2020/1/1  23:54

謹賀新年  身辺些事
新年おめでとうございます。

本年も世間の全体の空気、思惑に逆らった天邪鬼精神を発揮して、命の続く限りこのブログを続けます。小生の場合、いつも賀状印刷は30・31日、親戚・知人に届くのは3日頃か。いつも元日にはきちんと40数通の賀状がくる。有難いことである。昨年の賀状を見ながらの、賀状の文案を考えたらしく「あんたの新元号予想は外れた」と書いてきた人がいた。「令和」を的中した人は、ネットでは愛知県の20代の若者が一人、ツイートしたとの記事。

筆者の場合、安倍首相を揶揄してABEの「安」「文」「永」を予想した。序に言えば昭恵夫人の「AKIE」をも想像した。「ABE」の頭文字は面白半分であり、そうはならないことは予想できた。新元号は「令和」だが、当初の学者の案では「E」が含まれていた。「令和」のほかには「英弘」「久化」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」。これを覆したのが総理大臣らしい。安倍政権の嫌いなメディアは、新聞・テレビ・コメンティーターは数多いる。痛くない腹を探られるのを考慮して「英弘」は取りやめになったと推測。安・文・永は過去の元号も予想も多かった。

従って筆者の予想は、学者段階では「E」が的中だった。安倍総理大臣が国書の万葉集の出典が気に入ったものと思うのは誰もが想像できる。中国と言う国が嫌いな総理ならむべなるかなである。中国メディアはそれでも「万葉集」が中国古典に依拠しているとイチャモンを付けた。

中国の古代は偉大だが「現代中国」は、巨大な軍事力を増強する“化け物”のような国で警戒する人は多く日本の総理だけではない。政権が代る度に謝罪と慰謝料を要求する韓国は、つまらない国。真に怖いのは中国だ。民主主義の国際秩序にAIを駆使した独裁国家・中国が台頭。この国にはやはり構える必要がある。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ