2019/9/27  23:40

いしだあゆみ  映画TV
このブログを始めた翌年、2009年08月に「いしだあゆみ」を取り上げて拍手の書き込みを16個も頂いたことがある。毎年恒例のNHKの「思い出のメロディ」でいしだあゆみは「ブルーライトヨコハマ」を歌った。その頃のいしだは拒食症なのか、体質なのかガリガリに痩せていて口の周囲は皺だらけで、まるで骸骨に少し肉が付いているような雰囲気だった気がする。

「いしだあゆみ」は、昭和23年生まれの団塊の世代。このとき出演した三沢あけみ、園まり、ペギー葉山、「恋人よ」の五輪真弓は変わらぬ声でピアノの弾きながらの歌は見事だった気がする。

昭和57年の「男はつらいよ・あじさいの恋」の頃のいしだは30代前半、最も美しく輝いていた頃だろう。

今、テレビ朝日の帯ドラマ「やすらぎのとき」は、主演の石坂浩二(77歳)の周囲に多くのベテラン俳優が出演している。大空まゆみ、丘みつ子、水野久美、松原智恵子等等。そこにいしだあゆみが出演していた。昭和23年生だから70歳を超えている。黒縁の眼鏡をかけているが10年前の悲壮なまでの痩身は改善されていて、いしだあゆみファンの筆者はほっとしている。

当時は、携帯電話はあったがスマホは登場していなかった。今はSNS、ツイッターの全盛。いしだの動静ももっと顕著になるだろう。添付はテレビ画面、左は大空まゆみ。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ