNS、ツイッターの全盛。いしだの動静ももっと顕著になるだろう。添付はテレビ画面、左は大空まゆみ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/22  21:35

1944年生  昭和史
前回ユーチューブで見て記述したアメリカのSL4014(ビックボーイ)は1944年生れで75歳、筆者と同齢。アメリカ大陸横断150年記念に合わせて多分、人間と同じく治療・整備された。当時のアメリカの物理・科学の凄さを思う。

当時、アメリカは戦争当事国・日本に落とすべく原子爆弾の核爆発と核融合の二つを急ピッチで研究していた。ニューメキシコ州での実験も成功したらしい。あとは人間の居住地域に投下、その威力試すばかりだった。1945年07月末、日本はポツダム宣言を受け入れ、事実上敗戦に同意していた。

08月01日前後で終戦ならば原子爆弾を落とせない。そこで天皇制存続を曖昧にして好戦的な日本の陸軍軍人の意欲・発言に沿った形にして敗戦受け入れを鈍らせた。鈴木貫太郎首相・米内光政海軍大臣・東郷茂徳外相は即座に敗戦、阿南惟幾陸軍大臣・梅津美次郎参謀総長(陸軍)・豊田副武軍令部長(海軍)は反対した。最後は仕方なく鈴木総理が昭和天皇に決裁を仰いだ。高級軍人は組織崩壊を憂え、我を通すだけで国民はどうでもいい、バカばかりだ。

昭和14年、総理大臣さえ経験した海軍大将・米内光政は、原子爆弾(当時は新型爆弾としか日本の知識はない)投下で、これでとにかく終戦の契機になると思ったのか、天佑(神の加護)と言った。帝国海軍の敵は、終始帝国陸軍だった。最後まで抵抗して日本を焦土にした。

 原爆を落とされしことも天佑と言ひしは総理経験者の軍人

月末の仕事の原稿が到着。暫時ブログは休みます。
添付は疾駆する4014のスクプリト画像。筆者も見習いたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/19  21:03

ビッグボーイ  昭和史
最近、就寝前にはパソコンはユーチューブ、テレビは過去のBS時代劇の録画を見ることにしている。前者はユーチューバーなどという仕事だか、副業とかも流行っているらしい。恐ろしくてとても見られなかったが「3・11」の津波の画像もようやく見ることができている。今いちばんハマっているのがSL(スチーム・ロコモティブ・蒸気機関車)の映像。むかしデジタルビデオカメラが出現したときは早速購入して、秩父鉄道のSLを撮影したことも再三だった。

最近ユーチューブで見るだけだが、アメリカ中西部のユニオン・パシフィックなる鉄道会社の4000形「ビッグボーイ」というSLは、ただただ豪快で力強く優美さもあり見惚れてしまう。しかもこの機関車が製造されたのは1941〜1944年だったから驚き。1944と言えば筆者が生まれた年。この機関車が当時25台も製造されたというからアメリカの物量が解る。今だからこそ理解できるがアメリカと戦争なんか始めて勝てるわけは無かった。

素人でも理解できるのは、その胴体の長さで40mもある。蒸気機関車は胴体前部のシリンダ(蒸気を注入するところ)・主軸・動輪の大きさ、力強さだ。米国のビッグボーイは、日本のD51型の2倍の大きさ。シリンダは左右2個が普通だが、これが何と前後にあるから驚き。主軸から伝わるエネルギーを伝える動輪(人間の背の高さ170p)が4×4で16輪もある。それだけ煙管も長く、流れる水は瞬時に蒸気になるだろう。シリンダも60×80pと大きい。アメリカ全土はむろん広軌道で1435p。アメリカ・シカゴの工業地帯と太平洋岸まで、日本全土を攻撃するために大いに物資を運んだに相違ない。

飛行機が主流になったアメリカで今、大陸間横断鉄道150年記念(2019年)に、この機関車が4〜5年かけて修理された。広大なアメリカ中西部を疾駆するSLは最高速度130q、客車・貨物も10〜20輌を引っ張る。一度この目で見たいものだ。

重複するがこれが製造された昭和16〜19年頃、日本は「学徒出陣」に象徴されるように国民総皆兵状態を強いられ“カミカゼ特攻隊”という「生存率0」の集団自殺攻撃という状態にまでなった。アメリカの実情を知る軍人・知識人は“弱腰”という精神論の二文字で叩かれとっくに排除されていた。今、中国・朝鮮半島の悪口・実情を言うと「ヘイトスピーチ」として叩かれる。今も昔も軍事の実態を正直に云うことは非国民のレッテルを貼られる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/9/17  22:54

華麗なる一族  身辺世相
新聞にも載らずネットで見つけた記事に新元号は「天翔」が有力だったとあった。だがこれは採用されないのが素人でも解る。ローマ字ではТで、大正と同じ。“翔”は子供では書くのがいささか面倒。なお正式に新元号考案を委嘱したのは、「令和」を考案した中西進大阪女子大元学長(日本古典)ら5人だったというがこれはどういう筋から判明したかは知らない。以下はネットの記事。

≪正式委嘱は3月14日付。5人のうち3人は最終候補6案の考案者で、中西氏のほか「英弘」「久化」「広至」「万保」を提出した宇野茂彦中央大名誉教授(中国哲学)、「万和」を考えた石川忠久二松学舎大元学長(中国古典)だった。≫

筆者の私は野次馬根性で、安倍晋三首相の頭文字A・B・Eで始まると年賀状に書いた。ということは、英弘、万保、万和なら的中していることになる。最後は安倍総理の決断らしいが、いずれも「E」「B」にしたら痛くも無い腹を探られたに違いない。出典が「万葉集」なのは納得。閑話休題。

週刊ポスト、週刊現代はまともな記事もあるが、完全に老人シフトだ。だいいち若い人びとは、完全に情報源はスマホで週刊誌など買わない。両誌ともメインは医療事情・終活・遺産相続・保険・食べ物ガイド。グラビアはカラー・モノクロともに若い女性の裸のオンパレード。筆者がこれを購入するのは“江戸・東京の坂道”あるいは反中国・反朝鮮半島の記事があるとき。後期高齢者になれば若い女性のヌードで週刊誌は買わない。

週刊現代09月14・21日号に「忘れられた男・佐藤栄作」の巻末特集があった。華麗なる一族はある程度知っていた。昭和15年の外務大臣・松岡洋右の実の姪と結婚したのが佐藤栄作。松岡は妹の藤枝の生活の面倒みた。姪・寛子はいとこに当たる佐藤栄作と結婚、後の総理大臣。開戦直前、ヒトラーやスターリンと親しくした松岡洋右は連合国裁判のA級戦犯。昭和21年、亡くなる寸前、病室に見舞ったのが佐藤栄作夫婦だった。

兄の岸信介の娘の子が安倍晋三。良くも悪くも日本の政治家は、例えば田中角栄のような野人は例外中の例外。佐藤・岸・安倍家は子が無ければいずれかの家から養子になる。安倍総理の実弟は岸家を継いでいる。安倍家は長男が居る。佐藤家は次男・信二が衆議院議員だった。長男に子は居るに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/14  23:46

雑草と日本人  日本史
面白い本を読んだ。いわゆる雑草という植物を古今東西の事実を元に日本文化史が著わされた。殊に日本の自然・文化を育んだ“稲作農耕”での共同体では、ムラの共同作業と個別作業の生産は雑草との闘いだった。それは水田を中心にした年サイクルの日常と非日常の歴史。

雑草という草はない、と言ったのは昭和天皇だとか、そうでないとかは判らないが、筆者の私の身近にも拙宅の広くもない庭の雑草は否応なく覚えた。先ず目立つのが外来種らしいがセイタカアワダチソウ。どこにも生えるぺんぺん草・ナズナ、目立つが役に立つことのないようなハルジオン、ヒメジオン、センダングサ、ヤブガラシ、アザミ、トウダイグサ、イヌタデ、メヒシバ、オヒシバ、タケニグサ、カヤツリグサ等。垣根の下に群生するのがコニシキソウ、シロツメグサ、ツワブキ等は、見た目は可愛い。

雑草を基本にした著者の主義主張は、この本を読んで頂くとしてそれは“雑”が決して否定的な意味ではなく肯定的に捉えられていること。「雑」が豊かな自然を表しているとの由。雑草は厄介な害のある植物という概念は、明治時代の近代化によってもたらされた否定的なものだったという。雑貨・雑誌・雑学・雑煮・雑居・雑多・雑巾・雑種・雑音・雑感・雑事・雑収入・雑木林等等。雑草は、強さ・弱さを持つが、この雑草への捉え方にこそがよく日本人の気質を表していると結論づける。

昭和の高度経済が軌道に乗ったとき、イザヤ・ベンダサンの『日本人とユダヤ人』が圧倒的に支持されて、以後「日本人と〇〇」という本が圧倒的に読まれた。これが日本人が自分たちのアイデンティティを意識する契機になった。この著者は、実は山本七平氏で、南方の戦争最前線を経験した人物。後に書かれた『私の中の日本軍』『一下級将校の見た帝国陸軍』は、戦争の理想論・正義論などが空しくなる程の微細で圧倒的な描写・考察があって昭和史の名著だ。筆者の私は再三にわたって読んだ記憶がある。戦争最前線の分隊10人の司令官を経験した文化人はこの人だけだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/11  21:43

金時計  政治
やはり後期高齢者になったことを確りと自覚するのが“もの忘れ”。2階から1階に下りてきたときに「ハテ、何で」ということも無いではないが、どうと云うことのない用事を忘れるのも屡々で情けない。悲惨なのは物を忘れて、ある日気付くこと。玄関のキイは3本あったが1本を紛失してそれが記憶にない。出掛けるときはGショックというカシオのデジタル時計(高価ではない)をするが、ある日、左手首が聊か淋しく漸く紛失に気付いた。05月に免許更新で警察署での眼の検査に自信がなく2万円強を拠出、運転用の眼鏡を購入していたから新規に腕時計など買う余裕はない。

話は飛ぶが08月下旬、中国で日韓の外務大臣が会談したときに、韓国の女性の外相と握手する河野太郎外務大臣の右手の腕時計がキラリと光った。というように筆者の私にも見えた。わざと画像に残るように右手に時計を嵌めていたようにも見える。これは河野氏の罠のように思う。とにかく日本の為政者が“大嫌い”な、ツイッター人種もいる。早速これに噛みついた。

≪又々、小泉・安倍政権/鮮匪の「おぞましさ」を露呈した。21日、河野太郎が韓国の康京和外相と「握手」を交わした。河野の握手/右手?には「金時計」がこれみよがしにひけらかされていた。「恥を知れ!」お前達はどうしてこうまで「金権」をひけらかすのだ。日本民族は「慎ましさ」が矜持なのだ。≫

竹製ですが、何か!”、と河野氏はしてやったりと意気揚々。河野大臣の作戦勝ちだ。なるほどよく見れば金時計ではない(金時計でも別に構わない気もするが)。ASEAN会議でフィリピンから贈られた「竹製」だった。河野氏はアトピー性皮膚炎らしく金属製の時計のベルトはしないらしい。筆者も金属製の腕時計には、かぶれるアトピーの症状は昔からである。ともあれいくら“暇人”であろうと、河野氏のキラキラする腕時計での悪口雑言は、よその国の反日人種に勝るとも劣らない。

ネットで検索したら竹製・木製のベルトの腕時計は4000円で買える。筆者もこれをアマゾンで購入、きらきらさせようと思う次第。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/9/9  23:53

表現の自由  身辺世相
昨日は短歌会の例会(第2日曜)で久しぶりに、酸素ボンベを背負うが、出席のつもりだった。だが台風15号の直撃で午前中から湘南方面は雨模様。都内も風雨だったらしい。出席したら帰路の東海道線は正常だったのかどうか。NHKの天気予報がかつてない大型の台風だと放送の臨戦態勢だったが、こういう時は空振りが多い。だが観測史上最大級の風速だったのは正解。

昭和30年代、石原裕次郎の『風速四十米』などという娯楽映画があったが、60年後の今、現実となった。天気図に疎いが、日本の南の海流の温度が高いことが原因らしい。原子力発電が否定されつつあるとき、世界が、化石燃料の発電が主流なら地球温暖化にもなるだろう。それが異常気象の基かも。

湘南方面にさえ地震・台風が来なければいい?という長閑な一市民だから他国の政治情勢などどうでもいいが、毎日、いま盛りのワイドショーなどでありふれた正義論や理想論を垂れ流している“軽やかな文化人”が、週刊ポストの最近号の「韓国なんて要らない」という記事に噛みついた。韓国人の10人に一人は治療が必要、との感情調節に異常をきたしているとの記事だった。

ネットで調べたら火病(ひびょう)という朝鮮民族特有のオーバーなパフォーマンス?が、その症状らしい。だがこの韓国人の学者の説を、取り上げて記事にしたらこれがヘイトスピーチ、韓国の国是の“慰安婦像・徴用工”など反日の現象を日本が記事にすると、これは「表現の自由」と宣われる。朝鮮半島だろうとアメリカだろうと中国だろうと、悪口を記事にしても個人攻撃でなければ表現の自由の範囲だ。

「新潮45」がLGBТに疑問を呈する代議士の主張を記事にしたら、人権に反するというバッシングの雨あられ。新潮45は廃刊した。週刊ポストの発行元の小学館は頑張って欲しい。表現の自由は日本の誇りだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/9/6  23:44

京浜急行  身辺世相
昨日の昼前の京浜急行電鉄の踏切事故は、午後のニュースワイドがすぐ取り上げた(この速報性だけは感心するが)。民放テレビは、安価な番組制作費を強要されているからニュースワイドが花盛り。在京キー局はテレビ東京を除けば、朝から晩まで一日、取替え引き換え、同じニュース素材を垂れ流す。それも各局、朝・昼・午後・夜と忙しない。見る方も雛壇に並ぶタレント・評論家は毎日付き合う羽目になる。

NHKは公共放送だから一定の立場だけに肩を持つわけにはいかない。民放の百花繚乱の番組も問題だが、NHKはCMの無いだけニュースは丁寧。だが「京急踏切事故」の「ニュース9」はいささかお粗末だった。有馬嘉男と桑子真帆のコンビ。放送原稿はベテランの編集マンがいる筈だが事実確認が間に合わないことは“多分こうなのだろう”という予測報道のように思う。

この事故で違和感を覚えたのは、京浜急行「快速特急」は、時速120`メートルで走行するという件、この高速走行ゆえ踏切事故を「避けられなかった」という「上から目線」がある。筆者など20代では墨田区押上から三浦海岸への海水浴へ何度も行ったが、三崎口へはかなりの高速走行を覚えている。それも50年も前である。

鉄道マニアなら常識だが、京浜急行の線路の幅は広軌で1435oと記憶。JRは1067oで狭軌。京成電鉄も広軌、地下鉄都営浅草線も広軌で、成田から三浦海岸まで繋がっている。広軌(新幹線も同様)で高速だからこそ、都心へ早く出られて京急沿線、京成沿線も発展した側面がある。今回の踏切事故で一般乗客に一人も死者を出さなかった京浜急行は、そこそこに称えられてしかるべきだと思う。

事故の原因はトラック運転手にある。無事故のベテラン運転手は生涯一度だけ迷路へ入り込んでしまった。気の毒というしかない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/4  21:21

台湾万葉集  読書
何時、この本を購入したのか記憶にないが、多分古本であっただろうと思うのが『台湾万葉集』。背文字は白茶けて、表紙もだいぶ色褪せている。初版は1994年、平成06年だ。丁度この頃、筆者の私の母親は76歳で亡くなっている。この著者は弧蓬万里(こほうばんり)、本名は呉建堂(ごけんどう)(1926生)。台北高等学校で犬養孝の教育を受けた中国人で、戦後台湾の医師・作家。この刊行後の1998年、72歳で亡くなられている。

戦後国民党軍(蒋介石総統)の支配下で医師の本業のかたわら、日本統治下で学んだ詩・短歌の創作を開始、1968年「台北歌壇」を創刊した。日本の詩人・大岡信に称賛される。1996年「菊池寛賞」を受賞する。この「台湾万葉集」は、日本の詩人・大岡信の助力もあり集英社から刊行された。同年代の日本の歌人との交流も深かった。何より戦前、日本の植民地だったところである。

筆者の母方の叔父も台湾で、23歳の二等兵の身でマラリアによる戦病死。戦前、朝鮮総督府、台湾総督府があったが、昭和40年、当時の韓国の国家予算の2倍の無償・有償の援助をしてアジアの一流工業国家になったのが韓国。だが韓国はここ一年、日本へ猛烈な非難・謝罪・賠償のアメアラレ。

一方台湾の国民党・蒋介石は戦後、日本に謝罪・賠償を何も求めなかった。韓国はベトナム戦争で、ベトナム国民へ筆舌に尽くし難い暴力をしていて口を噤んでいる。この点、ベトナムは何と大人しいのだろう。台湾は日本の九州程度の国土だが、本国中国大陸より数段優れた経済国家になった。今の中国大陸の経済規模が大きいのは、国土が広大で、人間が多いからだけの話。その事実を以てしても今の朝鮮半島が民主主義国家・法治国家として日本のみを標的にした異形であることが解る。なぜ中国には逆らわないのか。

 植民地の悲しきさだめ嘆きつつ祖国復帰の夢蓬莱に 蓬莱=台湾
 荒れ狂ふ政治の波瀾にめげず聳(た)つ「台北歌壇」とふ小さき灯火は
 万葉の流れこの地に留めむと生命のかぎり短歌詠みゆかむ

「台湾万葉集」は弧蓬万里の編著。この後同人の短歌が続く。この同人の短歌は圧倒的に個人の生活詠で、今筆者の参考になる短歌ばかりだ。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ